9



「あ、起きたん?」

「……おはよー」



 目を開けると、綾芽の顔が一番先に入ってくる。


 いつの間にか横抱きにされて綾芽の膝の上に座っていた。



 うわ、目がショボショボする。


 痛がゆい!!



 全力で目を擦ろうと両手をグーにして目蓋の上に当てた瞬間、その手を包まれた。



「ダメですよ、それ以上こすっては。今、温かく濡れた布巾を用意してもらいますからお待ちなさい」

「あい」



 綾芽の側に座っていた巳鶴さんは、障子の向こうで鈴なりになって様子を窺っていたおじさん達に声をかけてくれた。



「あぁあぁ、可愛らしいどんぐり眼がこんなに赤くなって。しようのない保護者でしたねぇ。……お使いに行ったそうですね。偉いですよ」

「えへへ。……あっ、あやめ」



 いけない。忘れるところだった。



「るいおねぇちゃまのところ、しんさくのパンケーキがでるそうでしゅ。とーってもおいしかったから、またいっしょにいこー」

「……もう食べたん? そら楽しみやなぁ」

「あとね、きょうかったやつ、ぜんぶるいおねぇちゃまがまとめてとどけてくれるって。だから、うさちゃんリュックのなか、からっぽ」



 見て見て、ほら。


 だから買えなかったわけじゃないのよー?



 「ほら、だから言ったでしょう? この子が一番慕っているのは貴方だと」

 「……あーもう、分かりました。分かりましたわ。海斗、笑わんでや」

 「くっ、くくく……これが笑わずにいられるかってーの」



 なになに、私もお話しいれて~。


 あっ! いけない、もう一個言い忘れてた。



 「あやめ~」

 「なんや?」

 「おつきみね、るいおねぇちゃまもくるって! いっしょにおだんごつくろうって!」

 「はぁーまた薫が荒れるんやなぁ」



 薫くん、瑠衣さんに対して、ツンデレのツンのところばっかりしか見せないもんねぇ。


 たまにはデレてるところも見てみたい、と思うけど、そう思って行動に起こしたらいけません。


 だってその後の食生活がかかってるもの。


 これぞまさしく胃袋を掴まれた状態。違う?



 「みんないっしょだとたのしいねぇ」

 「はいはい」



 綾芽は自分の膝の上で仰向けになっている私のぽんぽこまぁるいお腹をポンポンと叩き始めた。



 むぅ。


 また寝かしつけに入ってます?


 もう眠くないよ! もうお昼寝十分!



 そこへおじさんが温かい濡れタオルを持ってきてくれて、綾芽に手渡した。



 「ほら、黙ってジッとしとき? お利口さんなんやからできるやろ?」

 「あい」



 きーもちーぃ。


 あ、これヤバいやつ。


 また寝、そ、う……負けた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます