第8話「孤島の統矢と、統矢様と」

 摺木統矢スルギトウヤは、夢を見ていた。

 それは、夢が常にそうであるように、とりとめもない状況だ。理由も意味もなく、統矢はきりの中を歩く。もやがかかった風景は、明るいようで暗く、肌寒ようで蒸し暑い。

 そして、歩く先がぼんやりと光っていた。

 そして、光の中で見知った顔が振り返る。


『お前は……れんふぁ。更紗サラサれんふぁ』


 微笑む更紗れんふぁは、裸だった。

 スレンダーな細身のからだが、惜しげもなく晒される。

 逆光の中で、そのシルエットに統矢は目を細めた。


『統矢さん』

『れんふぁ、お前……なにしてんだよ、なんか着ろよ』

『ふふ、統矢さんだって……裸じゃないですかあ』


 言われて気付いたが、統矢も全裸だ。

 それで慌てて内股気味に前を隠したが、れんふぁは笑っている。

 そして、優しげな笑みで近付いてくる。


『ちょ、ちょっと待て! れんふぁ!』

『……わたし、大好きです。この世界で、初めて親しくしてくれた人』

『いや、俺はそんな……お前、似てるからさ……その』

『愛し合いたい、です。記憶が戻ったわたしも、今までみたいに……仲良くしてくれますか? わたしの抱える真実が、過酷な未来でも』


 れんふぁはもう、統矢の眼前に迫っていた。

 思わず生唾を飲み下して、ゴクリと統矢は喉を鳴らす。

 だが、れんふぁは統矢の横を通り過ぎた。

 振り向けば、そこにもう一人の少女が両手を広げている。

 長く伸びた黒い髪の、痩身ながらも豊満で肉付きのいい女の子だ。


五百雀イオジャク千雪チユキ……』


 そこには、れんふぁを抱きとめる五百雀千雪の姿があった。

 彼女は豊かな胸の上でれんふぁを抱き締め、統矢を濡れた視線で見詰めてくる。

 怜悧れいりな無表情は、冷たい美貌で統矢の目を奪った。

 裸体と裸体とが肌を重ねていた。

 酷く幻想的な光景に、現実感がどんどん夢を飾ってゆく。


『千雪さん、大好き……わたしの、こっちでの初めての友達。ううん……友達以上の人』

『れんふぁさん、私も好きですよ? さあ、愛し合いましょう』

『でも、統矢さんが見てます』

『大丈夫です、統矢君も一緒ですから。三人で、ほら』


 千雪が、れんふぁが、手を伸べてくる。

 互いの細い腰を抱き寄せながら、もう片方の手を統矢へと差し伸べていた。

 なんだか頭がぼーっとして、統矢は吸い寄せられるように歩く。

 千雪は、多分統矢のことが好きだ。

 それに気付けたのは、つい最近だ。

 そして、同時に……自分も千雪が好きなんだと気付かされた。

 その時にはもう、れんふぁはりんなの生き写しではなくなっていた。思い出の少女が心の底で永遠になった今、れんふぁはいつも統矢を支えて見守ってくれる。千雪と一緒に、寄り添いながられんふぁは統矢の力になってくれているのだ。

 だが、一歩、また一歩と二人に近付く統矢の腕を、背後から誰かが抱き留めた。


『駄目だ、統矢! キミはそっちに行ってはいけない』

『お前は……レイル・スルール』

『地球を守るために、キミのような人間が……DUSTERダスター能力者が必要なんだ。そう、ボクと同じDUSTERの力に覚醒した人間が』

『お前も……DUSTER能力者? いや、待てよ。お前は――』

『ボクは、ボクたちは……キミのような人間のために来たんだ。そして、地球のために戦っている。地球を守らなきゃいけないんだ……恐るべき侵略者の魔の手から』

『それは、そう、だけどさ……ええと、パラレイドは……ああ、パラレイドは俺が殲滅せんめつする。全て残らず駆逐くちく剿滅そうめつする! ……だから、お前も』


 どうしてだろうか? レイル・スルールは物悲しい顔で中性的な美貌をかげらせている。三人の美少女に囲まれ、統矢は夢の世界が薄れてゆくのを感じた。

 意識が徐々に現実の世界に覚醒する中で、統矢は問い続ける。

 だが、夢の中の三人は誰も、なにも答えてはくれなかった。

 そして、目覚め……ゆっくりと瞼を開くと、目の前には煙をあげて燃え尽きた焚き火の跡があった。そして、外では小鳥がさえずり朝日が差し込んでいる。

 どうやら夜を越して、天気は回復したようだった。


「ん……寝ちまったのか、って……ほああああっ!? え、あ、おおう……レイル、大尉、殿」


 洞窟の壁にもたれて眠っていた統矢の、剥き出しの胸に頬を寄せて眠る少女。それは、穏やかな寝息を響かせるレイルだった。

 彼女は時々言葉にならない寝言をムニャムニャと呟いている。

 その、酷く細い肢体したいがぴったりと統矢に密着していた。

 だから、あんな夢を見たのだろうか?

 慌てて統矢は自分を見下ろし、唯一身につけてる下着の中の健全な反応に溜息を零す。ちょっと大人しくして欲しいが、見た夢の生々しさを現実のレイルが上回っている。夢を上書きするようななまめかしさで、レイルは穏やかな眠りを享受きょうじゅしていた。


「いや、これはやばい……千雪、すまん。れんふぁ、千雪をなだめてくれよ……下手をすれば、俺は千雪に殴り殺される」

「ん……ふふ、そんな……いえ、ボクは」

「おい、レイル、大尉……? 寝言、なのか?」

「光栄、です……ボクは、これからも……統矢、様。ボクの命、は……統矢様に……んっ、ふあ、あ? ボクは」

「あ、えと、あの、おはようございます? レイル大尉」

「ん、んっ……ふう。おはよう、統矢様……ううん、統矢」


 なんだ? なにがどうなっっているんだ?

 突然、寝言でレイルは自分の名を呼んだ。

 親しみと尊敬を込めて、と呼んだのだ。

 なにがなんだかわからなくて、統矢は途方にくれる。だが、しっかりと統矢に抱きついたレイルは、まだ半分夢現ゆめうつつなのか、ぼんやり統矢を見上げて微笑んだ。

 そして、再び統矢の胸にもたれて眠ろうとする。

 慌てて統矢は、華奢きゃしゃな肩に手を回して軽く揺すった。


「おい! 二度寝するな、ちょっと起きてくれ! ……その、俺も男で、お前は女で、やっぱ……まずいんだよ、こういうの」

「ふぇ? ああ、ボクは別に……」

「よくない!」

「よく、ない? そう……いけないんだ。いけないこと、するんだ……」

「しない! ほら、起きろって!」


 二度三度と揺さぶると、ようやくレイルは眠そうな目を指で擦る。

 そうして何度か瞬きして、統矢をぼんやり見上げるや……瞬時にボッ! と真っ赤になった。耳まで赤くなって、彼女は二人が温め合う毛布の中から飛び出す。

 全く無駄な肉のない痩身そうしんが、上下の下着だけで飛び退き離れた。


「とっ、とと、統矢! どうして! ボッ、ボボ、ボクになにをしたっ!」

「なにもしてない! あと、隠せ! そんな格好で俺の前に立つな!」

「あ……ふええっ! み、見るなぁ!」


 慌ててレイルは背を向けると、両手で己を隠すように抱きしめる。そうして肩越しに振り向く彼女は、少し涙目になっていた。

 だが、そこに嫌悪感は見て取れない。

 ただ、恥辱ちじょくに震えながら目元を険しくして、統矢を見詰めてくるだけだった。


「……西2098、そうだな。統矢、キミは16歳だ」

「あ、ああ。そうだけど……お前なあ、統矢様ってのやめろよな。気持ち悪いからさ」

「なっ、なぜそれを!」

「寝言で言ってたぞ? 俺、そんな偉い人間じゃねえよ」

「……統矢様は地球のために、日夜戦ってる。とても立派な方だ」

「本人を前に言うかあ? やめろって、尻がむずがゆくなる。それに、ほら……お前だってそれは一緒だろう。このご時世、偵察機のパイロットなんて命懸けだぜ?」


 レイルは黙って考え込むように視線を外し、再度統矢をにらんだ。

 訳がわからない……理解がおよばない。

 だが、心当たりはある。

 やはり統矢は、外国のパイロットたちにも有名なエース……なのかもしれない。すでに日本で、セラフ級パラレイドを二機も撃墜している。先日のメタトロンで三機目、アイオーン級やアカモート級などのスコアは数え切れない。

 だからって、統矢様は願い下げだが。


「……統矢。ボクは今年で18歳になる。階級も歳もボクが上だ。だから……統矢って呼ぶ。統矢様は、その、ええと……忘れて、ください、ハイ……」

「わーったよ、それで? 大尉殿、とりあえずその貧相な躰を隠してくれ。ほらよ」

「キミ、失敬だな! ……ボクだって、もっとこう、もう少し……胸とか、欲しいけど」

「はいはい、わかったわかった」


 統矢が立ち上がって毛布を投げると、それをレイルはすっぽり被って首から下を隠す。

 統矢の青い劣情で集まった血液は、再び体内を循環するために解散してくれた。それでなんとか、統矢はパンツ一丁の姿を見苦しくない程度にすることができた。

 レイルは外を見て晴天を確認し、フムと唸る。


「とりあえず統矢、今日は忙しくなる。あと、ボクのことはレイルでいい。……ちょっと、呼んでみて。サン、ハイ」

「……レイル」

「よろしい。じゃあ、まずは飲水の確保だ。真水を探そう。なければ作らなきゃいけないし。それと、今夜のまきと食料を確保、サバイバルだよ」

「サバイバルキットの中に一週間分の食料と飲水が」

「未開封のまま温存して。なにがあるかわからないから。それに手を付けるのは、本当の非常時だけ。今はで、あるものを使って生き延びよう」

「島? やっぱ島なのか、ここ。……ああ、お前は偵察機に乗ってきたんだもんな。上から見りゃわかるか、それは」

「ま、まあ、そういう、感じ……」


 少しバツが悪そうに、レイルはうつむきゴニョニョと喋る。

 だが、統矢も危機感を新たにして行動を開始した。乾いた服を着ながら、当面の事態に供えるために考えをまとめる。

 ここはどうやら島で、もしかしたら無人島かもしれない。

 レイルが言ったように、保存の効く水や食料は節約するべきだ。

 そして、改めて島を調べなければいけない。

 救助の見込みがあるのか、本当に無人島なのか……そして、ここには自分の愛機である97式【氷蓮ひょうれん】セカンド・リペアと一緒に、セラフ級パラレイドがちている。メタトロンの破壊された下半身を既に確認済みだ。


「よし、とりあえず行動開始だな!」

「ああ。それと……うん、そうだな。ボクと統矢、二人しかいまのところいないんだし。考えてみたら、いちいち面倒な上に馬鹿馬鹿しい」

「お、おいっ! レイル!」


 レイルは毛布を脱ぎ捨てると、素っ気ないグレーの下着姿で歩き出す。彼女は朝日の中で大きく伸びをして、振り返ると笑った。


「一緒に寝たし、二人しかいない。それに、統矢ならいいよ。ボク、統矢のことはずっと好きだから。今のキミでもそれは一緒。……そう、一緒に地球を守る仲だからさ」

「俺は、困る。そんな格好でウロウロされると」

「さて、じゃあ飲水のみみずからかな? 明るいうちにやれることをやってしまおう」

「こら、無視するなよ! あと、なあ! 肌をむき出しにして自然の中をうろつくなんて、危ないんだからな! ちょっと待てよ、おいレイル!」

「ちょっとした休暇だと思うことにする。ずっと戦いばかりだったから。ねっ、統矢」


 悔しいが、無邪気に笑うレイルは、綺麗だ。かわいい。だから困る……二次性徴にじせいちょうに見放されたような、やせっぽっちの平坦な肢体も、ボーイッシュな印象を内包して、なんだかちょっといやらしい。

 努めて考えないようにして、統矢はレイルのあとに続いて外に出るのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます