第7話「千雪とれんふぁに言えぬ夜」

 降り出しや雨は、すぐに激しく地面を叩き始める。

 どこの国の人間ともわからぬパイロットを抱いたまま、摺木統矢スルギトウヤは森の中へと駆け込んだ。

 行くあてもなく走る中で、呼吸が白くけむり出す。

 もともと日差しがなくて気温が低い中、雨で急激に冷え出したようだ。


「クソッ、どこかに雨風あめかぜをしのげる場所は……ええい!」


 歯噛はがみしながらも統矢は走る。

 今は頭よりも身体を使う時間だ。

 97式【氷蓮ひょうれん】セカンド・リペアのコクピットに戻るのも考えたが、二人では余りにも狭い。それに、こごえた身体を乾かし温めるためには、火が必要だ。常温Gx炉じょうおんジンキ・リアクターが沈黙した【氷蓮】では、暖を取ることすら叶わない。

 ただ、統矢は闇雲に走っている訳ではなかった。

 浜辺から振り返って、森の向こうに山が見えた。

 そっちへ行けば、今の統矢が欲している場所がある気がした。

 だが……全力で疾走する統矢の視界が、異様な光景で突然開かれる。


「うっ、こ、これは!」


 そこには、大量の土砂がえぐられたわだちがあった。

 膨大な熱量が通過した跡らしく、地面が硝子ガラスと化してキラキラ光っている。

 その先に……巨大な白い両脚が投げ出されていた。

 それは、恐るべきセラフ級パラレイド……メタトロン。

 メタトロンの腰から下、下半身が墜落していた。それで統矢は、呆気あっけにとられつつも安堵する。自分はどうやら、無我夢中で落ちる中、メタトロンを撃破したらしい。もしかしたらこれが、御堂刹那特務三佐ミドウセツナとくむさんさが言ってたDUSTERダスター能力の賜物たまものかもしれない。

 統矢が覚醒かくせいさせた力……それを人はDUSTER能力と呼んだ。

 命の危機で芽吹く、突出した集中力と判断力。

 研ぎ澄まされた精神力がもたらす、無限の長さに拡張された一瞬。

 自分でもよくわからないが、異能の力を得た統矢は、初めてそのことに感謝した。


「とりあえず、心配事は一つ減ったか。けど」


 今はゆっくり調べている時間はない。

 下半身だけでも10m前後はありそうな、それは両脚を投げ出し地面に横たわっていた。動く気配もないが、まだ熱いのか雨粒に水蒸気を巻き上げている。

 後程調査するとして、再び統矢は走り出した。

 軽いとは言っても、人一人を抱えての移動だ。

 すぐに両腕がパンパンになって、両脚が痺れてくる。

 だが、幸運の女神は統矢に微笑ほほえんだ。

 そのイメージが脳裏に芽吹いた時、何故か女神は二人の少女の顔をしていた。


「なんで千雪とれんふぁなんだよ! って、そんなことより!」


 山肌が露出した傾斜が、徐々に周囲に断崖を屹立させ始める。

 その岩肌に、統矢がもしやと思ったものがあった。

 それは、暗い闇をたたええた洞窟だ。

 すぐさま飛び込み、まずは抱えた少年を下ろす。

 そして、サバイバルキットからライトを出して奥を照らした。どうやら危険な動物はいないらしい。まずは一息ついて、統矢は溜息をこぼす。

 これでしばらく、雨に打たれる心配はない。

 あとは、火を起こして暖を取るだけだ。

 統矢は急いで再び、一人で外へと飛び出す。

 手には、サバイバルキットに入っていた大きなナイフがあった。なたのように大振りなもので、人間や動物の殺傷は勿論、枝を払ったり肉を解体することもできる。一応授業でサバイバル訓練を受けて入るが、実際に使うのは統矢も初めてだ。

 普段は人型兵器パンツァー・モータロイドという、を自在に操っている。

 それでも、鋭利な刃物というは生々しくて、不思議と冷たく重い。


「このままお互い体温が下がれば……ええい、今は考えるな!」


 森に分け入り、片っ端から目線の高さの枝を払う。

 すぐに汗が吹き出し、それが冷えて体温を奪った。

 その中で統矢は、なるべくなにも考えないようにして身体を動かす。これもまた命の危機、死に至るゆるやかな時間だ。懸命に生き残ろうとしても、手にしたまきが燃えなければ低体温症になってしまう。そして、その先に待つのは死だ。

 こんな時、自分に宿った特殊な力はなにも助けてくれない。

 戦いの中でしか、危機を危機とも思わぬ力に統矢は苦笑を零した。

 やがて、両腕の小脇にそれぞれ抱える程度に薪を調達する。それを持って洞窟に戻り、急いでの準備をした。これも授業で習ったうろ覚えだが、四の五の言ってはいられない。

 ふと、北海道での幼少期を統矢は思い出した。

 家族ぐるみで付き合いがあった、摺木家と更紗サラサ家。

 統矢もよく、りんなと一緒に家族でキャンプに連れて行ってもらった。洞爺湖畔とうやこはんで見た星空に、大きな月が浮かんでいたのを覚えている。懐かしい思い出の中を振り返って、その全てが過去で、自分以外誰も生きてはいないことが寂しかった。


「っと、そんなことより! 燃えてくれよ……俺はまだ死ねないんだ。誰だって、死んでいい筈がないに決まってる」


 サバイバルキットには、固形燃料の携帯コンロと、軽作業もできる小さなバーナー。そして、マッチが五箱。他にも色々とコンパクトに入っているが、まずはマッチを取り出してる。

 少しぐずって煙が出たが、なんとか薪は燃え出してくれた。

 揺れる炎の色を眺めて、ほっと胸をなでおろす統矢。

 そして、すぐに助け出したパイロットを焚き火の側へと運ぶ。

 びっしょりと濡れたパイロットスーツは、酷く細い身体のラインを浮かび上がらせていた。統矢にはあまり馴染みがないが、音速で飛ぶ偵察機のパイロットのスーツだ。耐圧性能やブラックアウト対策がされているだろうが、今は冷たさを閉じ込めて濡れてるだけである。

 なんとか四苦八苦し、統矢はそれを脱がしにかかった。


「っと、妙なシャツを……着て、やが……るぅ!? 違う、シャツじゃなくてこれ――」


 あらわになる白い肌。

 真っ平らな胸を覆うインナーの布地は、胸の周囲だけを隠している。

 それはシャツではなくて、スポーツタイプのブラジャーだった。

 それに気付いた時にはもう、統矢はパイロットスーツを下半身までずり下ろした後だった。下もブラジャーと同じ色のパンツを身に着けており、おおよそ色気もなにもあったものではない。だが、軍の支給品らしきグレーの下着は、確かに女性ようだった。

 少年だと思っていたパイロットは、少女だったのだ。

 思わず固まる統矢は、冷えた頬が急激に熱くなってゆくのを感じる。

 とりあえず、直視を避けようとしたが、意識すればするほどに触れる手が震える。ようやくヘッドセットも取ってやり、下着姿で抱き上げた、その時。


「ん……っ、あ……?」

「きっ、気がついたか!」

「キミ、は……?」

「よかった……と、とにかくっ! ええと、その、やましい気持ちはなかったんだ! 男だと思って!」

「え……ッ!?」


 瞬間、絹を裂くような少女の悲鳴がほとばしった。

 同時に、統矢の頬に小さな拳が叩き込まれる。

 吹き飛んだ統矢は、殴られた頬を抑えつつ身を起こした。

 下着姿の少女は、焚き火の向こう側で身構えていた。

 その顔は耳まで真っ赤だ。


「ま、待てって……落ち着けよ。ほら、これ!」


 統矢はサバイバルキットのリュックを手繰り寄せ、中から毛布を取り出す。絶対元素Gxぜったいげんそジンキの軍事技術の副産物、特殊繊維とくしゅせんいで作られた毛布だ。保温性に優れ、速乾性を持つサバイバルの必需品である。

 密閉されたビニールを開封すると、たちまち空気に触れた毛布は大きくなった。酸素と反応して十倍に広がる、特殊生地だった。

 それを統矢は広げてみせて、丸めてから放ってやる。

 少女はおずおずとそれを受け取り、すっぽりと身体を覆った。


「キ、キミは……」

「俺か? えっと、摺木統矢……階級は三尉、日本皇国海軍にほんこうこくかいぐんPMRパメラパイロットだ」


 その時、少女は目を見開いた。

 驚きのあまり、なだらかな肩から毛布がずり落ちる。再び半裸の姿が顕になり、思わず統矢は両手で目を覆う。だが、指と指の間から見た少女は、驚愕に固まっていた。


「キミが、摺木……統矢。もしかして……いや、そんな! でも……そう、なのか?」

「あ、ああ。……俺って、そんなに有名人かあ?」


 だが、心当たりがある。

 極東の島国日本皇国で、セラフ級パラレイドを二体も撃破しているのだ。

 先程メタトロンの撃破を確認したから、スコアを伸ばして三体。それは、パラレイドの侵攻で負け続け、滅亡を先延ばしにするしかできない人類同盟軍の中では、異常な戦果とさえ言える。

 そういえば、あの【樹雷皇ジュライオウ】を一介の幼年兵ようねんへいが任されたことだって妙だった。

 統矢には赫奕かくやくたる戦果があり、DUSTER能力と呼ばれる超常の力まである。

 そのことで全てが説明付けられれば、少女の驚きも納得できた。


「で……俺は名乗ったぜ? お前は? どこの国のパイロットだよ」

「あ、えっと……その、ゴメン。失礼、だよな」

「ちょっとな。でも、俺もお前をひん剥いちまったんだ。お互い様、おあいこだろ」

「そう、だな。ふふ……ちょっと恥ずかしいけど。ボクはレイル。レイル・スルース大尉だ。会えて光栄だよ、えと……統矢、って呼んでいい? あ、あれ? 統矢?」


 毛布を拾って再びくるまり、レイルと名乗った少女は微笑む。

 中性的な顔立ちは凛々りりしくすずやかで、短すぎる髪は軍隊生活を無言でしめしていた。

 だが……その名前に付属する階級に、統矢は言葉を失った。


「え……大尉? 大尉って、あの大尉? 大尉殿? お前が?」

「他にどんな大尉が……あっ。キ、キミッ! 破廉恥はれんちだな、キミは! だなんて考えたな? そうなんだな! 男の子っていうのはこれだから!」

「いや、別に……ただ、びっくりして」

「そ、そう? ……な、なら、今のナシ……ナシにして、忘れて。……恥ずかしいから」

「なんだよ、大尉って他になにがあるんだ?」

「ないよ! ないってば!」


 顔を赤らめ、レイルは目を逸らした。

 それでも少し笑って肩をすくめるので、統矢もようやく緊張を忘れ始める。

 すると、寒さが思い出されて急に凍えた。

 大きなくしゃみをすれば、自然と己の肘を抱いて震える。

 レイルはそれを見て、心配そうに統矢の側に回り込んできた。


「変な服だね、統矢。濡れてるよ? このままじゃ、風邪を引いてしまう」

「あ、ああ。だ、大丈夫だ。少し火に当たって乾かせば……ップシ!」

「また、くしゃみ。……えっと、三尉っていうのは……日本で言う、少尉だな」

「そうだけど?」

「つまり、ボクが現状の最上位の階級ってことになる。……統矢、脱いで」

「はぁ? いや、いいって。毛布も一枚しかないし」

「いいから! キミ、風邪を引くぞ? これは命令、復唱は?」

「……了解、その、まあ……脱ぎ、ます」

「よろしい」


 おずおずと統矢は、上着とズボンを、次いでワイシャツを脱ぐ。

 それをじっとレイルは見詰めてくるので、なんだか凄く恥ずかしい。特別きたえてる訳でもないので、統矢の肉体は過不足のない普通の少年のものだ。自分の裸を見下ろし、改めてレイルの裸体を思い出す。

 確かに彼女は、あの細い柳腰や浮き出た肋骨ろっこつなど、女性特有の痩せ方だった。

 そのレイルだが、羽織る毛布で統矢を包み、抱きしめてきた。


「お、おいっ! レイル! ……大尉、殿。あの」

「緊急の措置だからな。ほら、もっとひっついて。くっついて!」

「お、おおう……な、なんだもう、おい……まずいよ」

「なんで? 火は確保できてるし、キミがあれこれ道具を持ってたのは幸いだったさ。そ、そりゃ、ボクは……あわてて出てきたから、その……サバイバルキットを、コクピットに」


 二人はそれっきり黙って、どちらからともなく座る。

 炎が燃えて揺れる前では、寒さは感じない。毛布の中で合わせた肌と肌は、徐々に凍える寒さを追い払っていった。

 だが、統矢は柔らかさと瑞々みずみずしさに密着して、気が気ではない。

 そして、先程は幸運の女神として現れた二人の少女が、酷く冷たい視線で想像上の統矢を切り刻む。そんなことをつい考えてしまい、慌てて統矢は頭を強く左右に振った。

 レイルは何故か、そんな統矢の横顔を見詰めて「……」と呟く。

 なんのことだかさっぱりだったが、統矢は一箇所に集まり始める血潮の熱さに、黙ってうつむくだけだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます