42「ラブいの③ 真央の品評会」

「オレ、いくらなんでも、ここまでオクテじゃねーんだが……」

 開口一番、部長がそう言った。

「べ、ベッドシーンぐらい……、お、オレにだってわかるし……」

「それではどういう意味なのかお聞かせ願えますか。もしかして間違って覚えていらっしゃるかもしれませんので」

「シイ! こいつがオレに牙をむいてくる!」

「ははは。キョロ君には素質があると思うよ」

「なんの素質だよ! ぜったいダメな素質だろ!」

「それはそうと。ラブかどうかの判定なのだけど。どうだろうね?」

「うー……、むー……。これは。まあ……。なかなか……。ラブいな」

「読みましたー。ラブいでーす。京夜君がお姉ちゃんとラブラブでーす」

 部長のつぎに読み終えた恵ちゃんが親指を立てて、グー、と突き出してくる。ノートは次に綺羅々さんの手に回った。

「しっかし……。殿方ってのーは、直接的すぎるよな。ラブいっていえば、身体接触かよ。指一本触れなくたって、もっとこう、ラブくできるだろ」

「部長が言ったんじゃないですか。エロいの書けって」

「あー! おまえ! わかってない! おまえはまったくわかってないなっ!」

「だいたい、エロいの苦手なのに、なんでそういうコト、口にするんですか」

「だからエロとラブとを混同すんなや! ……あとオレ、エロいのはたしかに苦手だが、ラブいのはけっこー好きだぞ?」

「ああもうほら部長。今日はけっこう〝オレ〟が炸裂しているんですけど」

「わ――わたし! ほら! これでいいだろ! てゆうかこっちのわたしは、オレを直せとか言ってねえ!」

「うん。いまのはラブかったね」

「ラブかったですー」

「ん。」

「らぶらぶデス」

 皆がうなずく。

 なに? なにがどうしたの?

「ふむ。確かに。指一本触れなくとも、ラブは可能なわけだね」

「だからちげーって! 現実のラブ判定しろなんて言ってねえ! GJ部のほうの話だ!」

「え? なんでいまのがラブくなるんですか?」

 どうも僕と部長のさっきのやりとりのなかに、皆は〝ラブさ〟なるものを読み取ったらしい。

「わかんねーなら! わかんなくていい!」

「え? え? え? なんですか? 本当にマジでラブ成分とかあるんですか? どこですか? たとえばどのへんがラブいんですか?」

「蒸し返すなっての! せっかく埋めたのに!」

「部長。耳たぶが赤いんですけど」

 僕はそう言った。部長は耳たぶを赤くしている。

 作中のほうはともかくとして、僕らのあいだにはなんにもないはずなんだけど。

 だいたい、ラブいとかいうのも、僕にはよくわかっていない。GJ部の話で、主人公の京夜がモテモテだという説が出ているものの、それは読んだ読者の部長たちの感想であって、作者の僕としては、ただ小突き回されているだけのように思えるのだが……。

「バ――バカモノッ! これは血圧が上がっているだけだッ!」

「そんな怒鳴りまくるからですよ。だから皆に誤解されるんですよ」

「おま――よく平然としていられるな」

「平然としていられない理由に心当たりがないんで、そりゃ平然としていますよ」

「そ、そうか……。ないのか……」

 部長はそう言った。残念とも受け取れるニュアンス。ほら、そーゆーカオとかするから、皆が誤解しちゃうんでしょう。

「よんだ。よ。」

 綺羅々さんがそう言った。

 その手から、つぎの紫音さんの手にノートが渡る。紫音さんは皆よりもだいぶ早く読み終えた。GJ部のほうの紫音さんみたいに四秒フラットとはいかないまでも、こちらの紫音さんもかなり読書速度が速い。

 手をぱたぱたとやっているタマにノートを渡すと、紫音さんは口を開いた。

「ふむ。確かにこれはラブかったね。しかし今回は、誰とのコミュニケーションが最もラブいかという判定だからね。全員の分を見てみないと、なんとも言い難いね」

「そうだ! つぎはおまえらが地獄を見る番だ!」

「さて次は私の番になるわけだけど。GJ部のローテーション的には私の番となるわけだが……。みんな、お先に失礼して良いかな?」

 紫音さんの言葉に、皆がうなずく。

 僕は皆に言われたままに書くだけだ。

 紫音さん……。紫音さん……。ポンコツ生物、紫音さんのー。ラブい話ー……。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 あとがき

 連作の途中ですが、次回、ちょっと別な話を挟むかもです。

 最後まで揃ったら、あとで話順は修正します。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます