王女と勇者の行く末

 このところ、相棒が少しおかしい。妙にそわそわしているかと思えば、何考えてんだかわかんない顔をしてぼーっとしている。

 何時からこうなったのか? 思い当たる節は先週届いた相棒あての手紙しかなかった。あいつはすぐに手紙をしまい込んだけど、一瞬見えた封筒には相棒の母国の紋章が刻まれていた。

 ひとまず問い質す。危険な任務ならばあたしにだって力になれる。と言うかおいて行こうとするなら思い切りひっかく。

 そして意を決して相棒に問いかける。

「なあ。あたしに何か隠してないかい?」

「ん? いや、特に何も?」

 嘘だ。ごくわずか目が泳いだ。だからあたしは畳みかけることにした。

「へえ? じゃあさ、一つ聞いていいかい?」

「なんだ?」

「この前、お国から手紙が来ただろう。それと関係していないのかい?」

 相棒は深いため息を吐いた。やれやれとばかりに頭を振る。

「任務とかじゃない。弟からの手紙だ」

「内容を聞いても?」

「弟の結婚が決まったらしい」

「それはめでたいじゃないか!」

「そう……だな」

「なんだい、浮かない顔をして?」

「……他人事だと思って」

「おい、あたしはね。あんたをもう他人だなんて思ってないよ!」

 珍しく相棒が黙り込んだ……ってこれ愛の告白っぽくないかい?

 自覚すると頬が熱くなる。なんだい、強敵を相手にしても落ち着いてる胸が波打つとか。

 小娘じゃあるまいし……と相棒の方を見る。すごく真剣な表情をしていた。

胸がとくんと再び波打つ。けど嫌じゃない。頬がほてってる感触も悪いもんじゃなかった。

ふと相棒が立ち上がり、戸棚から小箱を持ち出す。ってまさか?

「いいだろうか?」

「ななななななんだい?」

 みっともなく声が上ずる。だめだ、顔が熱い。心臓の音が耳元でなっているようだった。


「はるか遠い地では、冒険者同士の絆を形にする儀式があるそうだ。永遠の環という」

「永遠の環、かい?」

「そう。それで……だな」

 無表情のこいつの表情を読み取るのはあたし以上の奴はいないと自負している。そして気づいてしまった。耳が真っ赤である。と言うことは……?


「お前に問う。我が生涯を共に歩んでくれるか?」

「応える。あんたの背中を生涯守り抜くと!」

「うむむ。ここはもう少し……だな、なんというか……」

「やかましい! 朴念仁が人間の姿してるあんたに言われたくない!」

 その答えに相棒は珍しく微笑む。そしてあたしの手を取った。すっと引き寄せられる。ぽすんと相棒、いや、旦那か? の胸元に顔が収まる。なんだい、胸がバクバク言ってるんじゃないか。だらしないねえ。

「お互い様だ」

「あれ? 口に出してた?」

「見ればわかる」

「なっ!?」

「お互い様……だな」

 あたしの左手を掴む。まるで壊れ物を扱うようにやさしく。指に伝わるひんやりとした感触。ミスリルの指輪が薬指にはまっていた。こいつそのものを現すようなシンプル極まりないデザイン。ああ、こいつらしい。そう思うと胸の中に暖かい気持ちが広がる。だからその熱を伝えようと、相棒の首にしがみついて顔を近づけた。


 その時唐突にガタンと入り口付近から音がする。セリカは手に持っていた読みかけ文庫本を取り落とした。

「王女様?」

「ノブカズ様!? いや、これは、その!?」

「騎士と盗賊? ああ、流行りの恋愛小説ですね」

「う、そうなんです」

「憧れますか」

「は、はい。とても」

「うん、貴女ならいつかそういう方が現れますよ」

 この時ノブカズは気づかなかった。王女が今の言葉を、私が貴女を守る騎士になりますと変換されたことに。そしてもう一つ、王家には先代勇者の血が入っている。彼女はまれによくある先祖返りであった。勇者の力を秘めているのである。姫だけに。

 その数日後、半ば追放されるかのようにノブカズは王都を発った。その後ろを熟練のスカウトが裸足で逃げ出すかのような手並みで追跡する彼女の姿があったのである。

 さて、ノブカズ自身も勇者として召喚され、相応の力と才を持っていた。レベル上限はまだ見えず、75を数えている。だが、ついにその力を上回る魔物と遭遇する。これまでかと観念しかけたとき……魔物の背後から現れてその不意を突き、両手に持った短剣を一呼吸で5回振るう。その舞うかのような動きに目を奪われた。そして一撃で魔物を葬り去ると、すさまじい速度で走り去ったのだった。

 その後、魔物の領域の奥地で王国から付けられた兵とはぐれてしまう。後で調べたところ、意図的に置き去りにされたらしい。道に迷いながら、なぜか道しるべがあったり、いろいろとさまよううちにラグランの地にたどり着いた。


「って感じですね。と言うかあれです。セリカ王女、多分僕より強いです」

「100オーバーしてるなあ。たぶんだけども」

「僕が今82ですからねえ」

「で、結局どうするの? 王女様と結婚するの?」

「いやあ、嫁さんの方が強いとかちょっと……」

「というか、本来の動きに戻せばいいじゃない。なんであんな騎士様みたいな戦い方してるの?」

「って、店長、知ってたんですか?」

「んー。鑑定スキル?」

「お、おう」

「いっぺん王女様とガチでやりあってみたら?」

「そう……ですね」


 さて前半は彼の身の上話で、さらに王女様の読んでた妄想が垂れ流しであることは気にしてはいけない。

 ノブカズ君の苗字は藤林。伊賀忍軍の末裔らしい。で、もともとパワーで叩き伏せるよりは、スピードと手数で勝負するスタイルである。とりあえず、在庫で小太刀と苦無の類があったのでノブカズ君に見せる。

「どんだけ……?!」


 さて、訓練場でセリカ王女と向かい合っている。模擬戦を観戦するのは俺とバルドとカエデちゃんだけ。いつぞやみたいに掛札の販売や観客も禁止した。

 勝負は非常にあっさりとついた。王女のスキルで気配を遮断し、フェイントを交えてその姿を消す。少なくとも対戦相手の視界からは一瞬で消えて見せる。

 そしてノブカズ君の背後に現れ、短剣を振るう……彼の姿が揺らいで消えた。そしてそのすぐ真横に現れた彼は苦無を王女の首筋に突き付けている。

 理論はよくわからないけども、なんか、因果律を操る技とか、当たったという事実を捻じ曲げ、自分の位置を捻じ曲げてどうたらとか言う技らしい。空蝉の術という。

 そういえば、勝ったら負けた方が一ついうことを聞くという約束をしていた。王女はその場に泣き崩れている。たぶん王国に戻れとか言われるともっているんだろう。


「さて、僕の勝ち、ですね」

「はい……びえええええええええええええええん!」

「え?! なんで?!」

「わかりました(ぐすぐす)おとなしく国に戻ります(ぐしゅぐしゅ)」

「え?」

「違うんですか? 私が付きまとってご迷惑しているのではと?」

「いや、えっとですね。僕の願いは……こそこそしないでください」

「ほえ?」

「堂々と僕の隣にいてください」

「いいんですか?」

「だって、僕の背中を守ってくれたじゃないですか」

「あ……」

「近くにいてくれないと、僕も貴女を守れません。だからです」

「う、ううう、うわああああああああああああああああん」

「うん、だから、もう泣かないで」

 そのまま抱き合う二人を見て嫁二人は目を赤くしている。そしてそのまま両腕をがっちりとホールドされた。

「旦那様、あのお二人を見ていると、何やら身体が……ぽっ」

「あなた、今夜は寝られると思わないで?」

「うわああああああああああああああああああああああああ!!!」

 俺の断末魔はコンビニ内部に響き渡った、そして私室に入るまで続いたことだろう。部屋のドアを閉めると遮音魔法が発動する。これは隣の部屋から苦情が来たためだ。

 うん、明日の朝日は何色だろうか? 現実逃避気味に考えるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます