第26話 ギン。

 火薬と血の匂い。

警戒メーターが一気に振り切れ、行っては駄目だと本能が叫ぶ。

カンナと子供たちの姿が瞼に浮かぶ。


だが俺はあの夜の救い主、その叫び声を聞いた。


 地面を思い切り蹴り上げ走り出す、考えている間は無い。

禍々しい殺気が放たれる建物の窓をけ破り飛び込むと、その勢いのまま男に体当たりを喰らわせる。

「ぐはっ」

床に体を打ち付け転がる男と、壁際で咳込み崩れる少女の間に割り入った。

砕けたガラスが降り注ぐ中、驚きに目を見開いた男が身を翻し部屋の隅に転がる短銃に手を伸ばす。


ギンが振り返る。

少女が声を出す。

「君は………あの夜の!」


一瞬だけ交わった深い瞳は、とび色の瞳へとこう告げた。


男が震える手で弾を込める。

ギンは動かない。


男が銃を向ける。

ギンは動かない。


ノータは告げられた言葉に従った。

跳ねるように立ち上がり、泣き続けている女の子の腕を掴みを突き飛ばすようにして外へ出る。


ギンがほぼ真上に跳躍すると同時に男が喚きながら引き金を引く。

轟音と共に赤い血と銀色の毛が舞った。


ノータの絶叫がこだました。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます