第18話 決心は。

 どこをどう走ってきたかのか自分でもわからなかった。いつもの道が全く違う道に見え家々の明りも目に入らない。

勢いよく扉を開けテーブルの上に酒瓶を乱暴に置くと部屋へ入り、ピシャリとドアを閉める。


 いつもなら、ドア向こうから聞こえる罵り喚き声に怯えるノータだったが、そんなことはどうでも良かった。

パピがドアを開けてとガリガリする音も耳に入らない。


ベットの下奥に隠しておいたリュックを取りだすと、中から父さんの物をひとつずつ取り出し、ベットの上に丁寧に並べてゆく。

父さんがパンを焼くときに使っていた手袋、レシピのアイディアを書き留めていたメモ帳、市場へ行く時のカバン、結婚した時に母さんに贈られたハンカチ、それから、父さんと母さんとノータの3人が笑顔でいる写真。


この4年の間に、父さんの香りもパンの香りも消えてしまったけれど、何よりも、何よりも大切なものだった。

そのレシピメモに大粒の涙が落ちて、字が滲んでゆく。


酒場で見聞きしたことを、母さんに話そうかどうか少し迷ってやめた。

今、母さんは男の子供、ノータの弟か妹をお腹に宿している。

その大切な命を、母さんに言ったことはないけれど、心の中でとても大切に思っていた。心配をかけるわけにはいかない。


家中が寝静まった深夜、眠らずに待っていたノータは、ベットからそっと足をおろす。男が使う銃の置き場所で、弾の保管場所を確認する。

どれもこれもノータの手には大きいものばかりだった。


手に取って構えてみる。

思ったより重くはなかった。

撃てないことはないような気がした。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます