第8話 一緒に。

若いきつねは一定の距離を取りながらついてくる。

ついては来るが警戒は外さないと言ったところか。いい心がけだ。

4匹のねずみを掘り出し抱え、ねぐらの奥へ入るとひたひたと聞こえてきた足音が止まった。

入り口で躊躇する気配が感じられる。


「入れよ」

一拍おいてそろりと、気配を抑えながら若いきつねが入ってきた。

「座れよ」」

おとなしくその場に腰をおろしたところへ、丸々と太った野ねずみを3匹押しやるとこちらを目でうかがってくる。

「あの、こんなにいいんですか」

改めて見ると、あばらの筋が見えるほど痩せている。まるであの頃の自分のようだ。4匹目も押しやる。

「まだ外に5匹は埋めてある、遠慮せず食え」

「いただきます」


3匹目を胃に収めたころ、多少腹が落ち着いたのか、若いきつねがこちらを真っすぐに見た。

「あの、後ろ足の傷は罠ですか」

ほう、食いながら観察してたって訳か。

「そうだ、よく気が付いたな」

「自分の親達が、その後ろ足の罠にかけられたから、同じような傷だから、そうかと思って。でもその罠にかかったら……」

「もう2年も前の話になる。ちょうどお前と同じぐらいの年の頃だ」

お互いの間を様々な思考と想いが流れ、押し黙る。


先に沈黙を破ったのはギンの方だった。

「おい若いの、もう1匹食っちまえよ。足りなけりゃ取ってくる」

「あの、自分はカンナと申します。ありがとうございます」

顔に出さなかったものの、仰天した。こいつ女だったのか。あまりにもやせ細っていて、てっきり自分と同じ男ぎつねと思っていた。


その後は、言葉らしい言葉も交わすことなく、静かに眠りについた。

明け方、妙な温かさを感じて目を覚ましたギンは、自分の背中にぴたりくっつくようにして眠るカンナを確認すると、誰かと一緒眠る心地よさを感じながら再び眠りに落ちる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます