第58話 こんてすと 4

 時間は流れ、コンテストは順調に進んでいく。

 円滑な運営の取り組みに、マーゲイの適応性、PPPの五人の判断力が光り、次々に参加者の審査を終えていく。気付けば、一時間もしない内に参加者の半数程を捌き切っていた。


「いやー、良いペースだわ。これで半分くらいかしら……?」

「マーゲイ、あなた疲れないの?」


 審査員席からプリンセスが口を挿んだ。

 その質問は当然のものである。既にマーゲイはフェスティバルの全演目で司会兼進行を務めており、今現在もこの気勢を維持し続けている。


「いやいや、疲れてなんていられないわ!! こんなに多くのフレンズ、特に可愛い女の子が沢山来てくれているのだから!!」

「なんだか、理由が歪んでる気がするけど……、そのやる気だけは本物みたいね……」

「PPPの皆さんは疲れたら遠慮なく言ってくださいね。多少の休憩を挟みますので」

「問題無いわ。それに、既に休憩してる子も居るしね……」


 プリンセスの視線の先には、青のジャパリまんを頬張るフルルの姿があった。


「えっ!? いつの間に食ってたんだよー!!」


 隣席に座るイワビーが一驚し、声を上げた。


「ブルーハワイ味、おいひいよ?」


 もぐもぐと口を動かし、当然の様に居座るフルルの姿にコウテイとジェーンが一笑する。


「まぁ、フルルらしいな」

「そうですね。マーゲイさん、そのまま続けましょうか」

「こんな感じよ」


 プリンセスは諦め半分、呆れた様子で状況を見せた。


「了解したわ! ではでは、次に参りましょう!! エントリナンバー6。唯一無二の鮮色にて、絶対無敵の赤色を持つフレンズ――ショウジョウトキ!!」


 その名を聞いてオオカミは驚愕の表情を隠し切れずにいた。そして、思わず声をもらす。


「なっ!?」


 壇上に立つその形容。慣れ親しんだ赤を見る。そして、ショウジョウトキがステージ中央へと歩き進み、くるりと回って静止した。


「(ドヤァ)」


 自信有り気なその表情は、いつものショウジョウトキの姿であった。

 再び邂逅するその面持ちに、オオカミは安堵得て、静かな笑顔を浮かべていた。


「……っふ」

「またまた知り合いみたいだねー」

「これもまたちょっとした奇縁でね。アライさんの時と同じなのよ」

「あー、えーっと、夢のやつだっけー?」

「うん」


 フェネックはアライさんの拙劣せつれつな説明を一度聞いたのみであったが、その事象が嘘偽りでない事はオオカミやショウジョウトキの反応で理解出来ていた。そして、その状況で出くわしたのだと察する事も又、この少ない情報量であっても悟る事が出来るのである。


「ショウジョウトキ、こんばんは!!」

「こんばんは」

「ショウジョウトキと言えば、この赤色よね」

「そうですね。“ショウジョウトキは赤くて綺麗!(ドヤァ)”この言葉だけ覚えて帰ってくれればいいですよ」


「また言ってる……。確かに綺麗だけども……」


 認めざるを得ない綺麗な赤。そこに加わるあのドヤ顔に、オオカミは思わずため息をつく。自重のない自画自賛。だが、その自信こそがきっと彼女にとっての最大の長所であり、美へのモチベーションに繋がっているのだろう。それは彼女にとっての行動源であり、法則の様なもの。自分は美しい→美を磨く→美しさを再確認→∞。これ程シンプルな思考回路で、彼女の行動は決まってしまう。この様な単純性は、高度な思考を持ち合わせる者にとっては羨望せんぼうの的であるとも言えよう。きっとそこには、余分な思考によって阻害される躊躇い等が生じるのだから。オオカミにはそんな風に読み取れていた。


「凄い自信だわ。だけど、発言に引けを取らないこの美しい赤……、本当に綺麗ね」

「勿論です。日々、進化しているんです(ドヤァ)」

「聞くまでもないけど、衣装を選んだ理由は……?」

「並べられた衣装の中で、一目ひとめにこの赤が綺麗だったので選んだんです!!」

「やっぱり……。とてもシンプルな解答だったけど、そういうのって大事よね。私も、“好き”を理由に、何かに向かって行動出来る様になりたいわ……」

「マーゲイ、あなたなら出来ますよ。今だってその情熱を胸に行動してるではないですか。ショウジョウトキの様に突き進むのです!!(ドヤァ)」

「あ、ありがとう。頑張ってみるわ!!」


 ショウジョウトキとマーゲイが熱い友情で結ばれた所で、PPPの審査が終わり、プリンセスが合図を送った。ショウジョウトキは会場にインパクトを与えて去って行く。元より目立つフレンズであったが、キャラの個性の強さも審査中の数分で証明された一齣ひとこまであった。


「えーっと、次に参ります!! エントリナンバー7、キラキラ系カリスマ、ロスっちこと、ロスチャイルドキリン!!」


「ロスっちー。頑張れー!」


 アミメキリンが親友に向けて声援を送る。

 しかし、声の大きさはいつもと変わらず、会場の歓声に揉み消されていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます