第34話 くせん

 二人はピンと来ないまま、その声に反応した。


「さぁ!!」


 オオカミが“こちらへ来い”と手招きをする。それを戦闘の合間に確認して、二人はその方向へと移動する。


「どういうことなのだ?」

「散らばる必要がなくなったのですか……?」


 バラついていた小型セルリアンの少数が三人の方向へ、ゆっくりと集まってくる。


「説明してる暇はなさそうね。リムガゼル! ユメリアンまでの道を拓いてちょうだい!」

「わ、分かりましたっ! 行きますよっ……!」

「アライさん、付いて来て!」

「分かったのだ!」


 槍術使いのリムガゼルが先陣を切り、突っ走る。


「これでっ!!」


 前方の小型セルリアンを刺突し、次々と排除していく。

 しかし、片側へと意識を集中させすぎ、死角から小型セルリアンの接近に気付かないでいた。そして、三日月型セルリアンは得意の攻撃でリムガゼルを襲う。


 スパーッン! 


「きゃああああああ」


 声を上げたリムガゼルは地面へと転ぶ。それと同時に二色の目が光りを灯した。


「やあー!!!」


 オオカミがその後ろから素早い攻撃で敵を仕留める。


 パリーン!


「リムガゼルッ!」

「だ、大丈夫か?」


 アライさんとオオカミは後ろからすぐに駆け寄り、安否を気遣う。


「はぁ……、はぁ……。ゆ、油断しました……。問題無いですっ」


 ボロボロになりながらも、落ちた自身の武器を取り、再びひざを立てるリムガゼル。先に戦場へと入った三人は、既に満身創痍まんしんそういとなっていた。


 しかし。まだ。

 この戦場には敵が居て、助けなければならない仲間が居る。特にリムガゼルは同じグループであるヘラジカをリスペクトしており、絆はこの場の誰よりも固いものなのだ。


「ま、負けませんっ!!!」


 いつもは弱気なリムガゼルが仲間の危機を目の当たりにし、残された力を出し尽くす。

 

 そして、目を光らせ。


「やあああああああああああ!!!!!」


 ホーンノックで前方の敵を弾き飛ばし、破壊する。辺りには多くの光りが散らばった。


「さぁ……、急いで……」


 槍で体を支えて、地面に片膝を落とすリムガゼル。ユメリアンの攻撃範囲内である為に、このまま放置すれば見捨てる事に同じになってしまう。オオカミは上空のショウジョウトキに声を送った。


「ショウジョウトキ!! リムガゼルをお願いっ!!」

「分かりました!!(ドヤァ)」


 急速な飛行が不可能なショウジョウトキは隙あらばと、ヘラジカ救出の機を窺っていたが、ハクトウワシとの戦闘を繰り返すユメリアンが向きを変えない為に身動きが出来ずにいた。それに加え、現状ハクトウワシとの攻防を行う上部のクモの足が脅威で接近することすらままならない。


 しかし、相手の死角であるならば、仲間の為にその翼を役立てる事は可能なのだ。何も出来ずに疎外感そがいかんを抱いていたショウジョウトキだが、出番が来たと飛翔して、目を光らせながらいつもの数倍の速度で降下してくる。


 ショウジョウトキのドヤ顔が、地上の二人には今ばかりは頼もしいものに見えたのである。そして、回り込んでリムガゼルの方へとその赤色が迫ってきた。


 それを見て、オオカミとアライさんは頷き合い、ヘラジカの方へと猛進していく。


「やあー!!!」

「あたるのだっ!!」


 阻む敵を破壊する一方、二人の体力は確実に消耗を続けていた。


 ユメリアンの足元付近。煙が立つ中を抜け、遂にヘラジカの元へと駆け寄った二人。


「ヘラジカ!!」

「大丈夫か?」

「う、うん……。まだ衝撃で、頭が痛い……」


 ヘラジカの武器は片方が折れ、地面にはその衝撃を物語るへこみが足元に窺えた。当のヘラジカも、もうろうとなっており、片膝を落とし、なんとか身を起こしている状態にあった。


 現在はヘラジカに次ぐ攻撃力を誇るハクトウワシが交戦し、時間を稼いでいるがどれだけ持つかは分からない。寧ろ、単独でこれだけの時間を稼げている状態の方が異常な程だ。


 上空を飛び回り、隙を見て攻撃を繰り返す一人の姿はとてもいさましいものであった。あれは狩猟本能と正義感からくる行動そのもの。空中で眼光の線がいくつも描かれる。ユメリアンも飛び回るハクトウワシに悪戦苦闘を強いられていた。オオカミは地上から信頼の眼差しを送った。


「もう少しお願いするわ……」


「よいしょ」

「す……、すまない……」

「大丈夫なのだ」


 アライさんがヘラジカに肩を貸し、もう片方をオオカミが支える。


「さぁ、急ぐわよ」


 そして、三人はゆっくりとユメリアンの足元から離れて、その場を離脱する。

 その様子を上空から、激戦を繰り広げるハクトウワシがチラリを見て、安堵した次の瞬間。


 更に、事態を悪化させる現象を目撃した。


「な……、そんな……」


 唖然とし、一瞬よそ見をしたその時。隙をつき、ユメリアンの大鎌の様な上部の足がハクトウワシを空から叩きつけた。


 ガサガサガサ……。

 悲鳴はなく、衝突音の後、木々を突き抜けて間近の茂みへと勢いよく落下していった。


「うそ……」


 負傷した二人以外が、その様子に目を取られ、絶望の表情を浮かべた。交戦していたハクトウワシが一瞬の隙に地へと落とされたのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます