第22話 さばくぱーてぃー

「アライさーん、生きてるー?」

「キツイけど、そのままいくのだ!」


 合流しセルリアンの目標が混乱している隙に、更に追い討ちをかける様にアライさんとフェネックも攻撃に参加する。


「やーっ!! 皆、もう少しだよ」


 周囲に光が散乱する。


「はああああ!!! てやー!! ラビラビ!!」

「分かっている! やぁ!!!」


 二人の槍は躍る様に戦場の敵を次々と消滅させていく。それに続く様に逃走していた二人も爪で応戦する。


「近距離ならおまかせなのだ! とりゃあああああ!!」

「はいよーっと」


 小型セルリアンは見る見るうちに数を減らしていき、気付けば同等の戦況へと変化していた。ともなれば、同条件での戦いは知性や学習能力の差、そして、個体の戦闘能力の差でフレンズ達が優位に立つのは明白である。


「おー、やるねっ!」

「やるときはやるんだよねー。ふふーん」

「こんな小さなセルリアンに引けを取るわけがないのだっ! とりゃ!」


 パリーン!

 更に一体。


「さっきまでー、半泣きで逃げてたフレンズの言うセリフじゃないよねー」

「それはそれ、これはこれなのだっ!」

「あはは。二人はいいコンビだよねっ! ラビラビこっちもいくよっ!」


 ルルが跳躍し攻撃、着地した地点の至近後方にセルリアンが迫っていた。それを見かねたラビラビがすぐに槍を伸ばす。


「やぁーーっ!!」

「うおっ!」

「ルル、油断はいけないな。勝利を確信したその時にこそ、隙というものは生まれるものさ」

「た、助かったよ……」

「そうだよ、アライさんー」

「何故、こっちに振るのだ」

「そっちも良いコンビだよねー。騎士って感じだねー」

「ヘラジカ達との修行の成果だろうね。日々の鍛練が大事というわけさ」

「けも勇槍騎士団の名に泥を付けるわけにはいかないから、ねっ! はぁ!!」


 ルルの一槍が、加えてセルリアンを一突きすると残すは一体となっていた。


「アライさん、後ろだ」

「出番だよー」

「??」


 アライさんが振り返ると、後ろには小型セルリアンが迫っていた。不意をつかれるも一歩飛び跳ね後退し、決死のクローで引っ掻き攻撃をお見舞いする。


「これで……」

「終わったのだーーー!!」

「やったよっ!! みんな!!」

「疲れたよー」


 アライさん軍はフェネックの采配が光り、槍使いの二人の活躍により勝利した。

 こうして、オアシス・ワンを脅かす小型セルリアンの群れを殲滅したのである。


 周辺一帯が特殊な光りによって幻想的な風景を作り出す。それはセルリアンの消滅によって発せられる、セルリアンの輝きであった。


 そんな風景に見とれて、一人のフレンズが拍手を送っていた。


「おおー! これは凄く綺麗ですね。パチパチパチ……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます