第39話 反乱軍②

本文

 和泉先生が心配そうに覗き込んでくる。


「本当にいいの? 戦争に行くってことだよ? もしかしたら自分が死んじゃうかもしれないんだよ?同じ種族を、人間をその手で殺さなきゃダメなんだよ?」


 戦場では、殺さなければ殺される。

 そんな非常識が、そのうち常識へと変わってしまうのだ。

 けれど、誰かがそうしなければ戦争は終わらない。

 ただ殺し合い、憎しみの連鎖を生み出し続けるだけでは終われない。

 そのために自分の手を汚す覚悟は出来ているし、自分の手で終わらせたいという気持ちを貫き通すつもりだ。


「和泉先生、ご心配をおかけしてすいません。......けど、僕達は皆小さい頃にこれ以上ない地獄を味わってきたんです」


「だったら別に君達がやらなくても......」


「だからこそですよ。だからこそ私達の手で終わらせるんです。そのためにここに入ったんですから、早かれ遅かれいずれこういう状況にはなっていたと思います。そうよね?」


 同意を求めるように振り返った奈々美さんの呼びかけに、はじめに広人が、それに続いて全員が呼びかけにそれぞれ声を上げた。


「校長も何か言ってくださいよ......」


「......いや、彼らが、彼女が決めたことだ。今まで何もしてこなかった私に、止める権利はない。そうじゃないかしら?」


 校長の返答が予想外だったのか、和泉先生は驚いたような顔をしている。


「本当にいいんですね?」


「えぇ......」


 俺達はその次の日に、契約書にサインをした。

 契約書と言っても、書いてあることをわかりやすくまとめると。


 1、軍隊に入ります。

 2、仕事内容に応じて給料が支払われます。

 3、死んでも軍は責任を取りません。


 だいたいこんな内容だった。

 もちろん契約書自体はもっと細かく書いてあったが、大切なのはこの3つだと思う。

 こんな契約書で俺達が軍に入ったことになるのか? とも思ったが、パイロットになれるのならなんでもいいのだ。


「それじゃあ、明後日迎えに行くから、とりあえず1回基地に顔出しておこうか!」


 そう言って神崎さんは帰っていった。

 その日家に帰ると、ここ最近の疲れからか、すぐにソファで寝てしまった。





 目を覚ました時、すでに時計は9時を指していた。

 寝すぎたかな......体が痛いな。

 ベットよりも固いソファで寝ていたせいか、体のあちこちがぎしぎしと痛む。

 ふと、あることに気づいた。


「なんでブランケットがかかっているんだ?」


 と、キッチンから物音がするのにも、ようやく気がついた。


「不器用なくせに何を作ろうってんだか......」


 こんな朝早くから、俺の家にいるような奴なんて、たった1人しかいない。

 俺は寝ぼけた体を起こしてキッチンへと向かった。


「京子......お前料理は出来ないだろう?」


「うわっ! びっくりした〜」


 その声に俺がびっくりするぞ。


「おはようかずくん! 私だってネットを見れば朝ご飯くらい作れるもん!」


 京子が口に空気をためてぷいっとそっぽを向く。


「その気持ちはありがたいが。何を作ろうとしたらこうなるんだよ......」


 俺は黒い液体が入っているフライパンや、おかしな色の煙が出ているオーブンのある方へ視線を向ける。


「わ、わたしはサイトの手順通りにやっただけだもん!」


「はぁ......お前はレシピ通りにやればすごい美味しいものが作れるんだから、余計な手は加えない方がいいぞ」


 京子が作る料理は確かに美味しい。

 "レシピ通りに作る料理"に限るが。

 いつも「これで美味しくなるよ!」とか、「新しい味を試してみたの!」とかで、見た目も味もおかしなものを作ってしまうのだ。

 本当に器用なんだか、不器用なんだか......


「それで? どうしてこんな朝早くから来たんだ?」


「う、うん、後で話すね。かずくんご飯食べてないから」


「......そうか」






「そろそろいいんじゃないか?」


 空になった皿を片付け、お茶を飲んで話を始める。


「あの、かずくんが、ぐ、軍隊に入ったって聞いたから......」


 おいおい、もう知ってたのか。


「聞いたのか......」


「うん、ごめんね」


「いや、お前が謝る必要は無いが......そうか」


「すぐに戦地にも行くって聞いたから、いても立ってもいられなくて......」


 それで俺の家まで来た、と。

 1番心配しそうな京子には黙って行こうと思っていたのだが、知ってしまったものは仕方がない。


「大丈夫、だよね?」


 心の奥底から心配していると伝わってくる声色。

 目が行くなと訴えてくる。


「大丈夫だよ。俺は絶対に死なない。だってそうだろ? 俺が死んだら母さんや父さん、沙織の仇は誰がうつんだよ」


「そ、そうだよね! ちゃんと帰ってくるよね!」


 正直仇などもうどうでもいいのだが、京子はこうでも言わないと納得してくれない。

 それでも京子は納得していないようだった。

 言葉では納得していても、目が、表情が、納得していないようだ。


「......今日はゆっくりしようか」


 俺はすぐに軍の寮で暮らすことになる。

 この家に帰ってこられるのも、もう少なくなってしまうだろう。

 京子とも会う回数が減ってしまう。

 だったら今日くらいは前みたいに......。


 俺と京子は、まるで子供の時みたいに、ゲームをして、テレビを見て、無邪気に笑いあった。

 今は戦争も忘れて、ただの高校生として、夏休みという休日を楽しんだ。

 いつしか窓から差し込む太陽はオレンジ色になり、部屋を彩っていた。


「もうこんな時間か......」


「今日は楽しかったよ、かずくん」


「......あぁ、俺もだ京子」


 ベットに横並びに腰掛け、紅くなった壁を見つめる。

 京子が泣いているのが、見なくても分かる。


「......行かないで、ほしいなぁ......ずっと、ずっと、ここに、いてほしいなぁ......!」


 俺は今日ほど戦争を憎んだことはなかった。

 そして誓った。


「俺が終わらせるよ......」


「......うん、うん、うん!」


 ちらっと見た京子は、泣きながらも少し笑っているように見えて、僅かに心が軽くなった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます