第32話 校内戦決勝リーグ④

「やっとここまで来たな。......校内戦優勝か」


「まだ勝ってないわよ。最後の相手はあの『HELLHOUND』よ?」


「まさかここまで来れるとは思ってませんでした」


「私も......です......!」


「あと少しだね!」


「しゃあ! 勝って総合優勝しちゃおうぜ!」


 今日まで6戦6勝を続けてきた俺達と、同じく6戦6勝のヘルハウンドが今日戦う。

 校内戦決勝リーグ最終日。

 泣いても笑ってもこれが本当にラストだ。

 勝てば晴れて優勝、学年最底辺の汚名も綺麗さっぱり返上となる。


『さぁ、校内戦決勝リーグも最終日となりました! 全ての試合に負け無しの2チームが、ここで最終決戦を戦います! 皆さん盛り上がる準備は出来てますか!?』


 会場の雰囲気も過去最高になり、席は満席。

 1年の生徒や教職員はもちろんのこと、2年生や3年生の生徒までわざわざ北海道まで応援に来てくれている。

 そして何より驚いたのが、軍の関係者も多く席に見られることだ。

 確かに訓練校の優秀な生徒は軍に欲しいものだろう。だが、ここまでとは思わなかった。


『ではでは、今日の主役の方々に登場してもらいましょう!』


 画面が真っ暗だったモニターが明るくなる。


『まずはこのチーム! 学年最底辺クラス、Jクラス6人で構成されているにも関わらず、AクラスやBクラスのチームを何度もほふってきた、《ビューティフルフラワー》!』


 客席が盛り上がると同時に、モニターに俺達の顔写真が映し出される。


『そして、赤ゲートからは、予選、決勝リーグともに15分以内に勝利してきた優勝候補。Aクラスの6人の《ヘルハウンド》!』


 中心に設置されたモニターが「ヘルハウンド」の6人の顔写真に変わる。

 客席からは俺達の倍以上はあるであろう声援がとどろく。


 客席から聞こえる声は、最底辺は八百長をしていただとか、当たりが良かっただけだとか、散々な言われようだった。

 逆にヘルハウンド側の応援は、単純に強い方を応援したいという奴らの、熱のこもったものだ。


「いいか? 相手が誰であろうと、俺たちのやることは変わらない。俺達は俺達の全力を尽くすだけだ!」


「「おう!」」


 試合開始までもう時間がないため、俺達はすでに操縦席、丸いカプセルの中にいた。


『やぁ、まさか君達がここまで残るとは思っていなかったよ』


 俺の聞き覚えのない声。

 あいつらか。


「オープンチャンネルで嫌味ですか?」


 すぐさま俺もオープンチャンネルに応答して返事をする。


『いや......? 何故君らよりも強い僕達が嫌味を言わなければならないんだい?』


「ふーんだ! 今のうちに言ってろ!」


 今度は広人が答える。


『ははっ......威勢がいいね。けど、あまり吠えすぎると終わった後に惨めになるだけだぞ?』


「そろそろ試合開始です。切りますね」


 流石のクラス長もこれは耐えられなかったらしい。

 誰の返事も待たずにすぐに切ってしまった。

 正直俺も少しイラッとしたが、クラス長のおかげで冷静になれた気がする。


「絶対に勝とうね一樹、みんな!」


「えぇ、なぜそこで一樹くんが単体で出てきたのかは分かりかねるけど、頑張りましょう? 桜井さん?」


「2人とも......落ち、着いて」


 溢れ出る闘争心の矛先が変わってしまいそうだ。

 そうこうしているうちに、最終日試合開始時間を迎えてしまった。


「俺達らしくいこう!」


 モニターに大きく「START」と映った。

 映ったと同時に灰色の何かが飛んで来た。

 それはとても速く、目では追えないほどで、形的に例えるならば......


「......ソード?」


「......嘘、でしょ?」


 飛んできた金属製のソードは、動き出したばかりの春奈の左肩に直撃し、貫いた。

 ナイトは肩周りにも装甲がついているにも関わらず、綺麗に貫いていた。

 腕の付け根をやられた機体から左腕が落ちる。

 ナイト、つまり盾役タンクの盾が使えなくなってしまった。


「全員散開! 俺達の位置がバレてるぞ!」


 息が詰まりそうになったが、それを飲み込み指示を出す。

 同じく固まっていたほか5人もその場から1歩後退する。


 あまりにも正確過ぎる。

 あまりにも速過ぎる。

 あまりにも唐突過ぎる。


 今までの相手より格段に強いと、全員が無言のうちに悟った。

 俺はあたりを見渡す。


「市街地ステージだな」


「今まで通りでは通用しないかもしれませんが、とりあえずやれることをやりましょう」


「よし、高いところから見てみるぞ!」


 広人が真っ直ぐ、近くの割と高さのあるビルへと向かっていく。

 それを見て俺はクラス長に追って護衛するようにと言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます