第5話 野鳥撮影

 彼はカラスの案内で、そこからさらに森の奥へと入って行った。

すでに何㎞歩いただろう、この森にはすでに何回も来たことのある彼でも、まだ知らないような奥へ、どんどんと進んで行く。

それでもさすがは夢の中だけあって、少しも疲れることもないし、未知の森に入っていくという不安も感じなかった。

彼は少し先を、彼の歩調に合わせてゆっくり飛んでいるカラスに、

「それで、その仲間の中に『カワセミ』とかもいるのかな? 愛鳥家の間では、カワセミが一番人気があるんだけど?」

するとカラスは、器用にも飛びながら首だけを彼の方に向けて、

「んあ、カワセミ? そんなのそこいら中にいるじゃないか」

「え、どこどこ?」

言われて彼は、まさかといった顔であたりを見渡した。だが、やはりカワセミの姿など、どこにも見えはしなかった。

「いないじゃん?」

「何言ってやがる。さっきからずっと、ミンミンと鳴いてるじゃないか」

確かに、さっきから蝉の鳴き声は聞こえていたが………………………………。

「……………………………」

「………………………………………………」

「………………ねぇ?」

「わ、笑えよっ。そこ笑うとこだぞ。普通だったら、どっかんどっかん大爆笑するとこだったのに」

気のせいか、カラスの頬が赤くなっているように見えた。

「せっかくの最高のギャグが、滑っちまったじゃないかよぉ!」

「滑る以前の問題だと思うけど?」

「ったくよぉ、最近の人間はギャグのセンスがなさすぎだぜ」

「君に言われたくない。それより、マジでカワセミはいるの、って言うか、カワセミってどんな鳥か知ってる?」

「知らいでかっ! カワセミってばアレだ。体はちっこいのに、クチバシだけは大きいヤツだろ?」

「そうそう」

「それでもって、川魚を捕るのがうまい」

「ほう、よく知ってるじゃないか」

「色が青と白と黄色で3頭身の、SDガ○ダムみたいな、ヘンテコな鳥だ」

「うまいこと言うね」

「エッヘン」

カラスは得意げに、胸を張った。

「しかしよぉ、何であんなマンガみたいな鳥が、人気あんだよ? カラスの方がよっぽどカッコよくて、強うそうだろ?」

「知らないよ。きっと色が綺麗なんだろ?」

「おまえが見たっていう、羽が光る鳥よりもか?」

言われて彼は、しばし虚空を見上げ、

「いや。オレにはあの鳥の方が、綺麗に見えたよ」

「じゃあ、その鳥を何としてでも見つけたいんだな?」

「できればね」

言いつつも、彼はすでに諦めていた。

あの鳥も、実はただの見間違えだったのではないかとも思えた。

そんなことを思いながら、さらに歩いていると、

「着いたぜ」

カラスが言い、足を止めると、目の前には綺麗な小川が流れていた。

森の中をひっそりと流れる小さな川。

橋などなくても、簡単に飛び越えられそうなくらいに狭い川幅しかないが、お伽話にでも出てきそうな、幻想的な美しい川であった。

見渡せば、本当にカワセミどころか、さきほど撮影しそこねたヤマセミや、ツグミ、ルリビタキなどの姿も見える。

絶好の被写体が、そこいら中にいくらでもいるではないか?

同じ場所にこんなにも種類の違う鳥がいるなんて、まるで自然の野鳥園のようだ。

彼は鳥達に気付かれないよう、木陰に隠れて被写体を狙った。

さっきのヤマセミのように、相手に気付かれて逃げられては、せっかくのカラスの好意が無駄になってしまう、というのもあるが、何より、こんなチャンスを逃したくなかった。

そして、必死にシャッターをきった。

いつの間にか、今は夢の中であるということも忘れて。

その夢のおかげだろう、シャッター音を鳥達に感づかれることもなく、何枚も何枚も撮影に成功し、予備のフィルムも何本も使った。

すでに残量を示すカウンターも、残り数枚となっている。

まだ撮影できるが、帰りにどんな被写体と出会えるか分からないので、念のために残しておくことにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます