天高く

体が飛んでいく。

ふわふわ浮かぶのではなく

一瞬のうちに

天高く飛んでいくのだ。

天高く飛んだなら、

いつか地上を見下ろしてみたいと、

そう願っていたはずなのに、

天高く飛んだ僕は

まだまだ遠い空を仰いでいた。


空は遠く。

まだまだ遠く。


僕の気持ちは

まだまだ空を恋い慕い、

何よりも強いあこがれとなるのだ。




               ~天高く~

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます