第五十五話 エルフの長老様



「ワシの名はセルジオ。エルフの里で長老を務めておる。まぁ、殆ど飾りみたいなモノだがな。そしてこっちはブレンダ。割かし暴走するのが特徴かの」

「……ブレンダと申します。現在はエルフの里で、護衛隊に所属しております」


 老人、セルジオの物言いに一瞬眉をヒクつかせた女性剣士、ブレンダだったが、言ったところでムダだろうと思い、淡々と自己紹介をする。

 そんなブレンダの反応に、セルジオはつまらなさそうな表情を浮かべるも、すぐに興味深そうな視線をマキトたちに向け始めた。


「人間族で魔物使いの少年が現れた。そのウワサはエルフの里にも届いておるが、半信半疑というのが正直な感想であった。まさか、こうして実際にその目で拝む日がこようとはな。まぁ、それはさておきだ……」


 セルジオは表情を引き締め、マキトの肩に乗るロップルに視線を向ける。


「実は数ヶ月前、盗賊らによって、大量のフェアリー・シップがさらわれてしまう事件が起こってな。里の戦士たちと王都の冒険者のおかげで、盗賊らはすぐに取り押さえることに成功し、殆どのフェアリー・シップをも助け出した。ところが一匹だけ、まんまと闇商人が他の大陸へ逃がしてしもうた」

「ウワサによると、その闇商人はサントノ王国からシュトル王国へ渡ったらしい。もしかしたらそのフェアリー・シップが、と私は思ったんだが……」


 セルジオとブレンダの言葉に、マキトとラティが顔を合わせる。


「まぁ、ロップルは盗賊に捕まってたっていうし、あり得る話だと思うけど」

「闇商人から買い取ったって考えれば、話の辻褄も合うのです」


 確かに確証はない。しかしそのフェアリー・シップがロップルである可能性は、極めて高いのではとマキトは思っていた。

 実際ブレンダもロップルを見た瞬間に、それがさらわれた個体だと思い込んでいた。何か大きな特徴があったのか、それとも彼女自身の直感なのかは不明だが、適当に判断していたとは思えない。

 そんなことをマキトが考えていると、セルジオが深く頷きながら口を開いた。


「ワシが一番心配しておったのは、逃がしたフェアリー・シップが悪の手に渡り、辛い目にあわされとらんかということだ。しかしロップルと言ったか? ソヤツはとても楽しそうに笑っておった。本当に良きマスターに出会えたようだな」


 セルジオはとても嬉しそうな笑顔でロップルの頭を撫で、改めてマキトのほうに向き直る。


「マキトよ。これからもその子たちを大事にな。魔物使いとして、良きマスターの名を汚してはならんぞ?」

「……はいっ」


 ハッキリとしたマキトの返事に、セルジオは満足そうに頷く。ここでマキトは、自分たちが抱いていた目的を思い出した。


「そうだ。長老様に、一つ質問したいことがあるんだけど……」

「構わんぞ。遠慮せずにハッキリ申してみなされ」

「じゃあお言葉に甘えて……実は俺たち、ロップルの故郷を探しているんだ。一目顔を見せてやりたいと思っててさ。長老様なら何か知ってるんじゃないかって話を聞いて、いつかエルフの里に行こうと思ってたんだよ」

「なんでもいいのです。ご存知ありませんか?」

「ふーむ……」


 セルジオは顎に手を当てて考える素振りを見せ、そして答える。


「仮に知っていたとしても簡単には教えられんが……残念ながらそこに関しては、ワシも全く知らん。フェアリー・シップは、常に住処を移動させておるからの」

「えっ、そうなのですか?」


 驚くラティに、セルジオは頷いた。


「うむ。元々そういう傾向はあったんだがな。数ヶ月前の事件が、大きな引き金となったらしい。今では殆どのフェアリー・シップは、人が立ち入らんような森の奥深くへ、それぞれ散らばってしまったようだ。どうしても探したいのなら止めはせんが、良い結果を得られる可能性は、限りなく低いと見て良いだろうな」

「ロップルとやらの家族や仲間たちも、決して例外ではないと思われるぞ」


 セルジオの言葉にブレンダが続く。それらを聞いたマキトたちは、言葉が上手く出せないでいた。

 要するに、現時点でロップルの故郷を探すのは難しい、探すだけムダだ、と言われたようなモノであった。マキトもラティも納得はできないが、それが事実であることは、認めざるを得ないとも思えていた。

 ここでロップルが、マキトの頭の上から飛び降り、そしてマキトを見上げた。


「キューキュー……キュキュッ、キューキュゥ……」

「それだったら無理に探さなくて良いって言ってるのです」


 どうやらロップルは、マキトが無茶をするのではないかと恐れたらしい。

 何がなんでも探そうとして、森に入り込んだまま出てこれなくなることを予想してたようだ。迷惑をかけられないと言い放って、仲間たちを残して出かけることも込みで。

 ラティたちも同じ考えを抱いていたらしく、確かにあり得そうなのですと、険しい表情で頷いていた。


「マスター。確かにお気持ちは嬉しいのですけど、それでマスターが死んじゃったら元も子もないのです。どうかここは考え直してほしいのですよ」

「ピキィッ!」

「キュウキュウッ!」


 そーだそーだ、絶対そうするべきだよ、とスラキチとロップルが息巻いている。特に通訳されたわけではないが、マキトは何故かそう思えてならなかった。

 魔物たちの凄まじい勢いに押され、苦笑いを浮かべながらも、マキトはとりあえずこれだけは言っておきたかった。


「いや、最初からそんなつもりないから」

「……それでも、なのです!」


 更に強く念を押されるように言われてしまい、もはや反論の余地すらない。

 ここは素直に頷いておいたほうが良さそうだとマキトは思った。


「分かった、分かったよ。俺も無理にロップルの家族や仲間を探すことはしない。もし機会が訪れたら、行動してみるってことで良いだろ?」

「皆で、という言葉が抜けているのです」

「ゴメンゴメン。皆で、だな」


 謝りながらマキトは心の中で疑問が浮かんでいた。ラティってこんなに強かったっけかな、と。

 そんな彼らの様子を、セルジオとブレンダは遠巻きから、微笑ましそうな表情で見守っていた。


「まるで家族のようにも見えてくるな」

「えぇ。それについては、私も凄く同感ですね」


 笑みを浮かべるブレンダに対し、セルジオは目を見開いて瞬きをする。


「……珍しいのう。突然素直になったりして、どうかしたのか?」

「私だって素直になります。茶化さないでください!」

「ホッホ、こりゃスマンかったの」


 ブレンダのツッコミを軽々とかわすセルジオの目の前では、未だにマキトが魔物たちから、あーだこーだと言われ続けている姿があるのだった。



 ◇ ◇ ◇



 マキトと魔物たちの話もようやく落ち着き、改めて水を求めて奥地へ進もうとしたその時、セルジオが自分の胸をトンと叩きながら言ってきた。


「よし、ここは一つ、ワシがこの森の奥地まで同行してやるとしよう!」


 その瞬間、ブレンダが唸り声を上げながら頭を抱え出す。


「……長老様、そろそろ私たちは王都へ向かわないと……」

「細かいことは気にするでない」

「気にしますっ! お仕事で来ているんですから、ちゃんとしてくださいっ!」

「まぁまぁ。アヤツには上手く言うから、お前は気にしなくて良い」

「ぐ……しかしですねぇ……」


 なんとか反論の糸口を探しつつ、ブレンダは諦めかけていた。この流れだと、もはや長老様は、自分の言葉など聞く耳を持たないだろうと。

 ずっと見ていたマキトも、流石にどうなのだろうかと思いつつあった。


「仕事を放ったらかしにするってのは、いくらなんでもマズい気がするけど……」

「お前さんまでそう申すかね。心配ばかりしておると身が持たんぞ」

「俺はともかく、後で後悔するのは長老さんのほうじゃ……」

「あー、えぇからえぇから。ほれ、出発するぞい」


 セルジオが強引に会話を終了させ、マキトたちを引き連れて森の奥地に向かって歩き出す。

 まるでおじいちゃんと孫の姿を見ているようだと思い、ブレンダは自然と笑みを浮かべてしまうのだった。

 奥地に進むにつれて、太陽の光は段々と遮断されてきていたが、魔力の粒子が程よい明るさを醸し出しており、不気味さは皆無であった。むしろ神々しさすら感じ取れるほどであり、マキトと魔物たちは、思わず見とれてしまっていた。


「そういえば、ロップルもこーゆー光景は初めてなのか?」

「キュッ」


 マキトの問いに、ロップルが笑顔で頷いた。


「ハハッ、そりゃあ無理もない。こんな光景が見れる場所は、スフォリア王国でもそうそうありはせんよ。理由は分からんが、この森が特殊であることは確かだな」

「ふーん。そういうもんか」


 セルジオの言葉に、マキトがとりあえず納得する。

 なんとなく上に手を伸ばしてみると、魔力の粒子が指先に触れ、そして消える。感触はなかった。暖かさを感じられるのかと思っていたが、見事に予測が外れてしまい、マキトは心の中で少しガッカリした。

 森の中には薬草も何種類か生えており、適宜採取することも忘れない。ここでもやはり、薬草図鑑が役立っていた。

 魔力が込められた薬草が存在することを知り、少し周囲を探してみるが、残念ながら見つからなかった。セルジオ曰く、奥地に進むほど、その手の薬草もたくさん生えているハズだとのこと。

 その理由は明らかとなっており、自ずと分かってくるのだという。


「マスター。見てください、あそこ!」


 ラティが指を差した先には、ボンヤリと淡い黄緑色に光る草が生えていた。

 薬草図鑑に記されている『魔力が込められた薬草』であった。更に奥を見渡してみると、通称『魔力薬草』がたくさん確認できる。

 よくよく周囲を観察してみると、魔力の粒子が増えている気がした。

 するとブレンダが得意げな表情を浮かべ、マキトのほうを見る。


「気づいたようだな。この森は奥へ進む度に、魔力の密度が濃くなってくるんだ。その影響で、こうした薬草にも自然と魔力が蓄えられていく、というワケだな」

「ふーん。なるほどねぇ……ちなみにそれって、草だけなのか?」


 マキトの何気ない質問に、今度はセルジオがニヤリと笑みを浮かべる。


「……良い質問だ。その答えは、最奥に行けば自然と分かってくるだろう」

「長老様、その言い方だと、もう殆ど答えを言ってるようなモノです」


 決まったわい、と言いたげに胸を張るセルジオに、ブレンダが深いため息をつきながら頭を抱える。数秒後に、自分の発言を思い出したセルジオの顔から、大量の冷や汗が噴き出していた。

 ゴホンとわざとらしく大きな咳ばらいをして、セルジオが再度マキトに話しかけようとしたその時であった。


「マスター、気をつけてください!」


 突如ラティが叫んだ。同時にスラキチとロップルも、周囲を警戒し出した。

 一歩遅れて、セルジオとブレンダも、魔物が迫っていることを察する。自分たちが後れを取ったことを恥じつつ、魔物の気配察知の敏感さに感心しながら。

 ガサガサと茂みが揺れ、そこからゆっくり姿を見せたのは――


「キラータイガーの子供か? なんか色がピンクだけど……」

「恐らく亜種だろう。それにしても酷いケガだな」


 マキトの疑問に答えたブレンダが、生まれてそれほど経過していないであろう、子供のキラータイガー亜種のボロボロな姿に、悲痛そうな表情を浮かべた。

 子タイガー亜種はマキトたちの存在に気づき、唸り声を上げながら必死に睨みつけてくる。


「ニャァァアアアアッ!!」


 殆どネコの鳴き声も同然の雄叫びも、覇気が全く感じられない。このまま放っておけば、命に係わることは明らかであった。

 マキトは真剣な表情でゆっくりと子タイガー亜種に近づく。

 ブレンダが制止する声を上げようとしたその時、マキトがしゃがみ、子タイガー亜種をジッと黙って見つめ始めた。

 震えながらも必死に威嚇を続ける子タイガーであったが、段々とその声が収まるとともに、自らマキトに近づいてくるのだった。


「なんと!」

「大人しくなった!?」


 セルジオとブレンダが驚愕する中、子タイガー亜種はそっと差し出したマキトの手の匂いを嗅ぎ、小さな舌でペロッと舐める。マキトが優しく子タイガー亜種の頭を撫でると、子タイガー亜種は大人しくその場に座り込んだ。

 そしてすかさず、マキトがさっき採取した魔力薬草をすりつぶし始め、その間にラティが子タイガー亜種に、回復魔法をかけていく。


「もう少しの辛抱ですからねー。すぐに良くなるのですよ」

「そら、コイツを飲め。ちょっと苦いけどな」


 すりつぶした薬草を水に混ぜて、子タイガー亜種に飲ませる。子タイガー亜種はその苦さに一瞬驚いたが、すぐに落ち着くのだった。

 そして手拭いを包帯代わりにして、小さな体に丁寧に巻いていく。手拭いをキュッと縛り、マキトは額の汗を拭った。


「とりあえず、手当はこんなもんかな?」

「えぇ。あとはこの子の体力次第なのです……ひゃあっ!?」


 子タイガー亜種が飛び起き、ラティが思わず尻もちをついてしまう。子タイガー亜種はしばしマキトたちをジッと見つめていたが、やがてそのまま茂みの奥へと姿を消してしまうのだった。


「……魔物は行ってしまったようだな。私たちも出発しようか」


 ブレンダの言葉にマキトたちは立ち上がるが、その表情は晴れないままだった。



 ◇ ◇ ◇



 段々と滝の流れる音が近づいてきた。森の奥地が近づいてきた証拠だ。

 しかし、マキトとラティの表情は晴れない。黙々と歩き続けるマキトと魔物たちに、口を開いたのはブレンダであった。


「まぁ、何だ……そう気を落とすな。またいつか会えるさ」


 苦笑交じりにブレンダが言う。この言葉が気休めにすらならないことぐらい、彼女も分かっているつもりだった。

 同時にブレンダは、どこか不思議な気分を味わっていることに気づいた。

 彼女の中で、野生の魔物を助けるという選択肢は皆無に等しい。仮に自分があの場面に遭遇していたとしても、確実に素通りしていたと断言できるほどに。

 自分とは考え方も行動の仕方もまるで違う。恐らくこれは、決して理解しきれないことなのかもしれない。

 マキトたちは魔物を心から愛している。ブレンダは改めてそう思うのだった。


「お前たちがあの子の命を助けたのは間違いないんだ。きっとあの子にも、お前たちの気持ちは通じていたさ」


 自分は何を言ってるのだと、ブレンダは思った。らしくないを通り越して、一体どうしてしまったのだと自分を問い詰めたくなる。

 冒険者たる者、過ぎたことをいつまでも悩むんじゃない。そう叱咤するのが、本来の自分のハズであった。しかしブレンダはその言葉を、どうしても目の前を歩く少年たちにだけはぶつけたくなかった。

 なんとなく恥ずかしさを覚えていたその時、前を歩くマキトとラティから、呟くような声が聞こえてくる。


「まぁ、アイツが無事に助かったんなら、それで全然いいんだけどな」

「わたしもそう思うのです」


 感情のない、淡々とした物言い。無意識にどうしたモノかとブレンダが悩み出していると、セルジオが興味深そうな笑みとともに見上げてくる。


「それにしても、本当に珍しいのう。お前さんがそこまで甘い姿を見せるとはな。里の皆がこのことを知れば、ビックリ仰天すること間違いなしだぞ?」

「……ただ言ってみただけです。単なる気まぐれですよ」

「ハハッ、そうかい。自他ともに厳しいお前さんが、気まぐれを起こしたか」


 愉快そうに笑うセルジオに、ブレンダは頬を染まらせ、拗ねたようにむくれる。


「いけませんか?」

「さぁな。むしろもっと、そーゆー場面を見せてやったらどうだ?」

「……疲れるので遠慮します」

「そりゃあ残念だのう。ホッホッホッ♪」


 再び笑うセルジオに対し、ブレンダがツッコミを入れることはなかった。

 セルジオは笑いを収めつつ、改めて目の前を歩くマキトたちを見る。


(まぁ、考え方の違いというのは、よくある話だからな。マキトが魔物使いという肩書きである以上、あのまま目覚めるまで見守るという選択肢も、ごく自然なことだと言えるのだろうし……それにしても……)


 後で自分からもマキトにフォローしておこうと思いつつ、セルジオは少しばかり気になっていることがあった。


(あのマキトが魔物を介抱する姿……前にどこかで見たような……)


 セルジオの脳内が段々と真っ白になり、自然とある光景が浮かび上がってきた。

 幼い少年少女が、不格好ながらも一生懸命、魔物の手当てをするその姿。少女は涙目で頑張れと応援し続け、少年は黙々と布を患部に巻きつけていく。

 終わったという叫び声とともに、少年少女は揃って笑顔を見せる。小さな魔物が少年のほうにすり寄り、少年がその魔物を抱き上げた。そしてそこに近づいていく自分が、少年たちに声をかけ……。


「長老様?」


 ブレンダに呼ばれ、セルジオはハッと我に返る。


「ん、どうした?」

「いえ、ボーッとしておられたようですが、どうかしたのかと思いまして……」

「別になんでもないぞ。いつも通り、ワシは元気ハツラツじゃい!」

「そうですか。なら良いのですが……」


 ブレンダの反応に、とりあえずセルジオはなんとか誤魔化したと安堵する。

 そうこうしているうちに、魔力の粒子はより増えてきて、なおかつ滝の音が更に大きくなってきていた。森の最奥が目と鼻の先である証拠であった。

 ようやく最奥まで来たかとブレンダが笑みを零す中、セルジオはさっき頭の中で考えていたことを思い出す。

 マキトが魔物を介抱する姿、そして浮かび上がってきた光景の中で、幼い少年が魔物を手当てする姿。この二つがセルジオの中で、何故か重なって見えてきた。

 確証はない。しかしどうしてもそうとしか思えない。セルジオは表情を引き締めながら、一つの結論を導き出していた。


「やはり、マキトはアイツらの……」


 セルジオの呟き声は、大きくなってきた滝の音によってかき消され、誰の耳にも届くことはなかったのであった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!