第十四話 踊る妖精



「なぁ、もしかしてアイツら、あの時の盗賊たちじゃないのか?」


 数日前、クラーレの家に攻め込んできた三人の盗賊たち。それが今現在、目の前にいる化け物じみた三人と同一人物であると、マキトは言っているのだ。

 その意見に対し、コートニーはとてもじゃないが信じられず、異議を唱える意味も込めてマキトに問い返す。


「ほ、本当に、あの時の盗賊たちなの?」

「赤いバンダナにツンツン頭、そしてあのツルツル頭だ。あれだけ特徴が揃ったのなんて、そうそういるもんじゃないだろ」


 マキトにそう言われて、コートニーも初めてその特徴に気がついたが、それよりもむしろ、変わり果てた特徴のほうが気になって仕方がない。

 緑に変色した体と、不自然に大きくなった手足と、不自然に伸びた爪や歯。

 それらはどう見ても人間というよりは、まるで魔物のような雰囲気を大いに醸し出していた。


「でも、それなら一体どうしてあんな姿に? ヒトが魔物になるなんて話なんて、全く聞いたことがないのです!」

「ボクも流石に、あそこまでなっちゃう魔法は聞いたこともないよ!」


 ラティとコートニーが叫ぶ中、赤いバンダナの男が俯きつつ、なにやらブツブツと呟いている。


「キサマら、コロス……ユルサない……ゥァアアアーーッ!」


 雄叫びとともに赤いバンダナの男が、紫色の爪を伸ばしてマキトに迫る。

 すかさずロップルが防御強化を発動したおかげで、爪を見事なまでにへし折ってしまった。しかし、相手は全く動じていない。それどころか、何も起こっていないかのような反応であった。

 爪が折れたことにより、そこから血が思いっきり噴き出しているのだが、それすらも全く感じていない様子であった。むしろ見ているマキトたちのほうが、痛そうな表情を浮かべていた。


「マスターっ! やっぱりこの人たち、ヤバすぎにしか見えないのです!」

「あぁ、見れば分かる! マジで仕留めにかからないと、俺たちがやられるぞ!」

「だったらボクが!」


 コートニーが風の魔法を発動し、風の刃を相手に叩き込む。

 しかし、その切れ味はさほど良いとは言えず、致命傷を与えるには程遠い。更に魔力量の問題もあり、今のコートニーの実力では、一度にたくさんの数を打ち込むことすらできなかった。

 おまけに今回ばかりは相手が悪すぎた。いくら風の魔法を当てても、ちっとも相手に効いている様子がないのだ。魔物以前にアンデッドを予想させるほどであり、事実そうではないかとすら思えてくる。

 その時マキトは、スラキチを見てあることを思いついた。


「スラキチ、炎で相手の服を燃やすんだ!」


 マキトの指示により、スラキチは炎のブレスを放つ。前に出てきていたツンツン頭の男に命中し、炎が服に燃え移った。

 一体何をするつもりなんだとコートニーが見ていると、マキトがコートニーのほうを向いて叫んだ。


「今だ、コートニー! 炎に向かって風の魔法だ!」

「……そうか、そういうことか!」


 マキトの狙いを理解したコートニーは、相手の燃える服に向かって風の魔法を放つ。すると風によって、燃え上がる炎の勢いが大きくなった。

 風は燃えている炎をの勢いを強くしてくれる。火起こしの際に、息を吹きかけるのが良い例だ。その原理をスラキチの炎とコートニーの風で行おうというのだ。

 狙いどおり、炎の勢いは見事に加速した。流石に炎の熱さには堪えるのか、ツンツン頭の男は叫び声を上げる。

 他の二人がコートニーを止めにかかろうと襲い掛かるが、突如その動きは明らかに減速した。


「させないのです!」


 ラティの魔法によって、他二人も減速。その隙にスラキチの炎とコートニーの風が、再び容赦なく送り込まれる。

 炎の威力は上がり、まさに火だるま状態だ。これが普通のヒト相手ならば、おぞましい光景に違いなかっただろう。

 しかし今の三人は、殆ど魔物同然の存在と見て相違ない。むしろマキトたちは、これでようやく倒せるという気持ちが強かった。

 やがて一人ずつバタッと倒れていく音が聞こえてくる。服も完全に燃え、三人は全裸の状態だ。とはいえ、その体の色や姿からして、ようやく普通の魔物に見えるようになったとしか思えない。

 三人は黒焦げとなり、全く動く気配がない。バンダナはおろか、髪の毛すら燃えてしまったので、もはや誰がどれだか見分けがつかなくなっていた。


「流石にもう、終わったよな?」

「うん。これで生きているとは思えないよ」


 マキトとコートニーの表情に、安心の二文字が宿る。

 いくら魔物並みの変化を遂げているとはいえ、流石に不死身ではないだろうと、二人は思っていた。

 魔物たちも警戒心は解いていなかったが、表情は幾分和らいでいる。完全なる勝利を確信したマキトは、気持ち良さそうに伸びをする。


「いやーしかし、これでようやく終わった……えっ?」


 マキトは目を見開きながら、目の前を凝視する。

 なんと、無残な黒焦げ状態となった三人が、ゆっくりと起き上がって来たのだ。

 これには流石に誰もが驚きを隠せない。先ほどまで威嚇しまくっていたスラキチでさえ、怯えて後ずさりをしている。

 目の前で起きている光景が信じられないマキトは、口をパクパク開きながら、なんとか言葉を絞り出す。


「じょ、冗談だろ? まだ立ち上がるってのか?」

「そんな……あり得ないのです。あんな状態で立てるハズが……」


 戸惑っているマキトたちに、盗賊の一人がニヤリと笑いながら、コートニー目掛けて飛びかかってきた。


「ロップル、コートニーを助けろ!」

「キュッ!」


 マキトの肩からコートニーの肩に飛び移ったロップルが、コートニーに防御強化を発動する。

 ギリギリのタイミングで発動に成功し、盗賊のパンチは強化オーラに跳ね返されてしまい、コートニーは無傷だった。

 ところが今度は別の一人が、ラティを狙って襲い掛かろうとしていた。


「ふやあぁーーっ!」

「ラティっ!」


 パニックになっているラティの目の前に、マキトが両手を広げながら躍り出る。

 盗賊の体当たりによって、マキトは思いっきり後方へ吹き飛ばされた。マキトは地面に叩きつけられ、そのままぐったりと動かなくなる。


「ピキイィーッ!」

「マキト!」


 スラキチが炎のブレスで、マキトを攻撃した盗賊を後ろへ追いやり、他の盗賊たちをも威嚇しながら、炎の攻撃を続ける。

 コートニーもマキトの元へ向かおうとするが、目の前の盗賊たちの相手をするので手いっぱいであった。もし少しでも油断して後ろに行かせたら、今度こそマキトは終わりだ。それだけは絶対に、なんとしてでも阻止しなければならない。

 ロップルもコートニーとともに、防御強化を駆使して、盗賊たちをせき止めている。そんな中、ラティだけは呆然とした表情を浮かべるばかりであった。


「マ、マスター?」


 ぐったりとして動かないマキトに、ラティは恐る恐る話しかける。

 そしてゆっくりと、三人のほうを向き、まるで親の仇を見るような目で睨みつけながら、体をワナワナと震わせる。

 盗賊たちが近づくと同時に、ラティもゆっくりと近づいていく。明らかにラティの様子がおかしいことは、コートニーたちも気づいていた。

 コートニーが止めようと手を伸ばした瞬間、彼女の周りに膨大な魔力が集まってきているのが分かった。

 ラティは涙を浮かべたまま、怒りで震わせた声を呟くように出した。



「よくも……よくも私のマスターを……絶対に許さないのですっ!」



 高らかに叫んだ瞬間、ラティの体が眩く光り出す。とても目を開けていられないくらいであった。

 それでもコートニーはなんとか状況を把握するべく、なんとか薄く目を開けてみる。するとそこには信じられない光景があった。


「こ、これは……?」


 コートニーやスラキチたちが驚く中、ラティの姿形が変わっていく。

 それも小さな変化ではない。小さな妖精からグラマーな大人の女性という、実に大胆かつ予想外過ぎる姿となっていた。

 それがラティであることに間違いはないのだが、流石に急展開過ぎて、コートニーは頭の整理が追いつかない。

 唖然とするコートニーたちをよそに、ラティは真っ赤な魔力のオーラを身に纏いながら、鋭い目つきで盗賊たちを睨みつける。


「我がマスターを傷つけた報い……その胸に刻み込んでいただくのですっ!」


 その声や口調も、紛れもなく別人そのものであった。

 幼少の子供のような甲高い口調から、少し低めな大人の女性のような口調。これだけでも驚く材料としては十分過ぎるぐらいであったが、むしろ本番はここからであった。

 ラティの鋭い視線が、盗賊たちの動きを完全に停止させる。相手が震えているのを見ると、純粋に恐怖を感じているようだ。

 その瞬間、ラティが動き出すと同時に、赤いバンダナの男が吹き飛んだ。

 ラティが蹴りを放ったのだと理解するのに、コートニーたちは数秒を要した。それほどまでに凄まじいスピードだったのだ。

 蹴り、パンチ、魔力玉。いずれもシンプルな攻撃ながら、そのスピードとパワーは、まさに圧巻の一言。そんなラティを唖然としながら見ていたコートニーは、一つの仮説に辿り着いた。


「これってもしかして、ラティの怒りそのものなのかな?」


 そうとしか思えなかった。彼女が浮かべている表情からしても、体から噴き出している赤いオーラの禍々しさからしても。

 ペース配分なんて、当たり前のようにお構いなし。もはや一種の暴走状態だ。


「グワアアァァーーーッ!!」


 盗賊たちの苦痛にまみれた絶叫が響き渡る。

 体のあちこちが変な方向に曲がっており、もう立ち上がることもできない。もう勝負はついたと判断できるのに、ラティは未だ攻撃の手を休めてない。


「まだまだまだあああぁぁーーーーっ!!」

「グボオアァッ!?」


 次から次へと繰り出される攻撃の数々。同時に響き渡る痛々しい叫び声。まるで性格まで変わってしまったかのようだ。

 コートニーもスラキチも、そしてロップルも、揃って言葉を失っていた。アレは本当にラティなのか、実は夢でも見ているんじゃないだろうかと、コートニーはそう思いたくなっていた。

 目の前に広がっている光景は、あまりにも現実離れし過ぎている。しかしそれでも、拳を握り締めながらコートニーは思う。これは紛れもない現実であるのだと。

 周囲から大量の魔力が流れていた。ラティが大きな魔力玉を形成しているのだ。突き上げた両手に集まる光は眩く、神々しさすら感じられるほどであった。


「沈めええぇーーっ!!」


 魔力玉が思いっきり投げつけられ、盗賊たち三人にまとめて命中した。

 大爆発を起こし、暴風と砂煙が襲い掛かる。コートニーはスラキチやロップルを庇いながら、必死に目を閉じて砂と風圧に耐えるのだった。

 やがて風が収まり、恐る恐る目を開けてみると、盗賊たちの姿は跡形もなく消えてしまっていた。

 周囲には赤いバンダナや服のカケラなどが散らばっている。魔力によって、体だけが吹き飛んだのだと、コートニーは判断した。


「あっ……」


 ラティの体が再度光り出し、元の手のひらサイズへと戻っていく。

 光が止むと、いつものラティの姿が現れる。しかし、そのまま目を閉じて脱力してしまい、地面へと落下してしまう。

 急いで駆けつけてみると、すぅすぅと落ち着いた息づかいで眠っていた。


「良かった。大丈夫みたいだ。それにしても、今のは一体……?」


 コートニーが安堵しつつも首をかしげていた時、後ろから声が聞こえてきた。


「妖精が持つトランス能力ですよ」

「えっ!?」


 後ろを振り返ると、いつの間にか一人の青年がいた。しかも倒れているマキトの様子を伺っていた。

 紺色のローブを身に纏う黒髪の人間族。細い目の色は青かった。昨日出会ったワイン色のローブの人物とは、また違う感じを思わせる。


「驚かせてしまってすみません。僕は通りすがりの人間族です」


 にこやかに笑う青年に、コートニーとスラキチは警戒の眼差しを向ける。

 青年はその反応を予想していたのか、特に反応も見せず、眠ったままのマキトのほうに視線を戻した。


「失礼ながら、彼の様子を拝見させていただきました。どうやら相当なまでに体を強く打ってしまっているようですね。よろしければ、これをお使いください」


 青年はポーチから、青い液体の入った小瓶を取り出した。


「それは?」

「強力な回復薬、とでも言っておきましょう。念のため申し上げておきますが、毒はありません。ヒトにも、そして魔物にも……」

「そんなこと言われても……信用できないですよ」

「えぇ。そこは僕も重々承知しております。ここに二本ほど置いていきますから、使うかどうかはご自由にどうぞ」


 そう言いながら、青年は同じ小瓶をもう一個ポーチから取り出し、マキトの傍に置いて立ち上がり、そのまま立ち去ろうとする。


「ま、待ってください。その……さっき言ってたトランス能力って……」


 慌てて呼び止めるコートニーに対し、青年は振り返らずに語り出した。


「妖精だけが持つ特殊能力ですよ。変身することで、身体能力と魔力を強化させ、攻撃に特化した状態を作り上げるんです」

「そんな能力が……」

「もっとも、それを開花させる妖精は、ほんの一握りだとも言われてますがね」


 話を聞いたコートニーたちは、揃って驚いた表情でラティを見る。妖精がそんな凄い能力を持っていたなんて、全く知らなかった。

 恐らく殆ど知られてないのだろうと、コートニーは思った。あれほど見た目からしても凄いのに、ウワサの一つすら聞いたことがないからだ。

 もしこの事実が広まったら、一体どうなるか。大きな反応を見せるか、それともガセネタだと言われて一切信用されないか。

 恐らく後者のほうが多そうだとコートニーが思ったその時、青年は更に告げる。


「あぁ、それからもう一つ。できるだけ早めに、ここから移動したほうがいいですよ。とある一台の馬車が東から近づいて来てますからね。恐らく王宮関係者であると予測はしていますが」

「え、それって一体どういう……」

「残念ながら、詳しいことは僕にも分かりません。しかしあなた方の場合、色々と面倒なことになる可能性が高そうに思えます。その理由については……言わなくてもお分かりではないかと思いますが……」


 青年の言葉に、コートニーは確かにそうかもしれないと思った。

 ただでさえ魔物を連れてるだけでも珍しいのに、ラティたち三匹は、種類的にも珍しいとされている。色々と勘繰られることは、どうしても避けられないだろう。

 コートニーの中に少々の焦りが出ているのを察した青年は、更に付け加える形で告げるのだった。


「幸いなことに、まだ遠くのほうにいますから、恐らくこの場にくるまでに、一日くらいの猶予はあるでしょう。僕はこれで失礼します。確かに伝えましたよ?」


 言うだけ言って、ローブを翻しながら青年は踵を返す。

 その瞬間、青年の周囲を強風が吹きつけてきた。コートニーたちは反射的に目を閉じて砂埃を避ける。

 そして風が止んで恐る恐る目を開けると、もう青年の姿はどこにもなかった。

 一体あの青年は何だったんだろうと、呆然としながら消えた方向を見つめていたその時だった。


「キューッ!」


 ロップルが青年の置いていった小瓶を指さしながら、コートニーに叫んでいる。

 早くこの薬を使おうよ、と訴えているようだ。マキトもラティも、未だに目覚める様子が全くない。おまけにのんびりしているヒマもないことを考えると、どうしても選択肢は限られてくる。


「一か八か、使ってみるしかないか」


 コートニーは意を決して、小瓶のフタを一つ開け、液体の匂いを嗅いでみる。クスリ独特の香りを感じ取り、大丈夫であってほしいと願いつつ、マキトに液体を飲ませた。

 すると、マキトの体が少しずつ暖かくなり、血色が良くなっていく。一分も経たないうちに意識を取り戻し、マキトはゆっくりと目を開けた。


「ここは? あれ、そういえば俺、確か盗賊たちと戦って……って、ラティっ?」


 マキトはガバッと起き上がり、倒れているラティに駆け寄る。

 コートニーも転がっているもう一つの小瓶を拾い、ラティの元へ走り出した。


「おい、一体どうしたんだよ?」

「マキト! ゴメン、ちょっとどいて!」

「え、な、なんだよいきなり……てゆーか、それ一体なんだよ?」


 その問いかけにも答えず、コートニーはラティにも液体を飲ませる。

 妖精は体が小さく、当然のように口も小さい。よって、零さないように飲ませるのが少し大変であった。

 それでもなんとか飲ませると、マキトと同じような反応を示し、ラティは無事に目覚めるのだった。


「んぅ……あれ、もう朝なのですか?」

「良かった、気がついたんだね」

「ふゃあ?」


 ラティが起きぬけ特有のボーッとした表情で見上げてくる。そして段々と意識が覚醒してきて、マキトと同じような反応を見せていた。

 一体何がどうなったのか、マキトとラティが顔を見合わせる中、スラキチが飛び跳ねながら叫んでくる。


「ピキーッ!」

「あっ、そうだったね。ボクたちも急がないと……」

「お、おい、一体どうしたんだよ?」

「後でちゃんと説明するよ! それよりもマキト、体はもう大丈夫? 走れる?」

「えっと……」


 コートニーに促され、マキトは試しに立ち上がってみる。体は恐ろしく軽かった。さっきまで気絶していたとは思えないくらいに。

 どうやらラティも同じらしく、実に軽やかに空を飛んでいた。そしてそんなマキトたちを、唖然とした表情でコートニーは見ていた。


(さっきの薬……そんなに凄まじい回復力を持っていたんだ。あの人は一体……)


 突然現れ、風のように去っていった謎の人物。助けてくれたことは確かだが、本当に味方なのかどうかは分からない。

 コートニーがそんなことを考えていると、少し走り回っていたマキトが、機嫌良さげに笑顔を浮かべていた。


「うん、大丈夫。これなら思いっきり走れるぞ……って、どうしたんだ?」


 キョトンとしながら訪ねてくるマキトに、コートニーは脱力する。しかし今は移動することが先決だということを思い出し、どうにか立ち直った。


「……いや、とりあえず平気そうなら良かった。とにかく、急いで西へ行こう」


 そう言って、コートニーはスラキチを抱えて西へと走り出した。ロップルがその後に続いて勢いよく走り出す。

 マキトとラティは状況が掴み取れず、呆然と座っているばかりであった。

 振り返りながら「急いでーっ!」と叫ぶコートニーの声が、いやに響いてくるような気がした。


「よく分からないのですけど、わたしたちも急いだほうが良さそうなのです」

「あ、あぁ……おーい、ちょっと待ってくれよーっ!」


 マキトとラティは戸惑いながらも後を追いかけ、やがてすぐにコートニーたちに追いついた。流石に戦闘直後であるためか、コートニーの息は荒い。

 マキトはコートニーからスラキチを預かり、そのまま手に持って走る。明らかに元気すぎるその様子に、やはりコートニーは疑問を浮かべずにはいられなかった。


(まぁいいや。とりあえずこれも、後でゆっくりと考えよう)


 そう決めたコートニーは、とにかく無心になって、ひたすら走るのだった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!