寿司は飲み物?

のば

第1話 達也の場合

「ただいま〜、とーさん腹減った

なんかない?」

「なんも無いわい。

晩飯まで待て」

「ん、ご飯があるじゃん。

寿司作って食うよ」

ん?具材はないぞ。


丼にご飯をよそう。

寿司酢をかける。

よく混ぜる。

刻み海苔をふりかける。

わさびを醤油に溶く。

かける。

完成。


達也、キミはこれを寿司と呼ぶのか?


「いただきま〜す!」

んぐんぐんぐ♪


おい!それは寿司を食う時の効果音じゃないぞ。


「よし、もう一杯!」


だから!もうすぐ晩飯だって!

「大丈夫!全部食ったら次炊いとくから」

そういう問題じゃない!


中学生の胃袋は恐ろしい。

その後晩普通に晩ごはんを食う達也だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

寿司は飲み物? のば @bamboo_4

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ