究極のポーター 最弱の男は冒険に憧れる

作者 長野文三郎

465

166人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

お話の設定やキャラなどどれも面白くさくさく読めます。
よくある主人公に周りの女性が好意を寄せていくことがあるものの最初に出会ったヒロイン一筋という期間が長いです。
正直私はあんまりハーレム得意ではないので多少ぐらつきながらも一途な主人公に好感が持てました。

ただここからネタバレになりますが、続きが気になり先に連載している小説家になろうのほうで先を読むと現在ヒロインともう一人とでの重婚でハーレム展開になっていました。
かなり長い話数一途でハーレムタグもなかったので結構衝撃でした。
正直ハーレム展開はなさそうだなと安心してたので、私のようにあまりハーレムが得意でない方は途中から注意が必要です。
※現在まだこっちの連載ではハーレム展開にはなっていません。
ただ新婚旅行が終わるあたりから注意が必要です。

★★★ Excellent!!!

異世界転生においてレベルアップや劇的進化やチートが当たり前なっている昨今。この小説の凄い所はズバリ―――主人公のレベルが一個も上がらない点です。
ステータスはそのまま。攻撃力や防御力は極めて低いが、持ち前のスキルとズバ抜けて高いMPと発想力を活かし、仲間達と一緒にダンジョンを踏破するという内容は斬新でありながらも、ちゃんと主人公が成長しているというところを実感出来るのが凄い。
今後の彼等の冒険譚には目が離せません!