第九国境警備群

作者 @0guma

第廿五篇 偽装道楽」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 「ようじょしぇんき」のヴィーシャなら何でも喜んで食べそうだけどね…

    なんたって芽が出てるジャガイモでも平気で食べるから(^o^)

    作者からの返信

    本作に登場する社長秘書さんは常識的な方なんですよ、きっと。とはいえ、本作の登場人物は皆基本的に常識人なんですけども!(え?)

    2020年2月1日 12:53 編集済

  • たまに読み返すとまた面白く新たな発見があります。

    こうなると戦後日本を陰から支え続けたなんて、半ば都市伝説化しつつある
    安岡何某氏、と社長との対談、なんて面白そうだなと夢想してしまいました。

    作者からの返信

    嚙めば嚙むほど味が出る、スルメのような作品を心がけてはいますが、再読に耐えられるといわれると嬉しい限りです。

    2019年12月27日 18:49

  • そろそろ大統領暗殺とか来るかなぁwktk

    作者からの返信

    大統領さんが水門で転ぶ話なら書くかもしれない……。

    2019年9月22日 09:24

  • そしてサラマンダーカンパニーは、傘下にトランジスタとラジオ製造販売を担う子会社を立ち上げ、世界の家電・オーディオ機器にて高いシェアを誇る企業として拡大し、はては不動産から保険、金融、教育業とワールドワイドにコングロマリット化してゆくのであった。 あ、誰かこいつを止めて!

    作者からの返信

    社長「東京通信工業……? よし、出資だ!」

    2019年7月10日 00:38

  • これだけ秋津洲の有望株に産業の初期から絡むと、経済的に属国待ったなしやん
    太平洋戦争とかどっちにとっても悪夢にしかならないから、デグさん的には悲劇を未然に防いだ感もあるのか

    作者からの返信

    果たしてザラマンダーの餌場を属国扱いできる豪の者が合州国に存在するか。それが問題だ……。

    2019年7月8日 20:15 編集済

  • カップヌー○ルは誰が作っても美味しい。
    だが…ポッ○ヌードルは現役シェフですらサジを投げるシロモノ。
    どうしてこうなった?

    作者からの返信

    即席麵すら不味くできるのが、連合王国の真の恐ろしさです。
    まさにラスボスと言うべきでしょう。

    2019年7月8日 16:22

  • いつも楽しみにしています。
    この前段の、休暇中の社長に緊急依頼があった話を読んだ気がするのですが、こちらではなかったでしょうか?(違ってたら申し訳ありません)

    作者からの返信

    そっちはweb原作第八五話のおまけですね。
    本作はweb版からシームレスに読み継げることを意識してはおりますが、完全完璧な二次創作ですので、お気を付け下さい!

    2019年7月8日 16:21

  • 更新ありがとうございます!
    なんというか今度はこのネタか~~~、って感じでうなるばかりですw

    デグさん、あんまり秋津洲をいじめんといてね・・・・

    作者からの返信

    だんだんネタが尽きてきまして……。
    ただ、食べ物ネタはやりたいネタではあったんですよ。なんか狙ったのと違ったものに仕上がっちゃいましたが。

    2019年7月8日 14:21

  • 日本即席食品工業会(の前身)の会長に安藤百福氏が就任したのは……

    あまりに自分の発明した即席ラーメンの特許を勝手に利用されまくってプチキレ特許訴訟を大々的に起こそうとした安藤百福氏を宥めるためだった

    なんて話をどっかで読んだのを思い出しました

    作者からの返信

    日本でまともに知財が運用されるようになったのって、案外と最近なんですよね。任○堂のY内元社長も著作権なんか無視してみんなコピーしようぜ!みたいなこと喋ってるのをNHKの某番組で流れてましたし。

    2019年7月8日 14:20

  • たしかに刺し身って、何も知らない外国人目線だとそうなるよなぁw
    カップ麺の発明は偉大!!

    誤字報告です。
    「生魚をスライスしただけのものを料理呼ぶのは抵抗がある秘書だった。」の「料理呼ぶ」が、「料理呼びする」か「料理と呼ぶ」の誤字かと思います。


    作者からの返信

    誤字報告ありがとうございます。
    即席麵の発明は20世紀の偉大な発明の一つだと思います。軍用レーションとして本当に採用されている国もあるとか……。

    2019年7月8日 10:26

  • 最後、カップ〇ードルの話になるとは。

    作者からの返信

    世界を変えた発明、その裏には一人の人物の暗躍があった……と後の歴史番組で騙られそうなお話。

    2019年7月8日 10:30

  • 日本食ブーム以前の、日本食に対する世界からの認識が懐かしいですね。

    作者からの返信

    その年月の間に洗練されたというのが実際のところなんじゃないですかね。

    2019年7月8日 02:00

  • 知財に疎い秋津洲かぁ〜、何度か悲しい思いをしましたね、確かに。

    作者からの返信

    今は昔の話になりましたが、知財関係って昔は酷かったですよね。

    2019年7月8日 01:59

  • 幼女戦記食堂 WEB版ですか?

    作者からの返信

    おかしい。ちゃんと糧食の話を書こうと思ってネイティック研究所のこと調べたりしてたのに……。

    2019年7月8日 01:58

  • 秘書「以前レストランにご一緒した時も社長が「このアライを作ったのは誰だ!」って言って厨房に怒鳴りこんだりしたんですよ。」

    作者からの返信

    どっかの新聞社と提携してそうな(笑)

    2019年7月8日 01:58

  • 日○食品の頭を押さえましたね。

    作者からの返信

    HUNGRY?!

    2019年7月8日 01:56

  • 今じゃ世界で大流行だから分らないもんであるw

    作者からの返信

    実は2000年頃まで旨味の存在すら欧米では信じられていなかったという……

    2019年7月8日 01:56

  • ああ、また胃痛連盟が頭抱えてそう(証拠でないのに調べろと
    胃袋を掴むのは重要なことですからね(飯テロ
    医薬品の方は何とかならないのだろうか(胃薬関係

    作者からの返信

    そういえばweb版には余り医薬品の記述がないのですよね。
    果たして抗生物質の量産化に成功しているのかどうか……。

    2019年7月8日 00:37

  • 白米のうえに生卵...いったいなんなんだ...()

    作者からの返信

    うっかり真似をしたら死んでしまいますね! ああ、恐ろしい!

    2019年7月8日 00:23

  • あとはコミーにかぶれた学生を追い込んで籠城戦させて、包囲する警察に差し入れして食べてるところをマスコミに撮らせれば順調に事業が回りそうですね。

    作者からの返信

    今や国内より海外での消費量が多い製品ですから、国際展開で利益もバッチリですよー。

    2019年7月8日 00:23

  • インスタント麺の保存食としての完成度は異常
    お湯を沸かすだけでできるまともな味な保存食なうえ、非常時にはそのまま齧ったり、お湯じゃなくて水で戻して食べてもいいという。

    作者からの返信

    あれは本当に世界を変えた発明だと思います。

    2019年7月8日 00:21

  • 朝ドラだー!

    しかしすっかりゲテモノ好き扱いの社長である

    作者からの返信

    某フィラデルフィアのうだつの上がらないボクサーさんが生卵を飲むシーンって、あれ下手物の表現だったとかなんとか。
    ちなみに日本では洗卵・消毒しているので生食できるのであって、他国で同じ安全性を期待してはいけないんですけどね。

    2019年7月8日 00:20