第九国境警備群

作者 @0guma

第十六篇 庭園」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 更新やったぜ!
    しっかしオジサンも大変だな、功勲を思えば爵位を貰って
    引退しててもよいものを、なまじ関わったがばっかりに...

    しっかしケンブリッジ5といいゾルゲ事件といい、こうもハイソを方々を赤にしてしまうげに恐ろしき共産主義。

    作者からの返信

    関わった者すべてを不幸にしていくT/D案件……。

    2018年8月21日 09:58

  • 「君たちが……いや、我々が恐れ、封じ込めようとしたものの一部だ」…「アキラ」かよ⁉
    校長さん、おじさん、チィーッす。胃は大丈夫ですか?
    校長さんの本編での病気休職を考えると、ここはまだ初期の段階ですね。
    もう論文封じ込め用の施設があるのが笑えます。

    作者からの返信

    校長先生、トランキライザーを常飲している時点であまり大丈夫じゃないような……。

    2018年8月16日 12:27

  • ビバ更新!
    ありがとうござます😊

    作者からの返信

    暑くって暑くってパソコンの前に座ってられない……。

    2018年8月15日 22:10

  • 今頃になって、こんな角度から、戦中に情報戦でぼろ負けしてた具体的な証拠の一端を突きつけられるとか……
    もう私のライフゼロなのよねって感じが。

    作者からの返信

    いや、連合王国が圧勝してたんですよ。ただ前世の記憶持ちの例外が一人いただけのことで……。

    2018年8月15日 22:09

  • リストから外された人物があることで、正しい対処が取れる訳で…
    連合王国にとっては良い事ですね。
    そこまで詳しく人材を把握されてた事を思うと胃は痛むのでしょうけどw

    作者からの返信

    実は把握してたんじゃなくて、「知ってた」わけですけども(笑)
    その方がよっぽど困りますわな。

    2018年8月15日 22:08

  • A 彼女は、コミーが大嫌いです。

    作者からの返信

    X論文書いちゃうくらいですからねぇ。
    あれ、いつ頃書いたんだろう(苦笑)

    2018年8月15日 22:08

  • 更新ありがとうございます!。

    次はいつになるかと思うと、早速舐めるように歯牙むように読ませていただき…、直ぐに訳わかんなくなりましたよお〜 *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*。
    とりあえず、デグさんすごーい。
    0gumaさんも、すごーい。
    校長とおじさん、かわいそおー。

    スカウトする人材は、キムとかの有名人なら前世知識でわかるでしょうけれど、無名の数学者1人1人については、どうやって選別したんですか?。

    作者からの返信

    ネタばらしをすると、ケンブリッジ・ファイブの最後の一人は……なので、キムを知ってればあの人のことも知ってるはず、という推測ですね。

    2018年8月15日 13:04

  • 現代でも食い詰めた化学者なんかが怪しげなスカウト受けて怪しげな研究を高給貰ってやってたりするサスペンス小説が結構ありますし。

    続きを楽しみにしてます♪

    で、小説の主人公はそう言う化学者の一人に扮して潜入して……

    作者からの返信

    学者の給料を下手に減らすと碌なことにならないですよね。しかも機密に関わった人を戦後ほっぽり出したりと、某国ってやることが酷い……。

    2018年8月15日 13:03