第九国境警備群

作者 @0guma

第五篇 記録映画」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 冷戦時代の東西ドイツはスパイ・フィクションのネタの宝庫でしたが、昔読んだル・カレの小説なんかを思い出しました。
    帝国には情報部こそ有りましたが、諜報・防諜には疎いイメージが。
    閣下の未来知識はあれど、これからの組織構築や連邦との暗闘はたいへんそうです。

    作者からの返信

    戦後は情報部門に力入れたんじゃないかと思うんですよね、レルゲンさん反省しまくって。
    それにほら、人員を鍛えてくれる会社が合州国にありますしね。

    2018年6月27日 17:58

  • このネガももしかしたら『偽物(あるいはデュープ)』なのかも知れん。
    で、ある日突然何処かの映画祭で映画館で公開されて連邦のお偉いさんが発狂するかも知れんね。

    続きを楽しみにしてます♪

    撮った撮影機が一台だったとは、『本編』にも書いてなかったし。

    作者からの返信

    第一書記閣下の合州国漫遊記とかとても楽しみデスね!(書かないけど)

    2018年1月26日 01:49

  • 続いた!ありがとう!

    作者からの返信

    基本一話完結形式で、ネタを思いついたら書くというスタイルなもので、壮大なストーリーなど期待せずに気長くお待ちいただければ幸いです。

    2018年1月8日 18:35