第15話

 ドアの向こうから顔をのぞかせたももを見て、私は文字通り腰を抜かしそうになってしまった。ももは驚愕する私を無視して、さっさと玄関に足を踏み入れた。


「今日隣に引っ越ししてきた、堀込桃っていーます。よろしく」


 滅多に使わない敬語を話すももは洗剤を差し出して、深々と頭を下げた。それから顔を上げると、にっこりと笑みを見せた。私の動揺とは裏腹に、落ち着き払っているその表情が信じられなかった。


 引っ越し?洗剤?どうしてここにいるの?何のために?誰にこの場所を聞いたの?


 沢山の疑問が矢継ぎ早に頭の中をよぎる中、私はももの顔を穴があくほど見つめた。彼女の存在は夢の中の出来事のようでまるで現実感がなく、頬を抓れば簡単に目が覚めてしまいそうだった。


「お前の隣の部屋、今日からあたしが住むんだよ。驚いたか?」


 いやー、黙ってるのも大変だったよ。あたしってほら、嘘つけねーからさ。嘘つくやつの罪悪感が分かって、いい経験になったよ。これからは嘘つかれても簡単に怒らねーようにしないとな…ももはそんなことを言って、私の小さいワンルームに足を踏み入れてきた。

 ももは先ほどまで私がそうしていたように、空っぽの部屋の真ん中で大の字になって寝転がった。ももの側まで歩いていき、震える声でつぶやく。


「何しに、来たのよ」

「お前を追いかけてきたんだよ」

「何のために…そんなことするのよ。私は追いかけてきてくれなんて、頼んでない」

「あたしが、そうしたかったからだよ」

「何で?」


 尋ねる声に涙が混じってしまう。どうして、あなたは、こんなことをしてしまうの。自分の感情の揺れに気づいた途端、私は寝っころがるももの上に覆い被さった。鎖骨のあたりをぽかぽかと叩き嗚咽する。ももは笑って、私の頭をゆっくりと何度も撫でた。やっと私の涙が収まり落ち着いたころ、ももは私の三つ編みにしたおさげに触れながら口を開いた。


「あたし、本当はかなり怒ってんだからな。お前が勝手に、あたしから離れていったこと。別れも言わずに、どっかに消えてこうとしたこと、マジ、一生、許せねーよ。お前はいっつもそうだ。本当は、お前の何があたしを傷つけてるかって、考えたこともねーんだろ」


 何にもない空っぽな部屋で、私とももは抱き合ったまま沈黙した。聞こえるのは、ももの心臓が鼓動を刻む音だけ。もしかしたら、それは私のものかもしれない。とても早いスタッカートのテンポだから。

 ももの身体は骨ばっていて男の子のそれみたいなのに、私よりも大きい胸が少しちぐはぐだった。私の身体にぴったり沿う形をしている肩に頭をもたれさせると、私の使っているものと同じシャンプーの香りがした。


「いいか、良く聞け。あたしはな、お前が思ってるよりずっと、お前のことが大切なんだ。あたしを置いてくなよ。あたしは、お前が居ないとダメなんだよ」

「それは、こっちのセリフだよ。ももには、みどりくんがいるじゃない」


 私の嫌味とも意地悪ともつかない言葉にももは絶句した。しばらくしてももは「あーもう、難しいこと考えらんねー、あたしには」とかなんとかぶつぶつつぶやいて、頭を二三度振った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る