第29話 休日のデート

貴哉の部屋の冷蔵庫には呆れるほど何もなかった。

昨日のコンビニで買ったパンとサラダで由梨はサンドイッチとスープを準備して貴哉に声をかける。


「もう少し、寝ますか?」

「ん…起きるよ…」

貴哉は半身を起こしてベッドに肘をついて由梨を見つめる。


「どうかしました?」

「こういうの、なんかいいな。新婚みたいだ」


「そ、そうですね…」


軽くキスをされて、貴哉が起きるとその見事な裸体が惜しげもなく晒される。相変わらずドキドキさせられるのはもう仕方がない。

軽くシャワーと着替えをした貴哉は、スポーツウェア姿である。


「これ、食べたら走ってくる」

「あ、はい」


小さなテーブルを挟んで向かい合わせに座り、由梨の作った料理を食べる。


「ごちそうさま、ありがとう」


そう言うと貴哉はそう言うと慣れた手つきで手早く食器を洗うと、


「留守番、大丈夫だよな?」

「あ、はい」


貴哉は由梨をそっと腕を掴んで引き寄せると耳元で囁いた。


「誰か来ても、出たら駄目だよ?」

「あ、はい。もちろん」

「昨日の、変態がエッチな声を出してた由梨の事を見に来るかも知れないから」

ニヤリと笑われて

「なっ…」

由梨は言葉を詰まらせた。


(どっちが変態!)


まさかそれを由梨は言葉にするわけにはいかなかった。きっともっと、変態な事をしてくるに違いない…。

少しずつ黒い貴哉に気がつきつつある由梨はそう思った。


しかし、昨日の事を思えば一人でここの住人の誰かと顔を合わせるのが怖いと言えば怖く、由梨は忠告を守る事にする。


ベッドを片付けたり、見つけたコロコロで掃除をしたり、由梨は貴哉の帰宅を待った。


30分程で帰宅した貴哉は再びシャワーと着替えをする。


クローゼットの中にある洗濯機に洗い物をいれると、貴哉はコーヒーを淹れてくれる。物がないというのに、コーヒーメーカーはあるのだ。


「朝の一杯は美味しいものから始めたくない?」

「そうですね」


由梨はあまりブラックコーヒーは飲まないが、この貴哉の淹れてくれたコーヒーはとても美味しかった。


コーヒーを飲みながらの話でテーマパークに行くことに決まり、由梨はワクワクしてきた。


貴哉の車で向かった有名なテーマパークは、入るときからとても混みあっていたけれど並ぶ時間さえ貴哉といると全く気にならなかった。


「ああいうの、着けないの?」

キャラクターの物を身につける人が多いが、

「いえ、いいです」

「そ?」

貴哉は着けたことがあるんだろうか?その疑問がとどいたのか


「由梨がしたいなら付き合う気はあったけど」

にっこりと微笑まれて、由梨は声をあげて笑った。想像しただけで、違和感が物凄い。


「でも、絶叫系には例え由梨が嫌がっても乗せるけど」

昔、乗った時に怖かったとためらう由梨を貴哉はじゃあ、と今並ばせているのだ。


「昨日から意地悪です」

「昨日ってなんかしたかな?」

しれっと言う貴哉に由梨は口を尖らせた。

「いっぱい、したんだから…」

「俺の記憶でいうと、由梨はとても喜んでいたけどな」

「…ほんとに…意地悪」


やがて順番が来て、由梨は思いっきり叫ぶと良いよ、と言われて、思いっきり叫ぶ事にした。


「どう?スッキリした?」

「驚くことに爽快でした…。でも、怖いですけど」


乗り物もショーも程ほどに満喫出来て、由梨はこの日は一日中笑顔で過ごした。


遅くなりすぎない時間でパークを後にすると


「明日は大学の仲間とテニスなんだ」

帰宅途中で貴哉は、すまなさそうに由梨に言う。近頃はほとんど週末を一緒に過ごしていただけに残念な気持ちになる。

「あ、そうなんですね」

「ひさしぶりに、コートをかりて」

「何だか似合いますね」

「そう?」

貴哉は何でも出来そうだな、と思いながら由梨は

「スポーツなら何でも出来そうです」

「そんなわけない。出来ないことはたくさんあるよ」

「でも、私より絶対に何でも上手ですよきっと」

「じゃあいつか、由梨にテニスでも教えるか」

「ええっ!多分ボールを打つことも難しいと思いますよ?」

そう言うと、声をあげて笑っている。


気持ち的にはあっという間に、家に着いてしまう。

その後の別れ際はいつも寂しい。特に楽しい時を過ごした後は…

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます