第28話 翻弄

お正月に行った紺野家も、こちらの貴哉の暮らす部屋もどちらもとても衝撃的だ。


あちらは豪華すぎて、こちらは物が無さすぎる。


「男のひとり暮らしなんてこんなものだよ」

「そうなんですか…」


ソファに座ると、

「シャワーはいってくるから、ちょっと待ってて」


タブレットを出すと

「TVでも見てる?」

「あ、はい」

何もついてないと、そわそわしてしまいそうだ。


タブレットを操作して、TVをつけてくれる。TVを見たいわけではないけれど目のやり場がなく、なんの番組かも頭に入らないくらい眺めるのみだ。


少しして、貴哉が濡れた髪のまま出てくると、その色っぽさにくらくらしてしまう。

自分の部屋と言うことで、いつもより寛いだ雰囲気なのだ。

「由梨も、入るだろ?」

「あ、はい」

「着るの持ってきてる?」

「あ、はい。大丈夫です」


「じゃあ、タオル」

と渡される。


男の人って…こんなに甲斐甲斐しいのかな…。

「どうかした?ちゃんと、洗ってあるよそれ」

くすっと笑われて由梨は慌ててバスルームを借りる。


(どうしよ…今さら、だけど恥ずかしいかも…)


貴哉のバスルームは、彼の匂いがするし、お風呂を使ったあと、由梨はどうするべきなのだろう…。貴哉が綺麗にしすぎてて戸惑う。


(髪とか…絶対落ちちゃうし…)


由梨は出来るだけ最後綺麗にして、バスルームを出てドライヤーを使う。


そうっと、部屋に戻るとソファは足おきが長く伸ばされていて、貴哉はそこに寛ぎつつビールを飲んでタブレットを見ていた。


ちょこんと、由梨は床に座ると


「なんでそこ?」

貴哉に笑われて、由梨は腕を引かれて貴哉のそばに座り直す。

「ちょっと、画面小さいけど、なんか見ようか」

貴哉が映画の見放題リストの中から探している。


「あ、それ、見たいです」

「これ?」


由梨が示したのは、洋画であった。

「よいしょ」


貴哉がテーブルにタブレットを置いて、由梨を傍らにして映画を見始める。


前に一緒に見た映画はヒューマンドラマだったけど、今度は恋愛物を選んでみた。少しのコメディ要素もあり、楽しく見れた。


疲れたのか、途中から貴哉は眠りに落ちていた。

由梨は、回りを見回して、布団を探す。


少しさわると、背もたれが倒れてフラットになりそうで、由梨は貴哉を起こさないように動かした。


(ちょっと…残念…)

微かな寝息をたてて眠る貴哉は何だかとても、可愛く見えた。


***

「あ…」

短い叫び声がして、由梨はうっすらと目を開けた。

貴哉が寝てしまったので、由梨もその隣に横になりいつの間にか眠っていたのだ


「やべ…俺、寝てたな…」

しまった、と言うように前髪をかきあげている。


「最悪だな、俺」

「疲れてたんじゃないですか?」

「せっかく…由梨と過ごしてたのに」


体温で温まったベッドの中で、ぎゅっと抱き締められる。


「由梨は…いつも俺に文句とか、言わないな…」

「そうでしたっけ?」


「うん」

「貴哉さんがいつも、私を大事にしてくれてるから、文句を言えないんじゃないですか?」

由梨は小さく笑った。


「俺はやっぱり由梨の笑顔が好きだな…」


軽くキスをされて、由梨はうつらとしながら微笑んでキスを返した。

「そんな事をしたら、止まらなくなるけど?」

由梨はそっと目を開けた。


「ん…止めないで…」

ぼんやりとしているからかついそんな事を言ってしまった。

由梨は貴哉の背に腕を回した。

「…ここ薄くなったな」


そこは、貴哉のつけた所有印のあった胸の谷間である。

同じ場所をまたきつく吸われて由梨は、吐息を漏らした。

貴哉のキスが、由梨の唇からはじまり、あちこちに散っていく。

次第に由梨の息は荒くなり、時おり喘ぎが漏れ出す。


「あっ…!」

由梨が身を震わせた、その時である。


部屋の壁に何かぶつかる音と、隣で誰かが『うるせぇ』と叫ぶ声がして、由梨は口を塞ぎ、貴哉は動きを止めた。


「わ、私…そんなにうるさかったですか…!」

恥ずかしくなり、聞くと


「いや…もっと出させたいくらいだけどな…」

貴哉はそう言うと、その壁がわに向かい、由梨の体にキスをしていく。


「や、ダメ。聞こえちゃう」

「だったら我慢して…」


「…やだ…こんなかっこ」

「こんな、ってどんな…?」


(やだ…完全に黒い貴哉さんになってる…)


わざわざ壁際で由梨は貴哉にさんざん翻弄される。


「…言ってみたら?」

くすっと笑みを交えた、艶っぽい声だ。けして大きくはない声なのに、由梨の耳を刺激してゾクゾクさせる。


「ぃ、や…」

「静かにしないと、聞こえてしまうよ隣に」


その声と共に激しくされて由梨は、我慢が出来なくなっていく。


「エロい声が聞かれるよ?…」

「やぁ…意地悪、しないで…」


わざとしているに違いない貴哉に由梨はひたすら翻弄されていく。

そこでくったりとするまで貴哉に攻められた由梨は、ようやくベッドに戻されて、またそこでも喘がされる。


その時には隣の事など由梨の脳裏には残っていなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます