乱の章

第27話 不信

正月が終わり、仕事がいつものように始まっていた。


正月を過ごして、貴哉の家の事を知ってから由梨の心は乱れていたけれど、貴哉は変わらずまめに電話をくれていた。その事には相変わらず嬉しくあった。


「花村さん、その後どう?」

「…相変わらず、です」


夏菜子の問いに、由梨はそう返した。


「そっか…。まだ付き合いはじめだし、しかたないかもだけど。大事な事だからね…」

「そうなんですよね…」


実家に行った事を話せば、彼の親の事もたまには話さなければいけなくなるし、由梨はここでも相談出来なくなってしまったな…と思った。

由梨も他人になら、玉の輿、良いじゃない!と気軽に言うと思うから。


由梨の勤務は、明日は休みになっていた。そう言うと、貴哉は由梨に家に来ないかと、誘ってきたのだ。


由梨は午前診が終わると、夏菜子と結愛とランチに出掛けた。前に優菜とランチをしたお店にやって来たのだ。


「あれ?夏菜子ちゃんと、結愛ちゃん、由梨ちゃんも」

そう言ったのは、貴哉の先輩の慎一だった。そこには珠稀と悠太もいた。ちょうど空いていた隣のテーブルに座る。


「こんにちは、今から?」

「あ、紺野なら出張に行ってるよ」

「そうですか」


由梨は慎一に笑みを向けた。


「紺野くんは、忙しい奴だけど由梨ちゃんは大丈夫?」

珠稀がそっと聞いてくる。

「仕事なら仕方ないですよね」

「由梨ちゃんはいいこだね」

慎一がそう労るように笑みを向けてくる。

「そんな事、ないですよ」


由梨は、苦笑した。いいこなら、素直で、疑ったりしないだろう。


「顔も良くて、仕事も出来るんだ?彼」

結愛が言うと、悠太が貴哉の事を自慢げにいかに凄いかを語りだす。

「そうなんだよ!結愛ちゃん!営業はNo.1だし、パソコンの処理能力は凄いし、外国語も何ヵ国も話せるし、うちの課のスーパーエースですよ…!!」

「それはすごそうだね」

結愛はふぅん?と聞いている。


「あ、そういえば。この前紺野さんにすっごい美人が尋ねてきてたんですよ」

悠太がそう言い、由梨を見た。

「美人…?」

「知ってます?モデルみたいに綺麗で、見た目だけならお似合いな感じで。でも、けっこうきつそうな…紺野さんと同類みたいな…」

「アホ。お前な…」

慎一が軽く殴る。

「だってホントの事じゃないですか!なんか、仲良さそうだったし」

「下島くん。もう、黙って」

珠稀が呆れた声を出した。

「変な事をいってごめんな。由梨ちゃん」


「悠太、デリカシーないわぁ」

結愛が抗議の声をあげる。

「え、結愛ちゃん、なんで?」

「なんで?じゃないよ。そんな事聞いたら気にするのが普通でしょ?」


ひきつった顔になってるんじゃないかと、由梨は思いつつ残りの料理を口に運んだ。


(…ダメ…一気に食欲が無くなっちゃった…)


つい半月くらい前には、あんなに幸せな気持ちだったのに…


「本当に気にしちゃダメだからね?由梨ちゃん」

珠稀がそう慰めるように言ってくる。

「はい…」


由梨は、結局プレートランチの半分くらいを残してしまい、夏菜子と結愛を心配させてしまった。


「落ち込むことないよ、単に客人ってだけでしょ?」

「そうですね」


その日も、いつものように仕事を終えると、貴哉がクリニック前で待っていた。


「お疲れ様、由梨」

「はい、お疲れ様です。貴哉さんも」


優しく微笑みを向けられて、由梨は駆け寄った。


自然と手を繋いで歩き出す。

「今日は出張だったとか?」

「うん。そう、由梨と約束してるから日帰りで終わらせてきた」

「良かったんですか?」

「俺って、優秀だから」


その時おり、事実そうなのだろうけど、自信満々な貴哉にやはり由梨は笑ってしまう。

「素敵です」

「良かった…笑った」

「え?」

「この間から…由梨が色々と気にしてる気がして、笑顔が無理やりっぽかったから」


安堵した様子に、由梨は笑みを浮かべた。


「心配、してくれてたんですね」

「まぁ、そういうこと」


この日は泊まりだから、居酒屋で食事をして、それからおしゃれなbarに移動した。


「そうだ…ついに、完成したんですよ」

「ん?」

「姉の、結婚式のくまと、ピロー」

「へぇ~?見せて」


由梨は、完成したくまとピローの写真を見せた。


「こんなの作れるんだな、上手い事作れたね」

「よく見るとガタガタでダメです」

「頑張ったね、由梨。お姉さんも喜んだ?」

「姉は、こういうの全くダメなので、喜んでくれましたよ」

「よかったね」


綺麗な笑みを向けられて、由梨は、心が浮き立った。

「由梨は、お酒が弱いからそろそろ行こうか?」

「はい」


由梨は、貴哉と共に立ち上がり、寄りかかるように歩き出した。


「貴哉さん…」


(会っていた美人って誰ですか)


そう聞きたいのに、さらりと聞いて、その答えを聞きたいのに、その事で壊れる物があるかも知れないと由梨は、口をつぐんでしまった。


「どうしたの?」

「私…一緒にいられて、嬉しいです…」

「うん。俺もだ」


(信じたい…この人の事を…)


オフィス街からなん駅か離れた少し静かな駅に降り立った。

駅から10分ほど歩いて、たどり着くとオートロック式の新しそうなマンションであった。


5階だてで、下がコンビニが入っていて、とてもべんりそうだ。

マンションの駐車場には貴哉の車も停まっている。


「ここ…」

「狭くて驚くよ」



「何もないから、なんか買う?」

「はい」

明日の分の朝食と、飲み物を買うと貴哉と共にオートロックの自動ドアを通ってエレベーターに乗り込む。


すっきりとしたワンルームの部屋にはソファとテーブルが置かれていて、本当にそれだけ。


よくよく見れば窓の外には洗濯物。それからソファの横には低めの本棚が置かれていて、難しそうな本がぎっしり詰まっていた。

後はほとんど物が見当たらず、無駄が一切無さそうな貴哉らしい空間だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます