九回、スリーアウト、代打、俺

作者 近藤 セイジ

3

1人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

甲子園に苦い思い出を持つ、元高校球児のサラリーマン。ある夏の日、球場の紅白戦で、かつてのチームメイトの姿を見て――

良い短編です。夏の草いきれ、蝉の音、入道雲を感じそうな、しっかりとした文章、表現力。この作品で、ショートストーリーなごやの優秀賞を受賞しているそうですが、そうだろうなと思えるクオリティです。