しばしのお別れです

最終話 《貴族》の皆様へ

 ようこそお越し下さりました。

 せっかく来ていただいたのですが、申し訳ございません。しばらく、この社交場を閉鎖することになりました。

 寂しいですか? あらあら、嬉しいです。

 それではまた何処かで。


「また、逢える刻をお待ちしております」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

夢目の魅苦 瑠輝愛 @rikia_1974

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

作者

瑠輝愛 @rikia_1974

「るきあ」と読みます。Twitter @BraveRUKIA ★貰うとモチベ出ます。忌憚なきレビューもお待ちしております。 文体やジャンルにあまりこだわりはありません。あるとするなら「作品として商品…もっと見る

近況ノート

もっと見る