第八話 ぬし

「行ってくる」

 誰もいない家にそう告げ、俺はタバコを吹かした。

 車のトランクに積んである、大型海釣り具一式を確認すると、に向かった。これでなければ竿が持たんのだ。

 山奥にあるわけでもなし、景観が良いわけでもなし、清々しいわけでもなし。

 泥臭く、藻も浮いている。

 ここは正式な地名があるらしいが、俺は「沼」としか呼ばないことにした。

 ボートの鍵を解き、車から持ってきた釣具とかいを組み立てた。

「待ってろや、ぬし」

 種類はブラックバス、と思われる。その体長は三メートルを超える。

 その出会いは偶然だった。

 水面から飛び上がったそれは、魚とはとても思えなかった。地元に聞いても、そんな魚は知らないという。

 俺に挑戦状を叩きつけてきた、そう受け取ったのだ。

 それから十年の歳月が流れた。

 呆れた家族は離縁し、俺は会社勤めを辞め、融通の聞くバイトに転職した。

 そんな、今までの道のりがこの淀んだ水面に映ってくるようだ。

「金に興味はないが、ここのぬしは俺のものだ」

 巨大ブラックバスの釣果を申請し、認定されると大金が手に入る。そんなものは要らん。俺がほしいのは、釣った証ただそれだけだ。

 今日も俺一人だ。

 情報を探していた十年前は、それが火種となり多くの釣り師がこの沼を狙ってきた。だが、誰もそんなものは釣り上げていない。そもそも、ブラックバスが生息しているのかさえ疑うやつも出た。

「ぬしは、ブラックバスのようなものだ。まずその思い込みから消さねば」

 ゆっくり深呼吸をした。

 肺に残ったタバコの煙、脳に残ったニコチンが全て洗い流され、心が澄んでいく。

 ゆっくりと碇を下ろした。

 相手は三メーターをとっくに超えているだろう。こんな小さな船では、ヒットした時ひとたまりもない。

 熟成・・させたルアーを投げ入れた。こいつを作るために費やした研究は、ノートだけでも百冊はいってる。

 ここは、梅雨の影響を最も受け、水かさが溢れかえり、一キロ弱隣りの川へ流れていく。お陰で淀んではいるが水は死なない。

 水が入れ替わった今が、もっともいい時期だ。



 誰も聞かない講釈をブツブツと言って数時間が経過。外道のブルーギルが五匹は連れたが、こいつらのほうが傷ついている。ブラックバスよりも凶暴なはずなのにだ。

「ぬしめ。俺を呼んでいるのか」

 他のブラックバスは全く釣れない。ああいう凶暴な魚がかろうじて釣れる。魚影も確認できない。

 何十回目のキャストか、忘れかけたその時、竿が大きくしなった。

「来たか。ぬし!」

 大物カジキやマグロとの格闘にすら耐える竿が、悲鳴を上げる。沼でこんな奇妙な光景を他の釣り師がみたら、きっとよだれを垂らすだろう。

 もうそんな余裕も言ってられなくなった。

 左右に身体を振ってくる。まるで自動車を釣り上げようとしているみたいだ。

 船が揺れる。

 バランスを取るため膝をついた。

 が、その時、足を滑らせてしまった。



「はじめまして、夢野魅苦です。魅苦とお呼びください」

「いててて。なんだ、姉ちゃん。てか、俺は沼で釣りをしていたはずだが」

「今気絶をしています。《夢目》の世界です」

「夢……。てことは、さっきのアタリは」

「現実ですよ」

「こんなところにいる場合じゃねぇ! 早く、ぬしを釣り上げねぇと」

「慌てないでください。ここでは時間が止まっています。《夢目》から覚めない限りは大丈夫ですよ」

「本当か?」

「はい。信じていただけませんか?」

「夢なんだ。信じるも何もないだろ」

「ありがとうございます」

 上目遣いで喜んでやがる。クラブの姉ちゃんたちと変わらねぇが、あの娘ら以上の上玉だな。でも子供っぽい。

「なあ、歳を聞いてもいいか」

「はい。十七歳です」

「やっぱりか。ホステスみたいにべっぴんだから、もしかしたらと思っちまったよ。すまんな」

「いいえ。光栄です」

「ところで、なんでこんな夢を。いや、夢に理由なんてないか」

「お招きした訳は、人生の分岐点に戻るチャンスを差し上げるためです」

「分岐点?」

「人が必ず一度は通る分岐点、そこにもう一度《巻き戻る》権利です」

「俺の分岐点って言えば、家族と離婚する直前か?」

「もしも複数通ったのなら、選ぶことが出来ますよ」

 あの時、ぬしに出会わなければまだ家族と暮らしていただろう。寂しくないと言えば嘘になる。息子も向こうに行っちまった。もう高校生か。まっとうに育ったのかグレているのか、それすら知らない。

 このミクって娘と同い年か。彼女の一人くらい作ったんだろうか?

「選ばないってことも、出来るよな?」夢なのに大真面目に聴く俺も馬鹿だ。

「もちろんです。そのときは目が覚めた後、また釣りの続きですね」

 ぬしを釣ったとして、俺はその先どうする? あれ以上の獲物はもう出会えない。海に求めるか? いいや、そんな資金はもうない。

 家族とやり直すなら、息子と喧嘩しながら成長を見守ることが出来るし、たとえ親不孝に育っても、あいつさえ生きてくれているなら俺は悔いはない。

「《巻き戻して》とおっしゃりますか? それとも釣りの続きを選びますか?」ミクがもう一度聞いてきた。

 釣りを選ぼうと口を開いたとき、息子と家内の顔がぎった。

「《巻き戻して》くれ」

「承りました」

 家族に会いたい。



「親父、おい、親父」

「あ、ああ。昌幸まさゆきか」なんだか、頭がもやもやする。

「親父、釣りに行くんじゃなかったのか」

「……いや。今日はやめとく」

「珍しいな、毎日釣りしか考えない親父が」

「昌幸は今日は遊びに行くのか」

「いや。何もないけど……」

「じゃあ、どっか行くか。Jリーグとかどうだ」

「え、親父がサッカー? どうしたんだよ、あんなにつまんなさそうに見てたのに」

「いいからどうなんだ。気が変わっても知らんぞ」

「行くよ! 母ちゃん、俺、親父とサッカー見てくる」

 これで良かったんだ。

 ぬしを追いかけても、その後の人生は無いも同じだ。



「んんんんん、んんんんんん、ぬしめ、ぬしぃぃぃ」

「あんた、ちょっと、あんた」

 家内に揺すられて目が覚めた。

 冷や汗がものすごい。

「何を見たの?」家内が夢について聞いた。

「いや、その、魚の夢だ」

「呆れた。寝ている間も釣りをしているなんて、困った人ね」

「なあ、今から、その……しないか」

「え? どうしたの、急に」

 家内も俺もまだ三十代。久々の身体にムラムラしたのと、夢を忘れたかった。

 そして、家内を激しく抱いた。



 それからも悪夢の度に家内を抱いた。

 そのせいか、息子に妹が出来た。昌幸から十歳も離れた娘だ。

 まさかのもう一人の孫の誕生に、両家の祖父母はお祭りさわぎだ。

 ただ、昌幸だけはどうもぎこちなかった。

「どうした、妹だぞ。ちょっとは抱っこしてやれ」

「いいよ。俺は」

「何を照れているんだ。ほら、もう首も座ったから大丈夫だぞ」

「う、うん」

 ゆっくりと受け渡すと、ぎこちなく両腕に抱いた。

 昌幸から少し笑顔が見えた。



 家族が増えたおかげか、悪夢を見ることは少なくなった。

 昌幸も妹の世話をよく焼くようになった。

「あいつも兄らしくなったみたいだな」

「そうね。雪温ゆきあも小学生になったし、でも昌幸はそろそろ大学受験ね」

「あいつはなんて言ってんだ、大学行きたいって?」

「サッカーで悩んでいるみたいだけど、どうなんだろうね」

「ゲームもせず、マンガも読まず、遊びもせず、熱心な子だな。そういえば、あいつは彼女の一人くらい出来たのか?」

「年頃なんだから、あっても言わないでしょ」

「まあ、それもそうだな」

 ぬしに取り憑かれていたあの日に比べたら、なんて平穏な時間なんだ。《巻き戻って》良かった。ミクちゃんを信じてよかった。誰も信じないだろうけど、息子が結婚する頃にはおとぎ話のように教えてやるか。



 すっかり悪夢から開放され、幾晩か過ぎた。

 その夜、目が冴えてしまって、台所に水を飲みに行った。

 すると二階から何か声が聞こえて来る。

 英語のリスニングでもしているのか? 

 俺が仕事から帰宅して、台所に行くと、いつものように冷めた飯がおいてあった。

「さて、チンでもして食べるかね」

 とお盆を持とうとすると、雪温が寄ってきた。

「どうした。何かようか」

「お父さん、ん……ん……、おかえりなさい」

「あ、ああ。ただいま」

「それじゃ」

 歩きにくそうに部屋に戻る娘に、首を傾げながら俺は夕食を取った。

 


 俺は、部長に昇進した。

 仕事が認められたというより、年功序列のほうが大きい。そろそろ五十も半ばだ。

 これ以上の責任は勘弁して欲しい、と冗談交じりに同僚や部下たちと祝杯を上げた。

「ただいま」帰りは遅くなってしまった。あらかじめ家内には伝えてあったので、皆休んでいるだろう。

 風呂場から音が聞こえる。

 靴下を脱ぎ捨てるためにそこに行くと、雪温の服がおいてあった。

 一応声をかけた。

「すまん、お父さんだ。着替えをしたらすぐに脱衣所から出ていくから待っててくれ」

「う、うん」娘のシルエットがなんかふっくらしている気がする。

 太った? いやまさか。

「雪温!」

「きゃっ」

「おまえ、そのお腹……」

 雪温は泣いていた。

 どういうことだ? どうしてこうなっている。服の上からではわからない、僅かな膨らみだが、家内の妊婦姿を二度も見ているから、男の俺でも分かった。

「服を来たら、居間に来なさい。お父さん、怒らないから」

 出来るだけ平静を装った。

 激昂するのは簡単だが、それでは部下にすら見放される。まずは理由を聞いてからだ。

「お父さん、おかえりなさい……」

「とりあえず、座りなさい」

 腕を組まず、あぐらに手を乗せてリラックスした態度で接するようにした。

 娘は何も言わない。

「そのお腹の子は、相手は誰なんだ?」

「……」

「よし、まずはひとつづつ可能性を潰していくぞ。乱暴されて出来たのか?」

 首を大きく振った。

「ふう……」茶を飲んだ「次だ。その相手のことが好きなのか?」

 うんとも、ううんとも言わない。

「んん。それじゃ質問を変えよう。好奇心で、ああまだ難しいか。気持ちいいなと思って、試してみたのか」

 ピクリと頭が動いた。でもこれではよくわからない。

「気持ちいいからやってみようと、誰かに言われたのか?」

 ゆっくりと頷いた。

「初潮が来てないから、出してもいいと言われていたか?」

 強く頷いた。

 ああ……。たとえ生理がまだでも、ずっと中出しされていたらいつかは排卵がきて妊娠してしまう。生理は排卵の後に起こる現象だと正しい性知識を、娘は知らなかった。そして教えていなかった俺も責任がある。

「よし。雪温、こっちをむいてくれるか」

「うん……」涙をいっぱいに浮かべていた。

「今のお父さん、怖いか? 怒っているか?」

「ううん。でも、悲しそう。ごめんなさい、ごめんなさい。ええんー」

「ああ、泣くのは後にしなさい。最後の質問だ。相手は誰か、言えるかな」

「……お兄ちゃん」

「近所のか?」

「ううん、うちのお兄ちゃん」

 流石に血の気が引いた。

 グレるどころか、血の繋がった実の妹を妊娠させたとは……。

「すまん、タバコを吸わせてくれないか。あ、いや、妊婦に悪いか」私は急須から、なみなみと茶を注いで、一気に飲んだ。

「お父さん、お兄ちゃんを叱るの?」

「昌幸の答えによるな。もしもその子供の責任を取る覚悟もなかったなら、叱るしかない」

「お兄ちゃん、堕ろせって……」

 気がついたら俺は寝ている息子の顔を、変形するまで殴りまくっていた。

 家内が止めてなければ、殺していたかもしれない。



 もう、中絶には遅すぎた。

 娘はまだ小学生だ。

 当然、学校中の噂になった。

 学校に言って、娘を休学させた。

 産婦人科に診せると、若すぎるため難産は避けられず、下手をすると母体が無事では済まないと言われた。

 サッカー一筋でマンガもゲームもやってない息子が、どうしてこんなことをしでかしたのか。

 息子を預けている施設に呼び出されて、その理由に驚いた。

「息子さんが言うには、ご両親の性行為を見て抑えてきたものが爆発したらしいのです」

 だからといって、娘にその劣情を向けなくても良いではないか。

「息子さんの学校は恋愛禁止で、かなり厳しい校則だったそうで。真面目な彼は行き場を失ってしまったのでしょう」

 


 もうどうしようもない。

 母子ともに無事に産まれてくれることを祈るしか無い。

 家内と一緒に産婦人科の分娩室に入った。

 帝王切開しか方法はないほどお腹が大きく膨れ上がっていた。

 執刀医のメスが娘の腹に入った。

 目をそらしてしまったが、不安がらぬように手をしっかり握った。

 看護師が抱きかかえたものを見せた。

「大きな赤ちゃんですよ」

 それは、顔が平たく身体も平たい、まるで――。

「ぬし! キサマ、なぜこんなところに! なぜよりにもよって、娘の中から、しかも別のやつから釣られたんだ!」

「お父さん、落ち着いてください」執刀医が怒鳴ったが、これが黙っていられるか!

「ぬしぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!」

 俺は、拘束されながらも叫び続けた。

「あれは魚なんだ。見ただろ、あれは、俺がずっとずっと追い求めていたぬし・・なんだ!」

「……あんた、あれは普通の赤ん坊だよ」

「そんな、馬鹿な」

 俺を押さえつけている看護師を見ても、静かに首を振るだけだった。

 ……ああああああ!



――「釣り逃した魚は大きいと言いますが、意外な形で再会するものですね。それではまた、逢える刻を」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!