第五話 異世界パンデミック(後編)

「うぉぉぉぉ。てめぇら、よくも俺の女を!」

 俺は密かに鍛えていた巨大魔法を放った。

 まばゆい太陽の光になって、どんどん周りが消し炭になっていく。

 マナが尽きる……。もう、どうなってもいい。気を失おうと知った事か!



「はじめまして、夢野魅苦と申します。魅苦とお呼びください」

「なんだ、誰。あ、君、ミクちゃんだっけ。すっげぇ可愛いんだな。へぇー。てことはここ、二人が言ってた夢か」

「ありがとうございます。そのとおり《夢目》の世界です」

「じゃあ、俺も《巻き戻せる》のか」

「はい」

「問題はバッテリー何だよな。どうすりゃいいんだろう」

「考え事でしたら、ここでごゆっくりどうぞ」

「夢ならさ、魔法の研究出来るよな」

「はい」

「よし。バッテリー要らずの《セキュリティア》を俺が習得してやる」

「がんばってくださいませ」

 甘かった。

 セキュリティソフトはこんなにも複雑なのか。プログラミング素人の俺にはお手上げだ。

 だが、ミルミルが殺されるのをみてこのまま黙っている訳にはいかない。

「どうぞ、コーヒーです」

「ああ、ありがとう」

 可愛い。

 マジで可愛い。

 あの短いミニスカートから見える青縞パンもたまらんし、ニーソックスもいい。なによりウエストのくびれに、動く度に揺れるおっぱい。おっぱい見たくなった。

「なんでしょうか」

「ミクちゃん、おっぱい見せて」思わず言ってしまった。俺、終わった。

「も、申し訳ございません。パンツならいいですけど、裸になるのはそのあの」

「パンツならいいの?」

「ええ。いわゆる見せパンですから。見ますか」

「じゃあ、M開脚してくれない。そしたらやる気出るから」

「かしこまりました。こうでしょうか」

 うほー。土手がもりっとしていて、筋が見えてるじゃん。これ生パンだろ。

「ありがとう。いいもん見せてもらった」

「はい。見られるのはやっぱり恥ずかしいので、あまりこう言うご注文は」

「分かった分かった」

 俺は《セキュリティア》の呪文解読を行いつつ、ミクにいろいろな恥ずかしいポーズを要求した。

 なんと、個室トイレまで付けてくれたので、いつでも発散できた。



「あのさ、ミクちゃん」

「はい」

「ブラは取らなくていいから、見せて。お願い」

「ふぅ……わかりました。そんなに熱い視線を向けられては、困りますから」

 ミクがブラウスのボタンを少しづつ外した。

 一個外れる度に、俺の喉が鳴った。

 そして、オープン。

「おお。凄い真っ白。しかも、ブラ小さいな。ほとんど隠れてないじゃないか」

「あの、恥ずかしいので、これ以上は」

「もう少しそのまま」

 真横から見ると、ものすごい迫力がある。写真を取らずにはいられない。

 なんとか思念で具現化したカメラでパシャパシャとった。

「しまっても、よろしいでしょうか」

「どうぞどうぞ」

 そこら辺のグラビアアイドルなんか目じゃないわ。いやーいいわ。



 何日過ぎたか分からない。

 俺はミクに聞いた。

「あのさ、今日で何日目なの」

「時間は止まってますからね。リゼルさまが目を覚まさない限りは」

「ふーん」

「魔法は完成しましたか」

「駄目。無理だ。それよりも、ミクちゃん、俺と付き合ってくれない」

「はい?」

「だめかな」

「私は、この世界以外では存在できませんよ」

「駄目か。俺が目を覚ましたら会えなくなるんだよな」

「はい」

「じゃあ、最後の思い出にエッチして」いろんなポーズを引き受けてくれるので、かなり気軽に頼めるようになっていた。

「それは、無理です」

「そんな笑顔で拒絶させると、何も言えないじゃない。もうっ」

「ところで、《巻き戻る》気はございますか」

「ああ、どうしよ。あ、あるよ。あの裏切ったあいつをなんとかしなきゃな」

「乗り気ではないようですが?」

「ミルミルよりもミクちゃんを好きになったから、寂しくて」

「お気持ちは嬉しいのですが、先程も申したように」

「わかってるよ。フラれちゃったなー。《巻き戻して》」

「承りました」



 まさにいま目の前に、裏切り者が身体を蝕まれていた。

「こいつは、山賊のスパイだ」

「リゼル、何言ってんだ」キジがびっくりしていった。

 俺は《巻き戻った》ことを説明した。

「なんてことだ。そうだったのか」

「そんなことより、省エネ出来るようにしたから」

「魔法をか?」

「ああ。紙一枚につき十人は救えるぜ。ただ、マナで使うところまでは達成できなかった」

「すごいじゃん、リゼル」ミルミルが言った。

 ミルミルには後で、別れの言葉を言おう。ビンタくらい仕方ないな。

 裏切り者から離れようとした時、そいつが命乞いをした。

「待ってくれ。そんな、俺が裏切るなんてこと、あるわけ無いだろ。証拠があるのか」

「知るか。そこで死んでろ」

 さっきの裏切り者以外、この一帯の全員を治療できた。

 さすが俺、天才魔法使い。

 身体が変異してしまったところはヒーラーが治してくれた。

 裏切り者は身体が丸くなって、膨れ上がって飛び散って死んだ。

 念のため、こいつは隔離していたので再感染の心配はないだろう。



 おや。ポケットにミクちゃんの写真が。うひょー。

「リゼル何見てんだ」

「いやさ、ミクちゃんの写真が」

「ほぉ。おまえ、こんなことさせてたのかよ」

「一枚もやらんぞ」

「要らんわ。ていうか、ミルミルに見つかったらどうすんだ」

「それはさ。別れようと思って」

「え。おまえら、この世界に来てから恋人になったんだろ」

「もう、ミクちゃん以外考えられなくて」

「そんなことより、山賊対策するぞ」

「あいつら、感染して勝手に死ぬんじゃね?」

「バカ。潜伏期間長いだろ。準備しろ」

「はいよっ」



「いよいよ作戦の時間だな」

「ねぇ、リゼル」

「なんだ、ミルミル」

「これ何」

「あ、それ、俺のマイフェイバリット。ミクちゃんのM字開脚写真。返せ」

「あんたね……、夢の世界で何浮気してんのよ」

「待てよ、俺お前と別れようと」

「なんですって……。まだ別れてないうちにこんなことしてたら、浮気でしょうが!」

「うわ、双剣をこっちにむけんな。山賊来るぞ」

「うるさい、うるさい、うるさい!」

「夢なんだから別にいいだろ」

「うるさい! あの娘、どう考えても実在してるでしょうが」

「ぎゃあ、キジ助けて」

「おまえら、いい加減にしろ。山賊が現れるぞ」

 言うが早いか、山賊がぞろぞろと現れた。

「あれ?」そこに俺だけが躍り出た格好になってしまった。

「なんだこいつ、やっちまえ」

「あらん、待って」

「姉御、どうしたんですかい」

「可愛い子じゃないの。ぜひ飼いたいわ」

 なんだよ、このマッチョな髭面は。なんでどすこい声でオネェ言葉なんだよ!

 ぎゃあ、囲まれた。

 杖奪われた。なんて腕力だ。

「さあ、こっちいらしてーん」

「俺はそんな趣味ない。これを見ろ」

「ふん、なによ、こんな小娘。私のほうが何倍も可愛いでしょ。うふん」

「どこがだー」

「なんだとごらぁ!」

「なんでもありません」急にドスが効いてビビった。

「さあ、こっちよ。お前たちは、あいつらを殺れ」

 ぎぁぁぁぁぁぁぁ。俺の処女がぁぁぁぁぁぁ。



「アッー――!」

 俺の肛門は二度と閉じなくなり、切れ痔が止まらなくなった。それでもあの男はずっと俺を掘り続けた。

 俺のちんちんは無用なものだと切り捨てられた。

 その血だらけの、変形したモノを俺は吐き気を催しながら咥えさせられた。

「おげぇ」

 白目を向いた鼻から、白いものが飛び出した。

「姉御、よろしいですか」

「何? いいわよ。このまま聴くから」

「女子供以外のギルドの連中を皆殺しにしました」

「そいつらはお前たちの好きにしな」

「ありがとうございます、姉御」

「感染者は出てるのかい?」

「はい。止める方法が分かりません。あの魔法の本の解析が進まなくて」

「まあ、いいわ。ところで、私好みの子はいる?」

「はい。どうぞ、連れてきました」

「あらあら、いいわね」



――「私がプレゼントした写真、喜んでいただけたようで何よりです」

 ちょっと、恥ずかしかったんですよ。

「それではまた、逢える刻を」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!