第二章 呪縛

第一話 顔知らず

 荒波と吹雪荒ぶ絶壁で手を合わせる人たちに混じり、黙祷を捧げた。

「今年も安らかに眠ってけろ」

 ここは事故が多い。こうしてガードレール越しでも、落ちそうになる。地元の人はめったにここを走らない。

「他所から来たのに、わざわざありがとう」

「いえ」

 ホテルの回覧板をたまたま見てしまったのも、何かの縁だろうと俺、一馬かずまも同行させてもらった。

 不謹慎だろうけれど、興味が出ると止まらない性分だ。

 地元の図書館にいって、被害者リストを探した。

 ひとりだけ、新聞にすら顔写真が掲載されていない犠牲者がいた。

「名前は、広井 美由子。年齢は十六歳。バイク事故」

 ボソボソと読み進めた。

 たくさん記事が見つかった中で、その娘だけ妙に気になった。事故が最近だったことも強く印象づけた。



 適当に剃ったヒゲを気にしながら、どうしたものかとタバコを吹かした。

 ま、先に支配人とか店員に聞きゃいいか。

「ねぇ、君」

「はい、何でしょうか。お客様」

「地元の人?」

「いえ」

「近くに住んでるの」

「なにか聞きたいことでも」

 俺は美由子について尋ねた。

「ああ。その事件でしたら、支配人とかのほうが詳しいと思いますよ。私は、その事後の一ヶ月後くらいに赴任したもので」

「助かった」

 かと言って、いきなり支配人室に行くのもな。

 ベテランそうなボーイを捕まえてみよう。

「あの、すみませんが」

「はい。お客様。なにか」

 同じことを尋ねてく見ると、ロビーのソファに誘われた。

 コーヒーを淹れてくれると、ボーイが聞いた。

「なぜ、その事故を」

「顔写真がこの娘だけ無いでしょ。不思議に思ってね」

「探偵さんですか」

「まあ、そんなところです」

「噂なんで、あてになるかどうか分かりませんが」

「はい」

「元々写真は掲載されていたのですが、新聞から消えたそうです」

「なんですかそれ。電子版でもないのに」

「ここは田舎ですから、そういう噂話が好きなんですよ」

 その噂話に奇妙な親近感を持った。

 オカルト話は嫌いなたちだが。

 何にしてもお手上げだ。

 この土地にコネがあるわけでもないし、諦めるか。



「《貴族》の一馬さまではありませんか。今夜はどうされましたか」

「《夢目》の世界か。いつの間に寝たんだ。まあいいや、広井 美由子って知ってるか魅苦」

「お教えしても、起きたら覚えていないのでは?」

「内容によっては、《巻き戻し》を願い出てもいい」

「それでしたら、よろしいですよ」

 魅苦の目の前にティーセットが現れた。俺は促されるままに座った。

 魅苦が語りだした。

「美由子さんは、バイクの事故に合われました。でもそれは巻き戻った後の話です。本当は、自殺です」

「自殺」

「両親が夫婦で無理心中。後追いです」

「巻き戻して解決したんじゃ」

「そこは、いつものように更に不幸になっただけです」

「不幸か。何故だ」

「鏡華さんが、《反転》させ金持ちの家になったのです」

「それで……見返りは存在か?」

「そうです。あなたが調べた新聞もそろそろ名前すら消えると思います」

「自暴自棄になって、暴走して死んで、それでもなお忘れられるか」

「《巻き戻して》とおっしゃりますか? 《貴族》の素養は失われますが」

「俺なんて不幸になっても誰も泣かん。《巻き戻して》くれ」

「承りました」



 夏か。

 さっきまで冬だったから暑いな。

 この辺でバイク飛ばしている女子高生を聞いて回った。

 誰も知らない……。

 もうすでに《反転》したあとか。

 この道路で張ってよう。



 バイクのエンジン音が響いてきた。

「おーいおーい」

 手を振って止めようとした。

 通り過ぎていってしまった。だが、数メーターで止まってくれた。

「あんた、私のこと見えるの」

「ああ。《巻き戻った》んでね」

「ミクに合ったの」

「お前、このままだと崖から転落して死ぬぞ」

「それでもいい。誰も私のことなんて」ヘルメットを脱いだ。ボブ・ショートのクールな感じの顔だった。

「へぇ」

「なによ」

「けっこうイケてんじゃないか、お前の顔」

「な、なによ」

「なあ、それニケツ出来るか」

「なに」

「どっかで飯くおう。俺がおごるからさ」

 彼女の背中に抱きついて、定食屋に向かった。



「なんだ、お前。腹減ってたのか」

「だって、誰も私の事わかんないんだもん」

 ここの店員も彼女ことが見えていない。

 二人前を頼むと妙な顔をされた。

「伝えておくことがまだある」

「なによ」

「魅苦に《巻き戻して》と言ったやつは、ほぼ間違いなく破滅に向かって行く」

「じゃあ、なんであんたは」

「せめて、一馬って呼んでくれ。おっさんだけど、これでもまだ三十でさ」

「じゃあ、一馬さん。なんで戻ったのよ」

「君を助けるためだ」

「馬鹿馬鹿しい。今日始めてあったばかりなのに」

「そうだな。あえて言うなら、他人の不幸を見飽きたから、自分が不幸になろうかなってさ」

「何それ」

「俺に不幸を背負わせてくれ。そうすれば、お前は魅苦の呪縛から解放される」

「ナンパ?」

「これから死ぬ奴がナンパなんてしないよ」



 それから俺達は常にバイクでニケツした。

 あと少しで事故が起きる。俺が投げ出されれば、彼女は助かるだろう。

 だが、計算が少々狂った。

「こうなっちまったか。男と女だもんな」

 ホテルで頭を掻いた。

「一馬、死なないでよ」

「おいおい。お前のために死ぬんだぜ。そのために《巻き戻って》来たんだ」

「嫌だ。だって、エッチ上手いし」

「理由がそれかよ!」

「それだけじゃない!」熱いキスでその先を言わせなかった。



 美由子が死ぬ予定日。

 彼女はバイクに乗らなかった。

 情が芽生えれば誰だってそうなる。それに、今の彼女の存在を認知できるのは俺しかいない。

「なあ、美由子」

「なに、一馬」

「結婚して子供作ろう」

「なによ、急に」

「存在を確定させるんだ。そうすれば、お前だって元の生活に戻れるだろ」

「私、戸籍なくなってるよ。どうやって婚姻届だすの」

「そんなもの、後でいい。今夜、お前を孕ませる」

「真顔で言わないでよ、あははは」

「こっちは真剣だ。笑うことはないだろ」

「ごめん。でもおかしくて」



 ダメだった。

 何回も出したのに、全然妊娠の気配がない。

 検査もしたがこちらは異常がない。美由子の方は存在がわからないため、検査のしようがないが、生理はきちんと来ている。

「ち、これが魅苦の呪縛か」

「一馬……。もういいよ。もう」

「俺がずっとそばに居てやるから、俺はずっとお前を見ている」

「ありがとう」



 本来の死亡予定日から、三年が過ぎた。

 俺もバイクの免許を取り、二人でツーリングを始めた。

 先頭を行く美由子は、手を挙げて挨拶をしてくる。俺もそれに倣った。

 信号が急に黄色に変わった。停まりきれないので、交差点を通過しようとした。

 その刹那。

 右折をしてきたダンプカーに美由子が轢かれた。

 バイクを捨て慌てて駆け寄った。

「おい、美由子」

「一馬……」

「救急車……な、美由子、消える、なんで。なんで俺が見ているのになんで」

「ありがとう……楽しかった。だいす……」

 俺は誰もいない交差点で、大泣きした。



 心のなかにぽっかりと大穴があいた。

 どんな風俗嬢を抱いても、素人抱いても、埋まらなかった。

「……俺、若い時誰といたんだっけ」



――「《貴族》の皆様、いつでもここ・・にいらしてください」

 皆様黙ったままですね。

「それでは、また逢える刻を」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料