第三話 告る。

「僕、君のことが恋人として好きなんだ」

「……いや、俺はそんな趣味ないから」

 僕は泣いた。

 答えはわかっていた。

 男同士で結ばれる話は今ではよくあるから、僕にもきっと。

 そう思ったけれど、夢を見すぎた。

 これから先、生きていけない。

 公衆トイレに入って、そこの鏡で自分を見た。

「どうして僕は、男なんだ」

 でも、自殺する勇気まで出なかった。



「はじめまして、夢野魅苦といいます。魅苦と呼んでください」

「え……。ここは?」

「ここは《夢目》の中ですよ」

「どうして。まだ眠っていないよ」

「白昼夢をご覧になっているのでしょう」

 そう言われて、心当たりがあった。

 いつも鏡の前で呆けているので、ナルシストとからかわれた・・・・・・ことが何度もあった。よく覚えていないけれど。

 だから僕は否定した。

「夢なんて見てないよ。だいたい、起きている間に見たことなんてないよ」

「では、これはなんですか」

 目の前が急にお花畑に包まれた。香りでいっぱいだ。たんぽぽまで飛んでる。

 そしてすぐ近くに座っていたのは、さっき僕が告白した霧馬くんがいた。

「これ何?」

「あなたがいつも見ておられる夢ですよ。ほら隣りにあなたがいますよ」

「僕? あれが」

 霧馬くんの目の前で、楽しそうに笑う女の子がいた。

 あ、二人がキスをしようとしている。唇が近づく。

 ……止まった?

「お前、男だからキメェんだよ」

 霧馬くんが突き飛ばした女の子は、いつも鏡で見ている僕の顔になっていた。

「うわっ」魅苦さんが顔を突き出してきた。

 僕は思わず大声を上げて彼女を突き飛ばした。

 ミニスカートの中からパンツが見えて、大きな胸が揺れてた。

「羨ましい……はっ」僕はつい口が滑り、慌てて手で隠した。

「あなたは、人生の分岐点をやり直したい。そう強く望んでますね」

「え? し、下着姿⁉ なんで、なんで? いつの間に」

 膨よかな胸に、おちんちんが着いていない下半身、丸みを帯びた腰……、どれも僕が欲しいものばかりだ。

「あなたは、自分の過去に性別を決定づける何かがあると、強い確信をお持ちですね」

 ポールダンスをしながら何を言っているんだ。

 でもなんて女らしいんだ。

「そ、そうだよ。だって聞いたことあるもん。受精した直後は性別がまだはっきりして無くて、数週間後に男か女かに分かれるって」

「《巻戻りたい》と願いますか? ただし、その後はあなた次第です」

「ちょ、今度は裸になってるよ。やだ、もう。……僕次第って仮に戻れても、胎児の僕じゃ何も出来ないじゃないか」

「出来ることはありますよ」長い髪をばっとふりあげると、元の服装に戻った。

 どんなマジックなんだろう。

「なんだよ、言ってみてよ。ミクさん」

「意思です。あなたの強い意志ははっきりと持ち続けられます。記憶と言い換えても結構です」

「胎児なのに、今の意識を持てるの?」

「そうです。さあ、《巻き戻して》とおっしゃりますか? それとも拒否しますか。強制ではございません。拒否をすれば《夢目》から覚めて、ここで起きたことも今まで通り忘れるだけです」

 僕は決意した。

 何よりも、この娘のようになりたかった。

「《巻き戻して》ください」

「承りました」



 クラシック音楽が聞こえる。

 身体が少し動く。

「あ、また蹴ったわ」

「おお、元気がいいな。男の子かな」

「まだ気が早いわよ」

 お母さんとお父さんだ。

 真っ暗で何も見えないけれど、本当に戻れたんだ。

 女の子に生まれるにはどうしたら。

 記憶は確かにあったけれど、頭が未発達のせいで深い考えができなかった。

 ただ、ただ、願い続けた。起きている時間がものすごく短かったけど、その間、女の子になることだけをひたすら願った。

 そうして、とうとう病院の定期検診で性別の確認を受ける日が来た。

 老齢の声の先生が明るい声で告げた。

「元気ですね。順調ですよ」

「先生、性別はわかりますか」

「ええ」

「あの、早く教えてください。主人が『男の子が欲しい』とうるさくって」

「それでしたら、残念なお知らせかもしれませんね」と冗談ぽく笑った。

 もしかして!

「女の子ですよ。この調子なら予定日に出産できそうですね」

 やった! やった!

 女の子になれた!

「おやおや、赤ちゃんが急に元気に動き出しましたね。踊っているみたいですね」

「先生、お腹の赤ちゃんが踊るなんてこと、あるんですか」

「ははは、ありますよ。そんな例はいくつも見てきましたからね」

 検査が終わってからも、僕……ううん私は踊り続けた。



 それが思わぬことになった。

 定期検診の日。

「お母さん、落ち着いて聞いてください」

「何かありましたか」

「お腹の赤ちゃんに、へその緒が絡まってしまってます。しかも見たことがないくらいに」

 私が喜びすぎたせい? 分かんない。手足が思うように動かせない。

「先生、助かるんですか?」

「注意深く経過を見なければなりません。ですが、最悪の場合……出産時に窒息の可能性があります」

「先生、そんな」

「落ち着いてください。いいですか、臍帯巻絡さいたいけんらくの死亡率は0.1%程度の非常に低いものです。また、羊水に浸かっている赤ちゃんの呼吸は母体を通して行いますから、お腹の中にいる間は心配ありません」

「あの、なんとかならないんですか」

「残念ながら、出産時以外で絡みを解消することは出来ません」

「ああ、なんてこと」

「いいですか。まずは、お母さんが落ち着くことが大切です。旦那さんと私と一緒に頑張りましょう」

「はい……。よろしくお願いします」

 お母さんの取り乱し様は、へその緒を通じて伝わってくる。

 私のせいで母さんに心配かけちゃった。

 どうしよう。どうしよう。どうしよう……。



「大丈夫だからな、いま病院に着いたからな」

「旦那さまは、ここでお待ち下さい」

「あの娘をよろしくお願いします」

 ……。

「先生、胎児のバイタルかなり低下しています」

「エコーのカラー見せて」

「はい」

「こ、これは……。こんなことが」

「まるで肉の鞠玉だわ……。こんな、どうして」

「西先生、へその緒から出血が」

「なに⁉ 切れているのか。このままだと胎児が母体で呼吸できなくなるぞ」

 ……。

 ……。



 ――どうやらここまでのようですね。

「《貴族》の皆様、また逢える刻を」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!