これが女神様か……

「あれはひょっとして……」


「はい、邪悪なる魔族と勇敢に戦い、命を落とした王国の兵士達です」


 死者への労りと、魔族への憎しみを僅かに滲ませ、女性は深く頷いてみせる。


「女神様のご加護により、蘇生が叶う状態でしたが、いかんせん犠牲者の数が多すぎまして。半数は近隣の神殿に受け持って貰ったり、手は尽くしているのですが、司教様のお手が回らず……」


 防腐処理の魔法をかけて、蘇生待ちをしている状態という事だ。


「私達もお力を貸してはいますが、司教様の負担も考えると、一日に五十名もお救いするのが限界でして……」


「そうでしたか、お勤めご苦労様です」


 真一は沈痛な表情を浮かべつつ、新たな情報を得られて喜ぶ。


(やはり、蘇生魔法の使い手は少ないか)


 魔族側とて魔王とセレスの二人だけで、あとはリノが頑張れば叶うかといった程度。

 彼らのような術者が、そうホイホイ居られても困る。


(だが、弱くても協力はできるようだな。MPを融通するような魔法とか、どこぞのバトル漫画みたいに、オラに力を分けてくれる術でもあるのか)


 どちらにせよ、人間の集団は決して侮れないという事だ。


 そんな事を考えているうちに、真一達は神殿の最奥にある礼拝堂に辿り着く。

 一層高く広いその部屋には、流石に遺体は置かれていない。

 ガラス窓からの光を浴びて神秘的に輝く、巨大な女性の白い像だけが鎮座していた。


「これが女神様か……」


 穏やかな笑みを浮かべた、髪の長い美しい女性だが、翼が生えていたりはせず、人間と姿形は変わらない。


 先に来ていた敬虔な親子の真似をし、適当に祈るふりをした後、真一はセレスからハンカチを貰い、それに金の粒をかなり包んで神官の女性に握らせた。


「お忙しいなか、ありがとうございました。田舎者なので不作法かもしれませんが、これを女神様に……」


「まぁ、そのような事はなさらずとも良いのですよ」


「いえいえ、私達が普段から平和に暮らせるのも、全て女神様のお陰ですから、これくらいはさせて下さい」


「そこまで言うのでしたら……」


 最初は遠慮した女性も、重ねて告げると素直に受け取った。


(本当に庶民の演技がお上手ですね)


(それ、褒めてないだろ?)


 セレスの皮肉を聞き流しつつ、真一は今思い出したという顔で切り出す。


「ところで一つお聞きしたいのですが、よろしいですか?」


「はい、何でしょうか」


「実は末の弟が、最近魔族が出たという噂を聞いて、『僕が女神様の勇者になってやっつけてやる!』と息巻いてましてね」


「まぁ、それは腕白な弟さんだこと」


「危ないから本気でやらせる気はないのですが、勇者様の事を少しだけでもお聞かせ願えたらと思いまして」


「それくらいでしたら構いませんよ」


 最初に大量の金を握らせた事もあり、女性は喜んで二人を壁際の椅子に誘った。


「まず、勇者様ってどのように選ばれるのですか?」


「剣や魔法に優れ、人々を脅かす魔物を退治してきた、勇気と力を持った方が、女神様の聖別を受け、初めて勇者と認められるのです」


「なるほど、その聖別とはどのようなもので?」


 魔物という、魔族とは少しニュアンスの違う単語も気になったが、とりあえず勇者に関する話を続ける。


「そう難しいものではありませんよ。勇気と力に自信のある方が、神殿にある女神様の像の前に立ち、この身を全て女神様に捧げ、人々のために戦うと誓うだけで良いのです」


「それだけで?」


「はい、それで女神様に認められれば、勇者の証が体のどこかに宿るのです」


 女性はそう言って、自分のローブにも描かれた女神のシンボルを指さす。


「本当にそれだけなのですか? なら、勇者様がもっと沢山いてもよさそうですが」


 そう指摘すると、女性は少し困った顔をした。


「いえ、確かに剣や魔法の実力だけなら、勇者に相応しい方は他にも居ます。ですが、女神様に選ばれるだけの、勇気や清い心が有るかと言うと……」


「つまり、実力が有っても人格に難があり、選ばれなかった方がいると?」


 言い難そうだったのでズバリ告げると、女性は人に聞かれていないか周りを気にしつつも頷いた。


「勇者に選ばれれば、それは大層な名誉ですし、枢機卿のお歴々や大司教を目指す方々は、絶対に聖別を受けねばなりません。ただ、選ばれなかったとなりますと、ねえ?」


 性格が卑しい人物だと、後ろ指を差される事になるから、嫌がって聖別を受けない者も多い。


 元から地位があり、風聞を気にする王侯貴族などは特に痛手であろう。

 また、女神に仕える神官にとっては、当の女神に拒絶された証拠であり、将来の道を閉ざされ、下手をすれば神殿から追い出される、致命傷となってしまう。


 それが、無限に蘇生可能というメリットだらけの勇者が、容易に増えない原因。


(教会から破門宣言を受けるようなものか? それは怖いよな……)


 勇者に立候補する時点で、相応の実力とそれによって築いてきた実績があるはずだ。

 それを一瞬で『人格破綻者』の烙印と共に破壊されてしまうなんて、あまりにも分の悪い賭けである。


(あの騎士達、結構なギャンブラーだったのかもな)


 実際には没落寸前で後がなく、大逆転して爵位を得る方法が他に無かっただけだが。

 そんな事を思う真一の横で、セレスは大きな胸を撫で下ろしていた。


(安心しました、シンイチ様が勇者になって寝返る事は絶対にないのですね)


(はいはい、どうせ俺はゲス野郎ですよ)


 もう慣れてきた毒舌を軽く流しつつ、真一は立ち上がる。


「お話しありがとうございました。それと、これは問うのは不敬かもしれませんが……あの像って、本物の女神様と似ているのでしょうか?」


「はい?」


 一瞬、女性は何を言われたのか掴みかね、キョトンとした顔をしたが、直ぐに笑み

を浮かべて答えた。


「残念ながら、私は女神様のご尊顔を拝した事がありませんので、似ているとも似ていないとも言えません」


「そうですか」


「ただ、全ての像のモデルとなっている、大神殿にある女神様の像は、この地に降り立った女神様より直接教えを授かった、最初の教皇様が掘られた物だそうですよ」


「なるほど、それはまた良い土産話を聞かせて頂きました」


 真一は礼をして話を終えると、女性と女神像に背を向け立ち去った。

 そうして、神殿を出ようとした二人の前から、大勢の神官を引き連れた三十代ほどの男が歩いてきた。


 簡素だが他の神官より立派な衣装を着て、通り過ぎる者達から頭を下げられては、手を挙げて応じ、柔和な笑みを返している。


 真一も他の信者達に習い、通路の端に寄って道を空けながら、さり気なくセレスを隠せる位置に立って頭を下げる。


 そんな彼と背後のメイドに気付いた様子もなく、男は笑みを浮かべたまま通り過ぎていった。


(ほぉ……)


 通り過ぎる寸前、真一の目は確かにそれを捉えた。

 男の右手に刻まれた、黄金に輝く女神のシンボルを。


(あれが七人目の勇者で、ここで一番偉い司教様って事か)


 蘇生魔法の使い手が不死身とは、実に厄介である。

 とはいえ、いまだ何百人と残る死者の蘇生に追われ、魔王城まで攻めてくる余裕はないだろう。


(当面の敵はアリアンって子一人かな)


 そう考えつつ、神殿を出て青空を見上げた。


「望む情報は得られましたか?」


「七割くらいは」


 セレスの問いに適当な返事をしつつ、真一はさらに考え込む。


(できれば、女神の勇者が蘇生する瞬間を見たかったが、流石にそれは無理か)


 あの騎士達をもう少し拷問して話を聞き出すか、いっそ人体実験をしておけばよかったかと、またゲスな事を考えつつも真一の顔は曇る。


(勇者が無からさえ蘇る仕組み、それは怪しまれると思って聞けなかったが、あの様子だと『女神様のお力で』って程度の答えしか期待できないだろうな)


 案内してくれた女性はもちろん、あの神殿にいる他の神官達も、ひょっとすると人類の誰一人として、女神と勇者の真実を知らないのかもしれない。


(女神エレゾニア、それが人格を持った一つの個体なのか、それとも形のない巨大なシステムなのか、それは分らない。確かなのは、それが『居る』という事だけだ)


 誰も会った事はない。だが、死んだ勇者が蘇生してくるのは事実。そして――


(魔王さえも不可能な、無からの蘇生を可能とする。それは、魔王よりも強いという事なのか?)


 自らの想像でゾッと怖気が走り、真一は震えを堪えるように歯を噛み締めた。

 魔王の全力がどれほどなのか、彼はまだ知らない。


 ただ、小型核兵器くらいの大規模破壊能力は持っているように思える。

 そんな魔王すら凌駕する、神が実在する?


(頼むから出て来てくれるなよ)


 今の所、女神そのものが出現する様子はないが、人類が滅亡の淵に立たされるような事態となれば、どうなるか分かったものではない。


(やはり、人間のためにも魔族のためにも、事を荒立てるのは避けないとな)


 リノにはこの前、人間が魔界に攻め行ったら、魔族の逆襲にあって絶滅するなんて言ったが、ひょっとすると絶滅の危機に立たされているのは、魔族の方なのかもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料