ここで帰るなんて、面白くない

 魔王は強い、間違いなくこの世界で最強の存在だろう。

 だが、不老不死でも、絶対無敵の存在でもない。

 

 傷をつけられる者がいて、それがさらに腕を磨き、同等の仲間を集めれば、十分に倒しえるのだ。


 自分を殺しうる存在を、このまま放置していても良いのか?


 普通の人間ならば、どのような手段を使ってでも、排除するなり対策を考えるだろう。


 しかし、ここは真一の『普通』が通用しない異世界で、相手は魔族の王なのである。


「我が負けるか……想像もつかぬが、その時は仕方あるまい。強者が勝って全てを得 て、弱者は負けて全てを失う。それがこの世の掟である」


 言い切る魔王の顔には、恐怖の色など欠片もない。

 むしろ、己と対等に戦える者の登場を、待ちわびる喜びに満ちていた。


「なるほど、流石は魔王様だ」


 ここまで潔いと、真一も感心するしかない。


(ゲームで勇者を放置していた魔王達も、同じような気持ちだったのかもな)


 弱者の真一には分らない感情だが、それを貶したり批判したりする気にはなれなかった。


 周りを見回してみるが、メイドのセレスはもちろん、豚頭オーク牛頭ミノタウロスといった魔族一同も、魔王と同じ意見のようだった。

 唯一、リノだけが顔を曇らせていたが、不安や不満を口にする事はない。


 だから、誰も真一を縛りはしない。


 モヤモヤと胸を締め付けるのは、自分の思いだけである。


(このまま俺が帰ったら、魔王達はどうなる?)


 強くなった勇者達の手によって敗北し、皆殺しに遭うのだろうか。

 それとも、上手く撃退し続けるのか、諦めて魔界に帰るのか、または真一とは別の人間を召喚して策を練るのか。


 幾つもの可能性が有り、必ずしも破滅が訪れるとは限らない。

 また、真一が残ったところで、勇者達を撃退できるという保障もない。

 自分の命を最優先するならば、平和で安全な日本に戻る、これが一番に決まっていた。


(だが、ここで帰ったとして、俺は笑っていられるか?)


 魔王が、リノが、セレスが、その他の魔族達が、顔を合わせ言葉を交わした者達が、殺されるかもしれないと知りながら、一人だけ安全な地に戻って、何食わぬ顔で幸せに過ごせるのだろうか?


(それは嫌だな)


 脳裏に一瞬、懐かしい少女の笑顔を思い浮かべながら、真一はゆっくりと頭を振った。


 彼は博愛精神なんて欠片もない、利己的な人間である。


 地球に居た頃だって、世界の反対側で幼い子供が餓死していたり、武器を持たされて戦場に駆り出されたりしていても、平気でご飯を食べ、ゲームで遊び、温かい布団で寝る事になんの罪悪感も抱かない、そんな『普通』の人間であった。


 だからこそ、知り合いが死ぬのを見逃したら気分が悪いという、実に自分勝手な理由でならいくらでも動けた。それに何よりも――


(ここで帰るなんて、面白くない)


 ニヤリ、と真一の口が大きく弧を描く。

 魔法の存在する異世界に、魔王の参謀として召喚される。

 普通だったら絶対に体験できない、貴重で愉快な幸運を手放すなど、有り得ない選択だった。

 命の危険がある、家族が心配する、二度と帰れないかもしれない。

 そんな『常識』的な考えに縛られるような人間ならば、真一はそもそもこの異世界に呼ばれてはいない。


「魔王様、五人の勇者を撃退した報酬を頂いてもよろしいでしょうか?」


「むっ、そうだな、娘以外なら何でもくれてやるぞ」


 急に恭しい言葉遣いで頼み込んできた真一に、魔王は訝しみながらも応じる。

 それを受け、少年は再び笑顔の描かれた仮面を身に着けた。


「では、私に新たな勇者を退治せよと、そうご命じ下さいませ」


「シンイチ、其方……」


「お兄さんっ!?」


 魔王が、リノが、驚きの声を上げ、仮面を着けた真一を見詰めた。


「よろしいのですか?」


 確認するセレスの顔は、普段と変わらぬ無表情でありながら、どこか心配するように陰って見えた。


 これ以上、自分達に関われば、貧弱な人間にすぎない真一は、蘇生すら不可能な消滅を迎える可能性とてあるのだから。


「お家に帰って、妹のミルクでも飲んでいた方がよろしいのでは?」


「妙にエロい改変はやめろ! あと俺は一人っ子だ!」


 毒舌メイドらしい、分かり難いが優しい気遣いに、真一は律儀にツッコミつつ苦笑して言い返す。


「セレスさんやリノちゃんのような、可愛い女の子の危機を放って帰ったら、明日のご飯が不味くなるからな」


「お兄さん……」


 褒められた照れくささと、心配して貰えた嬉しさに、リノは赤くなって涙ぐむ。

 そして、セレスも無表情な口の端を、ほんの少しだけ上げて微笑した。


「つまり、リノ様のミルクを飲みたいのですね?」


「何でだよっ!」


「ふえっ!? リノはオッパイ出ないですよ!」


「シンイチ、ちょっとそちらで話そうではないか」


 真に受けて真っ赤になるリノと、一瞬で殺気を放ち始めた魔王を見て、真一は慌てて本題に戻す。


「とにかくだ! ……魔王様、この仮面参謀スマイルに、勇者の討伐をお任せ下さいませ。魔王様とリノ様を悩ませる全てを、尽く打ち払ってみせましょう」


 改めてキザな演技で宣言する彼に、魔王も真面目な顔に戻ってその覚悟を汲み取った。


「よかろう、蒼き魔王ルダバイト・クローロ・セーマの名において命じる。新たな勇者を、我ら魔族に歯向かう愚か者を、其方の英知で見事に倒してみせよ!」


「はっ!」


「そして、我が愛しの娘・リノに美味しいご飯を捧げるのだっ!」


「最後まで格好つけろよっ!」


 どこまでも親バカな魔王に、思わず裏拳でツッコミを入れる。

 当然、ダメージを受けたのは真一の手の甲だけであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!