第32話


 目が覚めると、携帯がチカチカとメッセージの受信を知らせるランプを点滅させていた。


【大丈夫?】


 それは、過去でも今でも優しい友人からの、メッセージだった。


「奏多……」


 言葉がうまく見つからず、書いては消して……また書いては消して……結局私は短い文章を奏多に送った。


【少し、相談させてほしいことがあるの。今日って空いてるかな?】


【……今日は陽菜と約束があるからまずい。明日はどう?この間の公園で】


「明日、か……」


 すぐに来た返信を見て、一人呟いた。

 本当はいますぐにでも話を聞いてほしい。どうすればいいか一緒に考えてほしい。

 ――でも、彼には彼の今がある。

 それを、私が壊してはいけない。


【ありがとう。それじゃあ明日、公園で】


 メッセージを送信すると、携帯のディスプレイをオフにした。

 机の上には新の日記帳があるはずだ。

 けれど――いくら奏多には強がってみせても……もう一度先程の出来事を文字で受け止めるほど、私は強くなんかなかった……。




 結局、土曜日は何もする気になれずダラダラと一日を過ごした。

 日記帳を開けることもなかった……。

 そして……。


「旭!」

「深雪……ごめんね、休みの日に」

「何言ってんの!呼ばれなかった方が怒るわよ」

「ありがとう……」


 日曜日。

 奏多と待ち合わせた公園に、深雪と一緒に向かっていた。


「あ、もう奏多来てる……。お待たせ」

「いや、時間通り……って、深雪も来たんだ」

「当たり前でしょ!なんであんたが呼ばれて私が呼ばれてないと思ったの」

「そういう訳じゃないけど……」


 軽口を叩き合う深雪と奏多の姿を見ると……ホッとする。

 そして――新が死んだなんて悪い夢で、今にも「何やってんの……」なんて言いながら笑って現れるような気がする……。

 そんなこと――ある訳ないのだけれど。


「ごめんね、奏多。休みの日に……。今日は陽菜との約束、なかったの?」

「うん、今日は大丈夫。こっちこそ昨日はごめんね。さすがに……」

「ううん、陽菜との約束を優先してほしいし、それが当たり前だよ」


 申し訳なさそうに言う奏多を慌てて止めると、私は深雪の方を向いた。


「ねえ、深雪……深雪が知ってる過去で、私と新は別れたの……?」

「別れたのは中学3年の3月。でも……」

「でも?」

「確か一回……何日か別れてた気がする。いつだったか分からないけど……新に聞いたら別れたって言われて……でも、すぐに元通りになってたから……」

「それっていつのことか分かる!?」


 深雪の言葉に思わず大きな声を出すと、深雪はちょっと落ち着きなさい――と言って少し考え込むように黙った。そして……。


「うーーん……ごめん、覚えてないわ。ただ、いつも一緒にいるあんたたちがバラバラにいたのが印象的で、覚えてただけだから……」

「そっか……。ありがとね」


 記憶が変わらない私たちの中にはない、変わったあとの新しい過去の記憶。


「奏多がメッセージをくれたのは……日記が変わってたから、だよね?」

「正確には、書き換えられてた――だけどね。病気のことで二人が揉めたって書いてたから気になって」

「……どうしたら、新は病気のことを私に打ち明けてくれるんだろ……」


 私が呟くと……二人とも、難しい顔をして黙り込んでしまう。


「多分……厳しいんじゃないかな」

「奏多……?」


 言葉を選ぶように、奏多は言う。


「あの頃のあいつは……自分のせいで周りの人間が泣くことを凄く嫌がってた。親に辛い思いをさせていること、これからもさせること……」

「新……」

「だから……あいつの口からは、旭にきっと言えないよ。辛い思いをさせる人を、増やしたくないから……」


 新のことを思い出しているのか……奏多は苦しそうに顔を歪めた。

 奏多の気持ちは分かる。分かる――けれど!


「それでも!私は、知らなきゃいけない!知って、新と一緒に進んでいかなきゃいけないの!」

「旭……」

「辛い思いをしたって……いい。それよりも、新を失う事の方がいやだよ……」

「旭……。――旭は、強いね」


 そう言った奏多の口調が、あの日の奏多と重なった。

 だから――私は否定する。


「強くなんかないよ」

「え……?」

「強くなんか、ない。ホントは怖い。新を失うことも、新が病気で苦しむところを見るのも全部全部怖い」


 今だって、怖くて怖くて日記帳を開くことが出来ないぐらいの弱虫だ。

 過去の新の、あるべき未来を消しそうになってしまったことが……震えるほど怖い。


「じゃあ……」

「でも、今の私は知ってるから。一番辛くて苦しい新の死を知ってるから……だから、新と喧嘩するぐらいなんだってないんだよ。だって……喧嘩して新が私を嫌いになったって、私も新も死なないでしょ?」

「君は……」

「あんた……」


 私の言葉に、二人は困ったような顔をしていた。


「え、なんで?変なこと言った?」

「まいったな……。深雪、なんとかしろよ」

「こんなの……新にしか、どうにもできなわよ」

「だね……。さっさと責任取らさなきゃ」

「な、なんなの?二人とも?」


 顔を見合わせて呆れたようにクスクスと笑う二人に……私はどうしていいか分からず声をかけるけれど、二人はこっちの話、なんて言って教えてくれない。


(そんなに変なこと言った覚えはないんだけど……)


「まあ、いいや。旭の気持ちはよく分かったし。……それで、だ」

「え?」

「俺に、一つ提案があるんだ」

「提案……?」

「多分、あいつなら……きっと上手くいくと思うんだ」


 少しだけ切なそうな顔をしながら……奏多は、そう言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます