第31話




 ―― ガチャ ――


「…………」

「奏多?早かったなー。ごめんな、いつもいつも」


 部屋に入ると、新は勉強机に向かって何かを一生懸命書いていた。

 扉を開けた音が聞こえたのだろう。

 私を奏多だと信じ、何の疑いもなく話しかけてくる。


「……奏多?」

「……新」

「あ、さひ……」


 声をかけた私に……驚いた様子で、新は振り返った。


「なんで……」

「……これ、田畑先生のプリント」

「……奏多のやつ」

「…………」

「……ごめんね」

「え……?」


 何と言っていいか分からなかった私に……新は、笑いながら言った。


「昨日、ビックリさせちゃったよね。……病院行ったけど、何でもないって!疲れてたのかな?俺もビックリしたよ!」

「新……」

「さっきまで、病院でさ!今帰ってきたとこなんだ!入れ違いにならなくてよかったよ……」

「新!」

「な、なんだよ……」


 早口で何かを誤魔化すように話し続ける新の声を遮ると……新はぶっきらぼうに返事をする。


「本当に、なんでもなかったの?」

「だから、そう言って……」


 ごめん、新……。

 私、もう騙されてあげられないよ。


「……本当のこと、話してほしい」

「え……?」

「私、たち……付き合ってるんだよね……?彼女、なんだよね?だったら……」

「…………」


 新は何も言わない。

 何も言わずに、足元をじっと見つめていた。


「新のこと……もっと、ちゃんと……」

「彼女だったら……」

「え……?」

「彼女だったら、全部話さなくちゃいけないの」

「あら、た……?」


 新の声は……今まで聞いたことのないような――冷たい声、だった。

 ダメだ――そう思った。

 私の方を向いた新の顔は……あの時と同じ、覚悟を決めた顔をしていた。


「何もかも話さなくちゃいけないの?どんなに嫌なことでも?それを俺が望んでなくても?」

「あら……」

「――なら、いらない」

「え……?」

「そんな彼女、俺はいらない」

「まっ……」


 新に触れようとした私の手を払いのけると……哀しそうな顔で、新は言った。


「ごめんね……やっぱり俺は、旭を傷付ける事しか出来ないみたい」

「新……?」

「大事にするって言ったけど……無理だったよ」

「待って!」


 そう言う私の腕を引っ張ると、新は私の身体をドアの向こうへと押し出す。

 そして……。


「ごめんね、旭。……大好きだったよ」


 そう言うと……新は、扉を閉めた。




 あの後……扉の前で新を呼び続けている私を不審に思ったのか、新のお母さんが心配そうに二階に上がってきた。

 大丈夫なの?というお母さんに謝ると……私は、新の家を逃げ出した。


「新の……バカ!!」


 家に帰る気分になれなかった私は、新の家の近くの公園のベンチに座り込む。


「何が……何がいらないよ!人が……どんな気持ちでいるかなんて知らないくせに!!」


 悲しかった。

 拒絶されて辛かった。

 でも、でも……それ以上に……。


「腹が立つ!新に!腹が立つ!!」

「……それだけ怒れているなら、大丈夫かな」

「って、奏多……?」

「大丈夫……?」


 いつの間にか私の後ろに立っていた奏多は、心配そうな顔で私を見ていた。

 どうして奏多が……そう思うことすら愚問だった。

 だって、私がここにいることが分かる人なんて――。


「……新に言われて来たの?」

「まあ……そんなとこ」

「…………」

「バカだよなぁ、あいつ」

「ホントにね!」

「どうするの……?」


 奏多は、心配そうに私を見つめる。

 でも、私の気持ちは決まっていた。


「腹立つから……諦めないよ!新にどんなに拒絶されても、私は……新と過ごすこの先を、諦めたくないの!」

「旭……」

「私は、どれだけ私が傷ついたっていい。でも、また何もできないまま電話を待つだけなんて嫌なの!」


 それじゃあ、何の意味もない。

 何のためにここにいるのか分からない。

 せっかく、変えられるチャンスを手に入れたのに、何にもしないまま諦めるなんて、絶対に嫌だ!


「旭は……強いな」

「え……?」

「なんでもない。……あいつ言い出したら聞かないよ?」

「知ってる」

「じゃあ……」

「でも、私に新が必要なように……新にだって、絶対私が必要なはずだから!」




 ◆◆◆




「旭のこと、家まで送ってきたよ」

「やっぱり公園にいた……?」

「ん。……よく分かってんじゃん」

「そりゃ……彼女だからね」


 新がベッドを背もたれにして座り込んでいる。

 旭を送った後、奏多が新の家に向かうと……項垂れた新の姿があった。


「旭……泣いてた?」

「……怒ってた」

「ははっ……なんだそれ」


 笑う新は……辛そうな表情をしていた。


「本当に、よかったのか?旭なら……お前の身体のことも……」

「――受け入れてくれるだろうな」

「じゃあ……!」

「でも、きっと俺の知らないところで泣くんだ。俺のせいで傷つけるんだ。そんな想い、させたくない……」

「――勝手だな」

「知ってる」


 新の隣に座ると、奏多は言った。


「いいじゃん、傷つけたって。どっちみちフッたら傷つくんだし」

「それとは、比べ物にならないだろ……!死ぬんだぞ、俺は……!」

「それでも……傷ついてでも旭は、お前の傍にいたいって願うかもしれないだろ……」


 そう言う奏多の声は……新に負けないぐらい、苦しそうで……。

 そんな奏多を見て、新は口を開いた。


「……なあ、奏多」

「なんだよ」

「お前、さ……旭のこと、好きだろ……?」

「…………ああ」


 奏多が小さく呟くと、やっぱり……と新は言った。


「じゃあ……」

「でも」

「え?」

「お前の代わり、なんてしてやらないからな」

「奏多……」

「分かってんだろ?旭が好きなのは、お前だよ。……言わせんな、こんなこと」

「っ……ごめん」


 奏多は立ち上がると、新の頭を小突いた。

 そして……。


「さっさと、腹括れ。旭は……きっと、諦めてなんかくれないぞ」


 そう言うと、奏多は新の部屋を出て行った。

 奏多のいなくなった部屋からは、新が小さく呟く声が聞こえた。


「……知ってる」


 その声を聞いた奏多は……安心したような表情を浮かべると、一人階段を下りて行った。



 ◆◆◆


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます