今日も明日も明後日も

第30話


 家に着くと、置いたままになっていた日記帳を開いた。



◆―◆―◆


 4月30日


 一晩入院して夕方に家に帰ってきた。

 病院では何故もっと早く来なかったのかと先生に叱られた。

 自分の身体をもっと大事にしなさい、と。


 分かってはいた。けど……

 どうせ今しか一緒にいられないのなら、旭といたいって思ってしまったんだ。

 だって、来年の旭の誕生日を祝える保証なんて、どこにもないんだから……。


 夕方、旭がお見舞いに来てくれた。

 けど……なんて説明していいか分からなくて、会わずに帰ってもらった。

 俺のせいで怖い思い、させたよね。

 旭、本当に……ごめん。


◆―◆―◆



「新……」


 どうしたら新の中の諦める気持ちを、少しでもプラスに出来るのか。

 来年も、再来年も一緒にその日を迎えるために、私にできることはなんだろう……。


「やっぱり……どうにかして、新の病気をに対して教えてもらわないと……」


 その為に出来ることはなんだろう……。


 ――考えても考えても、答えは出なかった。


「でも、会いに行かなくちゃ」


 会いたくないと言われても、会わなくちゃ……そう思いながら私は、ベッドに寝転んで目を閉じた。




 ◆◆◆



 目が覚めると、日付を確認する。


 ― 4月30日 ―


 あの日の……翌日だ。


「ごめんね、新……」


 かけてあった制服に着替えると、学校へ行く支度をする。


「いってきます」


 玄関を出る足取りは重い。

 それでも何とか歩き続けると、新との待ち合わせ場所についた。


 誰もいない、待ち合わせ場所に。


「新……」


「……新なら、今日は休みだよ」

「っ……かな、た……?」

「って、知ってるか……」

「うん……」


 ――何も聞かれないことが、苦しい。

 いっそ罵ってくれたらいいのに。


『何やってんだ!』

『無茶しないように見守ってくれるんじゃなかったのかよ!』


 そう、言ってくれた方が……どんなに気が楽だろう……。


「大丈夫?」

「私は……大丈夫……」

「……新が」

「え?」

「新が心配してた」


 そう言う奏多の顔を見上げると……奏多は硬い表情で私を見つめていた。


「――やっとこっち見た……」

「え……?」


 小さな声で何かを呟いた気がしたけれど、何でもない――と言って奏多は話を続けた。


「いや……新がさ、旭の前で倒れたって。心配してるんじゃないかって気にしてたよ。本当なら自分で休むって連絡しなくちゃいけないんだけど……何て言っていいか分かんないからって」

「それで、奏多が来てくれたの?」

「まあ……そんなとこ」

「お人よしなんだから」


 そう言って笑うと、ホッとしたように奏多の表情が緩む。


「知ってるかもしれないけど、新のやつ心臓のこと人に知られるの極端に嫌がるんだ」

「ん……」

「自分のせいで親が泣いている姿とか見てきたからだろうけど……。旭にも、きっとそんな顔、させたくないんだと思う。だから……」

「――ありがとう」


 奏多の言葉を遮ると、私は言った。


「でも、私は知らなきゃいけないの。新のこと、病気のこと、もっともっと知っていかなきゃいけないの」

「旭……」

「そうじゃなきゃ……また、何もできないまま……」


 胸が苦しいくらいに痛くなる。


 このままだと、また新とのお別れが来る。

 そして、後悔するんだ。

 何もできなかったことを。

 何も変わらなかったことを。


「だから、辛くても苦しくても……それが新を苦しめることになったとしても、私は知りたい。新の口からきちんと聞きたい」

「分かった、分かったから……そんな顔、しないで」

「え……?」

「――なんか、俺が泣かしてるみたいな気分になる」


 そんなに辛そうな顔をしていたんだろうか。

 困ったような表情をして私を見る奏多に、意識して笑顔を向ける。


「だから、大丈夫だよ!」

「そっか。……こっちで辛くなったらいつでもいいなよ。話ぐらいは、聞いてあげるから」

「え……?」

「言えないでしょ?この先を知ってるが故の悩み、なんて誰にもさ」

「奏多……ありがとう」


 そう言う私に……奏多は小さく笑いながら言った。


「まあ、なるべくだったら二人の楽しそうな顔が見たいしね」

「奏多って……いい人だね」

「今頃気付いたの!?俺は最初からいい人ですよ?」


 不服そうに言う奏多が可笑しくて……つい笑ってしまう。

 そんな私を見て、もう一度奏多も笑った。


「でもって、いい人の奏多君からもう一つ」

「え……?」

「今日、会えるように協力してあげるよ」

「――さっきのもそうだけど……関わらない、んじゃなかったの?」

「まあ……今日は特別。旭もだけど……新も辛そうな顔、してたから」


 何かを思い出したように、苦しそうな表情をする奏多。


「一人で抱え込もうとするバカな友人のために協力するだけだから、旭のためじゃないからいいんだよ」

「奏多……」

「早くまた二人で、俺たちが嫌ってほど仲良いとこ、見せつけてよ」

「ありがとう……」


 お礼を言う私に、微笑んだ奏多の顔は……何故か複雑そうな表情をしているように見えた。




 放課後、私と奏多は新の家の前に立っていた。


「メール返ってきた?」

「うん……やっぱり、今日は会えないって」

「理由は?」

「外に出てて帰るのが遅くなりそう、だって……」

「あいつ……」


 そう言うと、奏多はポケットから携帯電話を取り出した。


「何を……」

「シーー」


 奏多は人差し指を口に当てると、静かにするように私に言った。

 そして……。


「あ、新?お疲れー。もう病院終わった?……そっか。田畑センセーからプリント預かってんだけどどうする?……っていっても、もうすぐお前んちの前だよ」


 電話の相手は新のようだった。

 電話の向こうから、私と話す時よりも軽い感じの新の声が漏れ聞こえてくる。


「んじゃ、今から行くわー。……え?大丈夫大丈夫、おばさんいるんだろ?開けてもらうからお前は出てくんな。階段の上り下りでまた発作起こされたら困るわ」


 奏多の慣れたような軽口に、新が何かを言っているのが聞こえた。けれど、奏多はお構いなしに話を終わらせる。


「おー、それじゃまたあとで」


 携帯電話をポケットに戻すと、奏多は私を見てニッと笑った。


「ってことで、これ」


 鞄から1枚のプリントを取り出す。


「これは……?」

「だから、田畑センセーからの預かりもの」

「あれ……本当だったんだ」

「そっ。んでもって……」



 ―― ピンポーン ――



『はーい?』

「あ、おばちゃん?俺、奏多です」

『あ、はいはい。ちょっと待ってね』


 ガチャっという音とともに、玄関の扉が開く。

 そこには……新のお母さんが立っていた。


「こんにちはー」

「こんにちは。……そちらは?」

「あ、この子?新の彼女」

「っ……!?奏多!?」

「……あらあら、まあ!そうだったの!初めまして!」

「は、初めまして!竹中 旭です」


 あの日――新のお葬式で会った時と比べて、随分と若く見える。


(たった3年前なのに……)


「あの……?」

「あ、いえ……なんでも、ないです」


 鼻の奥がツンとするのを感じ、思わず黙ってしまった私を……新のお母さんは不思議そうな顔で見ていた。


「新には連絡したんだけど、プリント持ってきたよー」

「いつもゴメンね、ありがとう。……さあ、二人とも上がって?」

「は、はい!」


 新のお母さんの後ろをついて行こうとしたその時……奏多がわざとらしく大きな声を出した。


「はーい……っと、

「奏多……?」

「ってことで、おばちゃん!俺帰るから!プリントは旭に渡してあるし、新も俺が行くより彼女が行く方が喜ぶと思うから」


 そう言うが早いか……奏多は新の家から飛び出してしまった。

 ……私に、ウインクひとつ残して。


「え、えええ……!?」

「――旭さん、だったかしら?」

「は、はい!」


 奏多の行動に慣れているのか、残された私に微笑みながら新のお母さんは言う。


「よければ上がって?新も喜ぶと思うし」


 そう言って手招きをする新のお母さんの言葉に甘えて、私は新の家に上がらせてもらうことにした。


「お邪魔します……」

「はい、どうぞ」


 出されたスリッパを履くと、新のお母さんは階段の方に視線を向けた。


「新の部屋はね、2階の突き当たりなの」

「はい……」

「ただ、その……昨日、ちょっと体調を崩しちゃって……」

「あ……」

「今ナーバスになってるみたいだから……」


 新のお母さんは、知らない……。

 その原因が、私に、あることを。

 私のせいで、新が死にかけたことを。


「ごめんなさい……」

「何で旭さんが謝るの?」

「だって……私が……もっとちゃんと気付いていたら……」


 俯く私に、新のお母さんは小さくため息をついた。


「聞きやしないわ。あの子ね、ああ見えて頑固なのよ」

「……」

「自分でこうって決めちゃうと、絶対に譲らないの。……誰に似たのかしらね」


(頑固……か)


 確かに、あの時もそうだった。

 どんなに私が嫌だと言っても、理由を教えてと縋っても、新は私の方を見ようとしなかった。

 もう、決めたんだ――そう言った新の顔は、苦しそうな表情をしていた。


「だからね、旭さんが気にすることなんて何もないのよ」

「でも……」


 それでも、どうして止められなかったのかと、私になら止められたのにと、悔やんでしまう。

 ……そんな私に新のお母さんはそっと微笑みかけてくれる。


「そんなにまであの子のことを想ってくれてありがとう」

「え……?」

「これからも、困らせる事があるかもしれないけど……新のこと、よろしくね」

「っ……はい!」


 そして、新のお母さんは私の背中にそっと手を当てると、階段の方へと促した。


「あとでお茶、持っていくから……先に行っててくれるかしら?」


 気が利くでしょ?なんて言いながら新のお母さんは笑う。


「でもって、ちょっとは大人しくするように言ってもらえる?私の言うことは聞かなくても、彼女の言う事なら聞くかもしれないし」

「分かり、ました」

「それじゃあ、あとでね」


 廊下の向こうに歩いて行く新のお母さんの背中を見送ると、私は一段、また一段と階段を上る。

 そして……。


「ふぅ……」


 息を一つ吐き出すと……新の部屋のドアノブに、手をかけた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます