この世界で、君と二度目の恋をする

作者 望月くらげ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第23話へのコメント

     どんどん過去が変わっていってますね。ここからどんな風に二人の未来が紡がれていくんだろう。楽しみなようで、やっぱり切ない未来が待ってそうで、どきどきしながら読み進めています。

  • 第3話へのコメント

     全面的に信頼して背中を押してくれる親友っていいですね。深雪ちゃん、いい子や~(*^^*)

    作者からの返信

    読み進めてくださりありがとうございます!
    深雪のような存在って旭にとっては凄く大事で大切なものだと思うのでそう言っていただけると嬉しいです!

    2019年10月11日 18:53

  • 第2話へのコメント

     幸せな思い出と、どうにもできない今の切なさの対比がいいですね。

  • 第1話へのコメント

     なるほど。パラレルってるんですね! 日記と夢を通して変わっていくと、……最後にはハッピーエンドが待っている? 

  • プロローグへのコメント

     切ないスタート。続きが気になります。

  • エピローグへのコメント

    読了しました。

    面白かった。第33話の辺りから涙腺が緩みっぱなしでやばかったです。
    それぞれが相手を思いやる故の切なさ、胸に刺さりました。
    主演のふたりはもちろんですが、奏多が素晴らしかったですね。
    サブキャラがしっかり描かれている恋愛ものは大好きです。
    ツイッターでもつぶやきましたが、ヒューマンドラマはむしろサブキャラをどれだけしっかり描くかがキモかと存じます。本作は、それが絶妙な形で配置及び表現されていました。
    ラストも安易な蘇りとかじゃなくて良かったです。

    素敵な物語をありがとうございました。書籍版も楽しみに読ませて頂きます。

    追記
    表題は初恋ダイアリーの方が好みです。結末まで読んでそう感じました。

    作者からの返信

    最後までお読みいただきありがとうございます!
    奏多についてお褒め頂き嬉しく思います!新と旭の物語ですが奏多や深雪がいなければきっと成り立たなかったと思うので、そう言っていただけると作者冥利に尽きます!
    また、書籍版も手に取って頂けるとのこと、ありがとうございます!
    装画の美しさと、(きっと)ブラッシュアップされている(で、あろう)書籍版もどうぞよろしくお願い致します!

    それでは、本当にありがとうございました!

    2018年11月3日 20:03

  • 第9話へのコメント

    こうやって新しい思い出が、新しい過去ができていき……んんん、どうなるんだー!駆け足でここまで読んでしまいましたが、書籍の電子版の方をポチらせて頂きましたので、最初からじっくり読もうと思います。いいですねえ、切ない恋愛もの。自分はなかなか書けない世界なので感服します~!

    作者からの返信

    読み進めて頂きありがとうございますー!
    そして、電子書籍版をご購入いただいたとのこと!!本当にありがとうございます!
    この先いったいどうなるか、是非電子書籍の方でご確認いただけると嬉しいです!
    本当にありがとうございました!

    追伸
    サロメ様の作品をいつか読もうと先日よりフォローさせて頂いております……!古代トルコのお話が好きで、カクヨムでまさか読めるなんて!!と勢いよくフォローさせて頂きました!(フォローがきっかけで私の方のページに来てくださったのでしたら、すみません! でも、ありがとうございます!!)
    少しずつ読み進めていこうと思っておりますー!楽しみです!
    長々と追伸、失礼しました!

    2018年10月4日 10:44

  • 第6話へのコメント

    書籍版で読もうと思ったけど止まらない(笑)

    ≪≪もし、過去を変えて新が日記を書くのをやめてしまったら……どうなるの?≫≫

    これ、考えたら怖くなるんですけど……。

    作者からの返信

    止まらないだなんてそんな嬉しいお言葉……ありがとうございます!

    過去を変えることでプラスに働くこともあるけれど、自分の行動でそれから先がガラッと変わってしまうこともある、という恋愛小説なはずなのに雲行きの怪しいセリフでした^^;

    2018年10月4日 10:37

  • 第3話へのコメント

    書籍化されているとのことで、試し読みさせて頂いてます。
    甘く切ないお話なのかと思えば、なかなかにハードなミステリー要素を感じます。「コピーを取ってそれから夢を見たら?」とか発想が面白すぎます……!

    続きはやはり書籍で読もうと思います。
    でも、こうやって思ったことをちょこちょこと書いていけるweb版は楽しいなーと思ったりもします。

    作者からの返信

    はじめまして、コメントありがとうございます!
    返信が遅くなり申し訳ありません……。

    試し読みありがとうござます!
    発想が面白いと言って頂けて嬉しいですー!
    こうやってコメントを頂けるのはWeb版の強みだなーと私も思います。書籍でもWEB版でもどちらにしても読んで下さった方が楽しんで下さると嬉しいです。
    コメントありがとうございました!

    2018年10月4日 10:36

  • 第1話へのコメント

    こういう展開で行くんですね、もうすでに結末が気になり始めました……。

    作者からの返信

    はじめまして、お読みいただきありがとうございます。
    結末が気になるとおっしゃっていただいて嬉しいです。
    物語が進むにつれ、少しずつ過去にも現在にも変化が訪れていきますので、楽しんでいただければ嬉しいです。
    よろしくお願い致します!

    2018年7月6日 01:00

  • エピローグへのコメント

    素晴らしいお話でした。
    色々な感情を糧に変え前を向く少女の姿がとても尊く、切ない余韻に浸っているのに明日に立ち向かう力を貰える、そんな不思議でとても印象的な読了感を感じさせて頂きました。
    作中人物にも関わらず「あなたの進む道に幸多からん事を」なんてエールを贈りたい気分です。
    素晴らしい作品をありがとうございました。

    作者からの返信

    はじめまして、そしてエピローグまでお読みいただき、ありがとうございます!
    決して幸せなことばかりではない物語ですが、前を向いて立ち上がって進んでいく彼女たちの姿を描きたかったので、「明日に立ち向かう力を貰える」と言って頂けて嬉しかったです!
    こちらこそ最後までお読みいただきありがとうございました。

    2018年7月6日 00:57

  • プロローグへのコメント

    初めまして。
    先月登録したばかりの新参者です。
    @BCNR33と申します。

    書籍化おめでとうございます。


    登録前の正月頃に一度拝読したもので、ビックリしました。
    タイトルが変わっているなんて……。


    作者からの返信

    はじめまして!お読みいただきありがとうございます!
    そうなんです、書籍化にあたって受賞時から改題となっております。
    驚かせてしまい申し訳ありません、、、
    もし本屋さんで見かけることがあれば、あの作品だーと思い出していただけると幸いです(*´▽`*)

    2018年4月18日 08:50

  • 第3話へのコメント

    けっこう大胆な決断ですね、これ。主人公、なにげに度胸ある造形だなあ。。。

    作者からの返信

    読み進めていただきありがとうございます!
    返信が大変遅くなり本当にすみません!

    ただひたすら前向きに決断できたのはきっとこの三年間後悔し未練があり続けたからだと思います。
    この選択がこの先どうなっていくのか楽しんでいただけたら幸いです!

    2018年4月18日 08:48

  • エピローグへのコメント

    完結、お疲れ様でした。いいラストでした。前を向く大切さを旭は新にもらったんだろうな。

    作者からの返信

    最後まで読んでいただきありがとうございます!
    にもかかわらず、返信がこんなに遅くなってしまい本当にすみません!
    これが本当に幸せなのか、と悩むこともありましたがそう言っていただけると嬉しいです。
    きっとこれからの人生を旭は前を向いて歩いていけると思います!
    ありがとうございました!

    2018年4月18日 08:45

  • 第27話へのコメント

    こんなに幸せなのに過去は変えられないこともある。意味深いです。

    作者からの返信

    読み進めていただきありがとうございます!
    そして、返信がとっっっても遅くなり申し訳ないです……。
    変わる未来、変わらない過去、それぞれ経験しながら旭も新も成長していっています!

    2018年4月18日 08:43

  • 第23話へのコメント

    奏多くんの存在がとても大きい(。´Д⊂)

    作者からの返信

    すっっっごく返信が遅くなりすみません……!
    お読みいただきありがとうございます!
    良い人でちょっぴり不憫な奏多ですが彼がいるおかげで旭も新も救われてます(´;д;`)

    2018年4月18日 08:39

  • 第1話へのコメント

    多少ファンタジー入った恋愛モノなのかな。。。

    作者からの返信

    とっっっても返信が遅くなり申し訳ございません!
    お読みいただきありがとうございます!
    日常に非日常が混ざった物語が好きなのでこちらも恋愛(+ファンタジー)になってます!
    楽しんでいただけたら嬉しいです♪

    2018年4月18日 08:38

  • エピローグへのコメント

     読ませていただきました。安易な予定調和でなく、各々が自分に、そして相手と向き合った、その結果。
     詳細は省きますが、予想の上を行く、いいラストです。連載お疲れ様です。

    作者からの返信

    主人公へのご都合主義、というのだけは嫌だと思っていたので少し悲しいけれど前を向けるように、とこのようなラストになりました。
    ハッピーエンドじゃないといえばないので受け入れていただけるか不安でしたが、そのように言って頂けて嬉しかったです!
    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    2017年2月9日 09:06

  • エピローグへのコメント

    「タイムスリップ」「過去改変」、個人的に大好きなキーワードが多数織り込まれている作品という事で、一気に最後まで読ませて頂きました。
    やがて訪れるであろう別れを変える事は出来ない、元からあった運命はたった1人の力では抗えない、でも最期の時まで一緒に居る、という形での書き換えなら……。
    新君のみならず、日記を手放し、未来へ目を向ける決心が出来た旭さんの心もまた、きっと自らの意志で「改変」出来たのかもしれないですね……。
    切なくも暖かい物語、ありがとうございました。

    作者からの返信

    はじめまして!コメントにさらにレビューにと本当にありがとうございます!
    新のために過去を変える、そう旭は言っていましたが旭自身が未来を生きるために過去を変える、というのがこの作品の根底にあったので旭の意志で改変できた、と言って頂けて嬉しかったです!
    旭と新の物語を、最後まで読んでいただきありがとうございました!

    2017年2月9日 09:03

  • 第27話へのコメント

    ずっとこのままじゃだめなのか・・・!泣

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!
    このまま誰も傷つかず、幸せな過去を過ごしていければよかったのですが…。

    2017年1月24日 23:29

  • 第1話へのコメント

    コメント連投すいません。
    面白い設定! 切なさと嬉しさが複雑に交わる、そんな気持ち……。

    作者からの返信

    引き続きお読みいただきありがとうございます!
    嬉しさが切なさに変わり、切ないからこそまた嬉しくなり…。
    そんな旭の想いを読みとって頂けて嬉しいです(*´▽`*)

    2017年1月24日 23:27

  • プロローグへのコメント

    うわっ! 切ない……;; こちらを読み終えたところで、あらすじを拝読させていただいたのですが、「過去を変える」ですって!? ……おお、気になります……。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!
    過去を悔やむ旭の過去を辿る物語、お付き合い頂ければ嬉しいです(*'▽'*)

    2017年1月24日 23:26

  • 第22話へのコメント

    陽菜も辛いなぁ・・・

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    事情を知らない陽菜からすれば何が起きてるかも分からず、けれど巻き込まれ…と少ししんどいポジションにいるのかもしれません。

    2017年1月22日 23:37

  • プロローグへのコメント

    いい出だしですね!

    先が気になります( ˘ω˘ )

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!
    先が気になると言っていただけて嬉しいです(*'▽'*)
    物語が進むにつれて切なくなっていくはずですので、よろしくお願いします(*´▽`*)

    2017年1月20日 10:04

  • 第8話へのコメント

     以前と違う距離感。
     誰が誰を好きとか、距離をはかっていた時期、ありましたね。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!
    甘酸っぱくて、でもあとから思い返すとどこか恥ずかしいあの時期…。なんとなく感じていただけたなら嬉しいです(*'▽'*)

    2017年1月20日 10:02

  • 第6話へのコメント

     友達のなり始め、自分自身でも意識しないと思い出せませんね。

    作者からの返信

    コメント&引き続き読んでくださりありがとうございます!
    仲がいい友人との出会いって、意外と思い出せないものですよね。でも思い出せないぐらい長い時間を一緒にいたのかな?なんて思います。

    2017年1月17日 22:10

  • 第3話へのコメント

     何でも話し合える親友、いいですね(内容は普通に考えたら突飛ですが)。

    (ルビ報告)
     堂浦 |奏多《どううら かなた》→|堂浦《どううら》 |奏多《かなた》
     おそらくこうなってると思うので。

    作者からの返信

    続けてのコメントありがとうございます!
    またルビのご指摘も感謝です><
    こちら修正させていただきました!教えていただいてありがとうございます!

    2017年1月17日 22:09

  • 第2話へのコメント

     彼の思い出を追体験する日記、そこに綴られている過去とは。
     衝撃的な初回と対比するような惹きつけ方がよいです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    幸せな過去と切ない現在の対比を意識していたのでそうおっしゃっていただけると嬉しいです!

    2017年1月17日 22:08

  • 第4話へのコメント

    夢の逢瀬……謎を追いつつも、涙、涙……。。。

    作者からの返信

    ご感想ありがとうございます!
    過去が変われば変わるほど、今の旭は切なくなってしまうのかもしれません…。

    2017年1月12日 21:46

  • 第2話へのコメント

    すごい、ちゃんとダイアリーになってるんですね!
    日記を振り返る文章がするっと入って来ます。新くん……(T-T)
    え? 過去が変わるの?! 続きが気になります……。

    作者からの返信

    >>ゆめみりか様
    プロローグに続いて読み進めていただきありがとうございます!
    少しずつ日記帳が影響して物語が動き始めております…!
    そしてレビューも嬉しかったです!これからも読んでいただけるように頑張ります!

    2017年1月10日 20:46

  • プロローグへのコメント

    はじめまして。ゆめみりか と申します。
    同じ恋愛ジャンルコンテスト参加のお話なので迷ったのですが、概要に惹かれましてσ(^◇^;)フォローさせて戴きました。
    これから読ませて戴きます。どうぞ宜しくお願いいたします。。。

    作者からの返信

    >>ゆめみりか様
    はじめまして!コメントありがとうございます!
    同ジャンルですと覗くのってちょっと勇気いりますよね…!私もなかなか恋愛ジャンルの他の方の作品には手が出しずらいです(;^_^A
    ありがとうございます!よろしくお願いします(*'ω'*)

    2017年1月10日 20:44

  • 第7話へのコメント

    切ないです。読みながら、目が潤んでます。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    これからどんどんと物語が進んでいきますのでどうぞよろしくお願いします!

    2017年1月4日 21:41