第01話 富饒への希求

「俺達は無理難題を要求している訳柄わけじゃない!」

 邪馬台城に向かい仁王立ちとなったスサノオは雄叫びを上げた。彼の眼前には、身の丈の3倍は高く、両腕を広げても抱え込めない程に太い丸太をつなげた門扉が屈起くっきしている。背後では、彼に率いられた1万人強の民衆が手に手に石槍を持って徒党を組んでいる。

 彼らは熊本平野を拠点とした農民集団であり、スサノオ達の暮らす一大集落は『狗奴くぬ』と呼ばれた。魏志倭人伝にも『狗奴国』の名が登場する。邪馬台城に押し寄せた狗奴人は男ばかりで、働き盛りの10歳前後から25歳前後。女子供は熊本平野の集落で留守を預かっている。

 2世紀初頭の弥生時代末期。当時の平均寿命は30歳にも満たない。それだけ生き延びる事が厳しい時代であった。一方で、日本の総人口は約60万人。稲作が普及した御蔭で縄文時代の3倍まで増えている。

 最大の人口密集地は此処、邪馬台城を中心とする筑紫平野で、約15万人が暮らす。次なる人口密集地は5万人強が暮らす熊本平野。日本の総人口の3分の1が筑紫平野から熊本平野にまたがる地域で暮らしていた。

 現代の筑紫ちくし平野は1200平方キロの面積を誇るが、干拓していない弥生時代の海岸線は今より奥まっており、その面積は900平方キロ程度。

 次にコメ収穫量を考察しよう。現代では1平方キロ当り約500とんであるが、僅か100年前の明治時代は200とんに過ぎない。稲作黎明期の弥生時代は明治時代の僅か4分の1だと仮定すると、筑紫平野のコメ収穫量は4万5千とんと試算される。

 現代日本人の1人当りのコメ消費量は60千瓦キログラムと少ないが、それはコメ以外の豊富な食糧に恵まれているからだ。弥生時代の人々は現代人の3倍の量を食べていたと仮定すると、筑紫平野の扶養可能人口は25万人と推定される。つまり、筑紫平野は周辺地域の人口も養っていたのだろう。

 九州第二の穀倉地帯である熊本平野では自給自足が可能。筑紫平野のコメを欲する周辺地域――熊本平野以外の九州各地――には10万人弱の人々が住んでいる。

 その内、約3万人は熊襲くまそ族と呼ばれ、九州南部を拠点に独自の生活習慣を営んでいた。九州東部にも3万人弱、中津や宇佐を中心とした広範囲に黒輝族の生活圏が広がっている。平野部の少ない九州西部でも、1万人前後が山間に点在するように暮らしており、那岐族と呼ばれた。

 人口は稲作普及度と強い相関関係を示す。九州全域と本州全域の人口は約30万人ずつで概ね拮抗する。濃い人口密度から稲作が支える九州の隆盛が窺えよう。

 広大な関東平野には稲作が行き渡っておらず、人口密度は低い。約5万人の人口を抱える大阪平野が、本州では最大の人口密集地だった。


「不思議な白い粉を分けて欲しいだけなんだ!」

 スサノオが叫んでいる『不思議な白い粉』とは酸化カルシウム。読者に馴染みの有る言葉を使えば、生石灰きせっかいである。

 邪馬台国では生石灰を除湿剤として使っている。

 籾米を越年貯蔵する際、カビが生えたり腐ったりしないように、生石灰を床下に撒くのだ。勿論、籾米の貯蔵倉庫に密閉性が無ければ、除湿剤は意味を為さない。

 当時、大半の地域に建てられた籾米倉庫は、木材を組み上げるだけの高床式。湿度に応じて微妙に伸び縮みする木材が通風性を担保していたものの、除湿効果までは期待できなかった。

 秋に収穫した籾米が乾燥した冬を越す分には問題無い。

 だが、春先の長雨を経て、本格的な梅雨入りを迎えると徐々そろそろ、保存状態が良好だとは言い難くなる。酷い時には、水分を吸った籾米が倉庫の中で発芽してしまい、貯蔵物としての意味を失ってしまう。して更にもう1年、越年貯蔵を試みるなんて考えられない話であった。

 一方、邪馬台国は気密性に優れた巨大穀物倉庫を保有している。煉瓦を積み上げてはセメントを被せ、頑丈な壁を築いている。丸太を割り裂いた平板を何枚も屋根に渡し、平板の隙間をセメントで埋め、最後は漆喰で上塗りする念の入れようだ。

 明り取りの窓が幾つか壁に穿うがたれているが、壁全体に比べると僅かな占有面積。その窓にも木工扉を取り付け、外気の遮断に心を砕いている。

 生石灰と一緒に籾米を貯蔵すれば、相当に長い期間、越年貯蔵が可能だ。


「邪馬台城でコメを貯蔵してくれる事には感謝している。

 だが、不思議な白い粉を分けてくれたら、俺達自身でコメ貯蔵が出来る。自分達で収穫したコメを、自分達で貯蔵したいだけなんだ!」

 邪馬台城は九州周辺で収穫された籾米を長期貯蔵する事業ビジネスを展開していた。

 籾米を預かる際に、中国の漢王朝や魏王朝から頂戴した銅貨を手渡す。麻袋100俵と引き換えに、1枚の銅貨を引換証として渡した。

 逆に、籾米を預けた人々は、邪馬台城から籾米を引き出す際、その銅貨を渡す。そうすると、麻袋80俵を引き出せる。差し引き20俵分は邪馬台城の手取りマージン。

 ちなみに、朝貢の見返りに中国の大国から下賜かしされた銅貨であったが、日本に持ち帰っても遣い道が無い。窮余の策として利用し始めたのだが、籾米の引換証としての利便性がすこぶる良かった。

 尚、表面的には貨幣経済のごとき現象であるが、需給に応じて米相場が変動するのではなく、あくまで引換証に過ぎない。

 さて、九州各地の人々は、食糧として来年の梅雨時つゆどきまで必要とする籾米を、当然ながら、自分達の高床式倉庫で貯蔵する。

 ――何故、邪馬台城に預けるのか?――

 貯蔵技術の未熟さゆえに梅雨時を越せず、捨ててしまう籾米を邪馬台城に預けるのだ。80%は温存されるのだから、邪馬台城が20%の暴利を貪っても、不満を募らせる者は皆無。唯一、スサノオが率いる狗奴くぬの民を除いて。

 ――何故、スサノオ達は邪馬台城に不満をつけるのか?――

 邪馬台城は現代の佐賀県鳥栖とす市――九州最大の筑紫ちくし平野の中央部――に所在する。

 多年度にわたる貯蔵を可能とした筑紫平野は他の地域よりも豊かになった。豊かになれば、商品が集まる。物品を手放す者と求める者とを効率的に引き合わせる常設市場マーケットが幾つか、邪馬台城を中心に点在していた。

 その一つが吉野ヶ里。

 吉野ヶ里の市場では、近隣住民が地元の特産品を持ち寄り、盛んに商売していた。売買する際は、現代の金銭に相当する交換ツールとして、籾米を使用する。

 いずれも小額商品である。籾米80俵に見合う高価な商品は無く、引換証として受け取る銅貨は交換ツールとして釣り合わない。擬似通貨としては1升とか1合の籾米で十分なのだ。

 ――潤沢な籾米が手元に有れば、自分達も常設市場マーケットを開催できる――

 スサノオ達は、そう考えたのである。

 熊本平野でも交易拠点を設ければ、少なくとも九州南部に住む熊襲くまそ族は自分達の経済圏に組み込める。すなわち、農業だけでなく、商業でも潤う。経済学的に理路整然と算盤そろばんを弾いてはいないが、スサノオ達の鋭い嗅覚は富へと通じる道を嗅ぎ取っていた。


「毎年、毎年。狗奴くぬ者供ものどもは本当に執拗しつこいですね。最近は、あの声を聞くと、冬の到来を感じるようになりました」

 邪馬台城の宮殿で仕える宗女達に向かい、卑弥呼が倦んざりとした様子で独り言を言う。

 スサノオ達は5年以上も連続して抗議活動を続けていた。実りの秋に感謝して稲刈りを終えると、冬の到来までの僅かな期間、こうして徒党を組んで邪馬台城へと押し寄せている。

 最初は此れ程の人数を集められなかったが、年を追う毎に一揆に集う狗奴人くぬびとの数は増え、今年は1万人強の規模まで膨らんだ。

 熊本平野を中心とした自分達の経済圏を作ろう――と力説するスサノオの呼掛けは、豊かさを求める狗奴人達の飽く無き欲求心をくすぐり、彼らの夢を掻き立てたのだ。

 ただ、邪馬台城の周辺に野宿をして抗議活動を展開する期間は1カ月弱に過ぎない。

 冬の訪れと共に、今度は鹿や野猪いのししを探しての狩猟生活に入る。時には、熊襲くまそ族の案内で、冬眠中の熊を捕獲したりもする。狩猟の際には、鋭く削った黒曜石を穂先に付けた石槍を使う。

 石槍を手にして抗議活動に参加する理由の一つは、狩猟活動に先立っての身体慣らしウォーミングアップである。スサノオ達は、城内には鉄製の武器を携えた兵士が控えている事を知っており、彼らと本気で戦おう等とは微塵も考えていない。

 一方、留守宅を預かる女子供は、山に分け入り、栗や胡桃くるみの採取に明け暮れる。木の実は貴重な越冬食糧なのだ。柿の実を見付ければ、それも口にする。柿の実は乾燥させねば保存が効かないので、邪馬台城に迫る男達が熟れた柿の柔らかい食感を味わう事は無い。もっぱら女子供の甘味糧デザートとなっている。

 筑紫ちくし平野にたむろしている間、男達が口にする主な食糧は、熊本平野から持参したコメ。副菜として、籾米との交換で地元住民から入手した魚や肉の燻製、里芋や山芋等の根菜が野宿の食卓に並ぶ。

 ジャガイモやサツマイモは、弥生時代の日本には伝来しておらず、戦国時代から江戸時代初期に掛けての時期に近世欧州ヨーロッパから伝わった作物なのだ。

 スサノオ達は、地元住民にとっては団体旅行客と同じなので、密かに歓迎されていた。食糧に加えて細々こまごまとした生活必需品も売買できる。彼らの抗議活動は多大な経済効果を地元住民にもたらした。

 だからと言って、地元住民は抗議活動に加担しない。邪馬台城の御膝元に住むからこそのインバウンド効果だ、と肌身に沁みて理解している。


「あれだけの人数を集めておいて、一体、何をしたいのでしょう? 我らは痛くも痒くもないと言うのに」

 邪馬台城は直径1千米キロメートル強の少し歪な円形の敷地に築城されている。

 現代の皇族が住まわれている皇居よりも若干広め。皇居の南東に位置する皇居前広場や、北西に位置する北の丸公園や日本武道館まで含めた、広義の皇居と概ね同じ敷地面積であった。

 敷地の外周に巡らした煉瓦積みの城壁は頑強で、高さが5メートル程度。城壁の直ぐ内側には、人間の背丈程の深さで水濠が掘られ、更に内側には掘削時の発生土砂を盛り土した土塁が守りを固めている。水濠と土塁を合わせて、人間の背丈の2倍程の高低差が侵入者を阻んでいる。

 土塁の上には、太い尖頭丸太を交差に打ち込んだ防護柵バリケード鹿砦ろくさいを構築し、第二の防御壁と成している。

 築城と言っても、天守閣や石垣は無い。卑弥呼の居住する宮殿が城内で最も綺麗な屋敷であるが、その宮殿よりは寧ろ、幾つも建つ工房棟の方が目に付いた。

 工房棟のれもが穀物倉庫と同じく煉瓦造り。穀物倉庫との端的な違いは、気密性よりも開放性や通気性を優先した造り。棟内で発生する熱を逃がす為、壁の上の方には空隙が広く開いている。

 それら工房の一つでは、鉄素材を鍛冶打ちしていた。

 鉄素材の形状は薄っ平な長方形、現代人には雑巾を思わせる。当時の人々は鉄餅てっぺいと呼んでいた。梁山ヤンサン――2世紀当時の鉄鉱山――の付近、現代の韓国慶尚南道で製鉄された交易品だ。

 陳寿なる人物が3世紀末に歴史書『三国志』を記したが、その一部には日本に関する章編が編み込まれ、俗に魏志倭人伝と呼ばれる。その中で『韓半島南部の弁辰地方にあった狗耶くや韓国は、製造した鉄を倭人のコメと交換している』と記述していた。

 稲作は中国大陸から朝鮮半島経由で日本に伝来した――との学説が昨今まで主流を占めたが、真相は如何どうだろう。中国の華北・東北地方の食文化は小麦主体(麺、餃子、饅頭)であり、米食が主流の地域は華中・華南地方である。米食文化が広大な小麦文化圏を飛び越え、陸伝いに朝鮮半島から日本へと伝播したと考えるのは無理筋だ。

 実際、イネの遺伝子調査を通じて、定説であった朝鮮半島ルートは否定され、中国大陸の長江流域から直接伝播した事実が判明している。恐らく、東シナ海を渡航した華僑が日本に稲作を伝えたのだろう。

 当時の日本は、鉄餅――鉄の雑巾――を鍛冶打ちする事で、くわすきかまなたおの鍬斧ちょうな金槌かなづち槍鉋やりがんなくさび、ノミ、小刀等の農具や大工道具を製造。勿論、少ないながらも、剣、矛、槍の穂先、矢尻、盾等の武器をも製造していた。

 此れらの鉄器こそが、邪馬台城の君臨を下支えする権力の源泉であった。

 工房の二つ目は、除湿剤の生石灰きせっかいの製造現場。

 生石灰の製造プロセスは、炭酸カルシウムを825℃以上に熱する事で二酸化炭素を放出させ、酸化カルシウムとする化学反応だ。加工物である酸化カルシウムが生石灰であり、原料の炭酸カルシウムは石灰石である。

 石灰石の産地はカルスト地形で有名な平尾台、邪馬台城の北東60千米キロメートルの距離に広がっている。

 鍾乳洞しょうにゅうどうとは石灰岩が長い年月を経て雨水に溶かされた成れの果てだ。つまり、大した掘削技術を必要とせず、鍾乳洞の壁面を削るだけで済む。

 石灰石の他にも、石膏となる硫酸化カルシウム、岩塩となる塩化ナトリウムも採掘でき、地層が別れているので分別も容易であった。

 工房の三つ目が、規模としては最も大きく、須恵器すえきや煉瓦、そして木炭や竹炭を作っている。

 須恵器は、朝鮮半島南部から製法が伝わった土器で、野焼きで焼成される弥生土器と違い、半地下式の窖窯あなかまで焼成される。

 野焼きの温度は900℃程度に過ぎないが、閉鎖空間を形成する窖窯では温度が1100℃以上まで上昇する。高温焼成で強度を高めれば、土器の厚みが薄くなる。勿論、誤って落とせば割れるが、庶民は軽量化を歓迎した。

 須恵器は、平安時代までの永きに亘り、日本社会で使用され続ける。それだけ完成の域に達していたと言えよう。

 窖窯あなかま技術は、鉄餅てっぺいとコメとの交易を通じて導入した技術であるが、生石灰の生産性改善のみならず、頑丈で長持ちする煉瓦の普及につながった。更には、セメント製造も可能としたのが大きい。

 セメントとは、石灰石・粘土・硅石・スラグを混成したクリンカー(半製品)を1000℃~1450℃の高温で焼成。焼き固めたクリンカーと石膏を砕いた粉状製品だ。

 硅石――鉱物学的には石英――は、大分県由布市の伽藍岳(硫黄山)の火成岩から採掘していた。伽藍岳は邪馬台城の東方70千米キロメートル程の距離に位置する。

 スラグとは製鉄プロセスを通じて発生する副産物。当時はリサイクル用途も無く、廃棄するしかない。つまり、朝鮮半島から無料タダ同然で仕入れる事が可能だった。

 また、クリンカー焼成に必要な高温の実現には窯の存在が不可欠であるが、卑弥呼の君臨した時代は技術的にも時宜を得ていた。土器を野焼きで製造する時代から、窖窯で製造する時代への過渡期。特に、朝鮮半島の製鉄業を見知っていた邪馬台城は、日本の中でも逸早いちはやく、窖窯を遣いこなしている。

 加えて、邪馬台城が製造するセメントは妙薬を含んでおり、優れた耐久性を示した。妙薬の正体とは、噴煙を上げる阿蘇山が周辺に撒き散らす火山灰。

 古代ローマ時代の遺跡群――円形競技場等――が往年の姿を今に留めている理由は、浸食の元凶となる降雨の少なさに加え、ボスピオ火山の火山灰を混ぜたセメントに拠る。


「邪馬台城の営みは、何ら支障を来しておらぬのでしょう?」

 卑弥呼に念押しされた近従の衛士えじうやうやしく「何ら問題は御座いません」と答える。

 邪馬台城には、東西南北に1箇所ずつ、全部で四つの城門が有ったが、スサノオ達が徒党を組んでいる範囲は南城門の前だけ。熊本平野から北上して、真っ先に到着する城門の前にたむろしている。残り三つの城門前には、平時と変わらぬ長閑な光景が広がっている。

 コメ以外の食糧を始め、物資の大半を仕入れる吉野ヶ里の常設市場マーケットは西門方向に位置する。

 朝鮮半島との交易拠点である伊都いと集落でも常設市場が開かれているが、伊都で入手した交易品は北門から搬入される。

 魏志倭人伝にも記載される『伊都国』の所在地は現代の福岡県糸島市。佐賀県との県境近く、脊振せぶり山地の玄界灘側の麓だ。交易品の運搬ルートは、脊振山地を東に迂回し、福岡平野を横目に大宰府を通り、筑紫ちくし平野を南下する。

 石灰石や硅石の類は東門から運び込まれていた。だから、邪馬台城に運び込んだ原材料を製造加工する営みには何ら支障が出ていない。

 尚、此れらの運搬には車輪の付いた大八車が使われているが、その引き手は馬ではない。人間である。野生馬は、九州南部の霧島連峰を始めとした奥深い山中で見掛けるが、未だ家畜化されていない。

 卑弥呼の時代には、犬、豚、庭鶏等の小動物が家畜化されているのみ。

 ちなみに、家畜を狙う狐を警戒して、飼育地を木柵で包囲し、木柵の外周には水濠を掘っている。狐は泳ぎを嫌う。掘削時に発生する土砂を外側に盛り、家畜の逃亡をも防ぐ念の入れようだ。

 馬に話を戻すと、日本の在来馬は個体数も少なかった。生存競争力で鹿を遥かに下回る。山奥に分け入って動き回る俊敏性が劣り、食糧とする植物の種類も少ない。つまり、好き嫌いが激しい。

 魏志倭人伝は『倭には馬が居ない』と伝えるが、正確を期すならば、人々の居住環境に家畜として馬が組み込まれていない、と記述すべきであった。

 ――それでは何故、“馬”の漢字を組み込んだ『邪馬台国』と書き記されたのか?――

 弥生時代の人々は文字を使うに至っていない。中国史書の編纂過程で抗議の機会が邪馬台国に与えらる筈もないが、本来は『冶マ台国』と記述するのが正しい。冶金技術の黎明期にあり、卑弥呼と名乗る女王の統べる国を意味する。

“マ”は、女へんの右横に馬と書く中国の漢字で、母親を意味する。日本語には存在しない。

 中国語ではmaと発音し、“馬”の漢字と殆ど同じ発音だ。記述の際に女へんは省略され、“馬”の漢字に変化した。

 冶金を意味する漢字は、発音の同じ“耶”の当て字に格下げされ、更に草書の転記ミスで“邪”に転じた。

 ――『卑弥呼』の呼称も誤解と侮蔑の産物で、元々は『輩米婦』が正しい――

 卑弥呼が中国大陸の大国に遣使した使者は「籾米の豊かな貯蔵量のお陰で人民は飢える事が無い」と彼女の治世を称賛した。だから、『輩米婦――発音はbei-mi-fu――』。

 ところが、書物に記述する段になって、中国語で同一発音の『卑弥呼』に書き換えられたのだ。当時、中国の大国から日本を眺めるならば、文明度の低い国としか認識されない。酷い話ではあるが、致し方ない。

 それに、邪馬台城の庶民には国家と言う概念が無かった。

 九州各地を結ぶ経済活動ネットワークの中で最も付加価値の高い歯車として機能している矜持は持っていても、周辺地域を支配している感覚は無い。あくまで周辺地域は交易相手なのだ。

 邪馬台城も武装兵を抱えているが、それはもっぱら自警の為である。付加価値の高い物資を保管する城内が無防備であれば、夜盗や盗賊の類に簒奪さんだつされ兼ねない。

 程度の差は有れ、吉野ヶ里、伊都の常設市場マーケットも同様である。

 敷地内の要所々々には深い堀と土塁を巡らし、土塁の上には逆茂木さかもぎに突き刺した丸太の防護柵バリケードを構築していた。意図して切り残した枝が丸太同士の間隙を遮り、さながら有刺鉄線を張り巡らせた様。

 少数ながら武装兵も常駐する。だが、それら防衛措置の目的は、交易者達の生命と財産を盗賊から守る事であり、他国との武力衝突は想定していない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます