卑弥呼とスサノオの系譜〜邪馬台国隠滅記1〜

時織拓未

はじめに

 2世紀前後の日本には、卑弥呼と呼ばれた女王の統べる邪馬台国なる国家が存在したそうです。

“そうです”と断言しない理由は、邪馬台国の存在が、お隣の中国で勃興した魏王朝等の歴史書には記載されているけれど、肝心の日本の歴史書には記載されておらず、真偽が定まっていないからです。

 後の大和朝廷にすれば、自分の統一国家は日本以外で有り得ず、その日本の中に別名称の国家が存在したと記述する筈がありません。また、卑弥呼なる女王も日本の歴史書の中では存在せず、照合作業を進めようが無いのが実情です。

 想像力を巡らす余地の大きい古代は、幾代にも渡って貴賎を問わず、多くの者のロマンを掻き立て続けました。端的には「邪馬台国の所在地は?」と言う疑問ですが、江戸時代より九州北部説と近畿説が併存し、今以って決着していません。

 私自身は、『邪馬台国は、佐賀県鳥栖市に所在し、石灰石文明を築いていた』との仮説を主張します。

 まず、佐賀県鳥栖市は、九州最大の平野、筑紫平野の中央に位置します。稲作の盛んな弥生時代後期において都を構えるならば、広大な平野の中央部でしょう。

 次に、石灰石文明。聞き慣れませんね。

 ですが、鳥栖市の北東50千米キロメートル程の地には、平尾台――日本三大カルスト地形の1つ――が広がっています。羊の如き白い岩石が草原に群れている、あの光景です。あの下には、石灰石(炭酸カルシウム)と石膏(硫酸化カルシウム)が埋まっています。

 石灰石と硅石を混ぜて焼き固めると、ベーシックな耐火レンガになります。硅石は、火成岩に含まれる石英ですが、鳥栖市の東70千米キロメートル程にそびえる伽藍岳(大分県由布市)で採取できます。

 この耐火レンガは、製鉄プロセスでの核心技術キー・テクノロジーです。

 肝心の鉄鉱石の産出地は、朝鮮半島南端の慶尚南道にある梁山鉄山。任那みまなと呼ばれた国が治めていました。その後の大和朝廷が任那と友好関係を結び、新羅しらぎに滅ぼされる直前には援軍を出したほど、大和朝廷には重要な土地でした。武器や農具の材料となる鉄の原料ですから。

 鉄鉱石とは酸化した状態の鉄です。

 ですから、炭素と一緒に強い火力にべると、還元され、純粋な鉄に戻ります。

 有名な踏鞴たたら製鉄の製法をイメージして下さい。還元作用には強い火力を必要とします。焚火程度では昇温が不十分なので、窯の中で加熱します。

 ところが、鉄が溶ける程の高温ですから、窯の内部だって無傷では済みません。ここで耐火レンガの登場です。耐火レンガで作った壺の中に、溶けた鉄が溜るのです。

 また、還元剤の炭素ですが、当時は木炭等を用いたのでしょうが、石炭の方が強い火力を発します。

 日本の炭鉱は深い坑道を必要とする炭鉱ばかりと言うイメージですが、実は露天掘り可能な炭鉱が有ったのです。福岡県若宮市の貝島炭鉱。鳥栖市から北北東50千米キロメートル程、平尾台の西隣です。歩いても1~2日の距離です。

 さて、今度は近隣諸国に目を転じてみましょう。韓国に相当する当時の朝鮮半島南部では、任那みまな百済くだら新羅しらぎが睨み合っていました。高句麗の勢力範囲は現代の北朝鮮に重なります。(正確には、その前進となる弁韓・馬韓・辰韓の時代ですが、便宜上、そう記述します)

 北朝鮮は鉱物資源に恵まれる一方、韓国は鉱物資源に恵まれていません。ですが、百済と新羅の領土には小さいながらも炭鉱と鉄鉱山の双方が有り、任那には鉄鉱山しか有りませんでした。武器が鉄器化し始めた時代、任那の弱点は致命的です。

 だからこそ、任那と邪馬台国には戦略的互恵関係が成立しました。任那は鉄鉱石を、邪馬台国は石炭と耐火レンガを融通し合えば、安全保障面で安心できます。

 恐らく、鳥栖市から博多湾を経由して、壱岐・対馬、そして釜山を結ぶ海上航路が盛んだった筈です。対馬海峡を50千米キロメートル弱の間隔で中継する位置に、壱岐島と対馬島が浮かんでいます。

 さて、石灰石文明は、耐火レンガを介した鉄器時代の重要な要素として以外にも、際立った特長があります。

 石灰石はセメントの材料にもなります。セメントの製造プロセスではクリンカーを準備します。クリンカーとは石灰石・粘土・硅石・製鉄プロセスで発生する副産物を粉状で混成した状態の中間物です。

 粘土は、全国で弥生土器が作られたくらいですから、至る所で産出されたでしょう。ちなみに、鳥栖市の南南西100千米キロメートルにある熊本県天草下島で採取される天草陶石は有田焼の原料として有名です。島原湾・有明海を船で運搬すれば、鳥栖市まで容易に運び込めます。

 このクリンカーを1,000℃~1,450℃で焼成し、焼き固めます。石膏と混ぜ合わせて粉砕すれば、粉状セメントの出来上がりです。

 この温度は窯が無いと実現できませんが、野焼きで弥生土器を作る時代から昇り窯等で須恵器を作る時代に移りつつありました。製鉄業のノウハウが伝播した技術革新も一因でしょう。機は熟していたのです。

「これらを使って、邪馬台国はセメントを製造していたのでは?」と、私は睨んでいます。

 卑弥呼は、長い年月を経て習得して行ったクリンカーの組成比率――現代でも企業秘密――を、門外不出の情報として独占したに違いありません。卑弥呼は神術に長けた巫女だとの伝説が生まれる土壌となったのではないでしょうか。

 セメントが入手できれば、次は煉瓦です。

 煉瓦とは粘土を焼き固めたものです。セメント以上に製造は容易です。

 想像するに、邪馬台国の建築物は、煉瓦を積み、床や屋根には平板を渡した構造。今で言う2×4工法(ツー・バイ・フォー)みたいな感じだったでしょう。施工も簡単だし、頑丈です。煉瓦を並べれば済むので、地面は整地するだけ。特段の基礎工事は不要です。

 反面、石材に比べると劣化の早い煉瓦は、千年以上の長い時間を超えられません。基礎工事もしないので、遺構の類も見当たりません。

 この建築方法が災いして、邪馬台国の遺跡が発掘されないのだと思います。

 こんなロマンに想いを馳せ、筑紫平野の田園風景の中に佇んでみて下さい。卑弥呼の笑い声が、あなたの耳にも聴こえて来ませんか。

 これから叙述する物語は、以上に述べた時代背景の世を必死に生きた人間達の系譜なのです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます