第8話 敵襲! 迎撃!

 2体の妖魔らは姿を隠す結界の中に身を置きながら、目の前のバスハウスを見上げた。


「よかったじゃねえかサバド。意外にも早く復讐の機会が巡ってきたぜ?」


 そう言ってフリッガーは相棒の顔を見た。


「あの女。必ず殺してやる」


 サバドの目は血走っており、静かな声の中にも殺意が充満しているのが聞き取れる。

 敵を討つことに集中している相棒のその様子に満足して、フリッガーは背後に立つ人間の少女に声をかけた。


「倫。もう結界を解いていいぞ。ここからは俺たちの仕事だ」


 結界士・倫。

 今夜の彼女の仕事は自分が突き止めた標的の居所に仲間を案内することと、その際に接近を敵に気取られないよう結界で彼らの姿を隠しておくことだった。

 フリッガーの言葉に倫は黙って結界を解いた。

 結界内の妖力を無効化することで気配やニオイを外部から感知されない強力な結界だが、その中にいる以上、妖魔らは本来の力を発揮できない。

 人の姿から従来の妖魔の姿へと変身するためには結界の外に出る必要があった。


 事前の打ち合わせ通り、サバドとフリッガーは倫の結界の外に出て妖魔としての姿を取り戻し、倫は彼らが出た後で再び結界を張ってその中で待機する。

 灰色熊の姿に変貌したフリッガーは自慢の巨体を活かした体当たりを二度、三度とバスハウスの外壁に向かってぶちまかした。

 轟音を立ててバスハウスが大きく前後に揺れる。

 窓ガラスがいくつも割れた。

 その様子を見ている白イタチの妖魔・サバドの目には相変わらずギラギラとした殺意がありありと見て取れる。

 大きなバスハウスが横倒しになるのに、そう時を要さなかった。


 フリッガーが四度目の体当たりを仕掛けたところで、バスハウスは土煙をき散らしながら轟音を上げてその大きな車体を地面に横たえた。

 フリッガーは腕をボキボキと鳴らしながら、自分の最初の仕事が完了したことを見届ける。

 その顔に満足感はなかったが、これから訪れるであろう修羅場への高揚感が漂っていた。

 すぐに彼らが予期した事態はやってきた。


 横倒しになったバスハウスの窓枠がガラスを粉々にき散らしながら吹き飛び、アスファルトの路面に落下して無残にひしゃげた姿をさらした。

 サバドとフリッガーが思わず身構える前方では、バスハウスの中から若い女が姿を現した。

 鬼ヶ崎おにがさき雷奈らいなだった。

 それが昨夜一戦を交えた女であると分かると、サバドは憎悪の込められた目で彼女をにらみつけた。

 そのかたわらでフリッガーが挑発的な声を上げる。


「よう。昨夜はコイツが世話になったらしいな」


 フリッガーの言葉に雷奈らいなは怒りをあらわにして2体の妖魔をにらみ返した。


「何よ。仲間を連れて仕返しに来たってわけ? なら今度はまとめて地獄に送ってあげる」


 雷奈らいなの腹の底に燃えたぎる怒りが渦巻いていく。


「仲間の男はさぞかし【死の刻限】の恐怖に震え上がってるだろう? おまえがその体で優しくなぐさめてやったのか?」


 そう言うとフリッガーは下卑た笑い声を立てた。

 だが雷奈らいな傲然ごうぜんとした表情を崩さずに灰色熊を見下ろした。


「あいにくだけど響詩郎きょうしろうはあれでもきもが太くて、あの程度でビクついたりしないわよ。そこにいる顔面蒼白のイタチさんの心配でもしたらどう?」


 雷奈らいなのその言葉が開戦の合図となった。

 あふれんばかりの殺気をその身にまとい、サバドがうなり声を上げて雷奈らいなに襲い掛かった。

 サバドは自慢の跳躍力で雷奈らいなの頭上を飛び越え、そこから光刃を次々と撃ち落とす。

 

 それらはまるで罪人の斬首を行うギロチンの刃のように雷奈らいな目掛けて宙をすべり落ちてきた。 

 一瞬でも油断すれば五体バラバラにされる。

 その緊張感が寒気となって雷奈らいなの首筋をざわつかせたが、彼女は素早い身のこなしで地面を転がってこれらをかわした。

 光刃がアスファルトを削る硬い音を聞きながら、雷奈らいなはサバドとの距離を詰めていく。

 彼女の後方に着地したサバドは光刃を今度はサーベルのようにして右手に握り、雷奈らいなを迎え撃とうと腰を落とした。


「接近戦で私とやり合おうっての? いい度胸ね!」


 そう言って自分の間合いに入り込んできた雷奈らいなに、サバドは怒り狂ってえた。


「図に乗りやがって! 小娘が!」


 サバドが手にした光刃で雷奈らいなに斬りかかった。

 光刃の切っ先はまるでムチのようにしなり、雷奈らいなの首元を鋭く狙う。

 しかし雷奈らいなの足元から瞬時にして現れた漆黒の鬼がその太い腕で光刃を弾き返した。

 悪路王あくろおうだ。

 しかも大きさは雷奈らいなとほぼ変わらない人間サイズである。


「チッ!」


 サバドは忌々いまいましげに舌打ちをして、立て続けに光刃を振るった。

 フェンシングのサーベルのように次々と突き出される光刃を、悪路王あくろおうはことごとく弾き返していく。

 雷奈らいなの脳裏に浮かぶのは、悪路王あくろおうの使用コストを節約するようにとの響詩郎きょうしろうの助言だった。


 実際、悪路王あくろおうの大きさを縮めることでその使用コストはずっと低く抑えられる。

 残り少ない予算を考えれば仕方のないことだったが、このような繊細せんさいな戦いにおいては、悪路王あくろおうの体は小さいほうが使い勝手はいい。

 いまや悪路王あくろおうはサバドの光刃を防ぐのみならず、攻勢に出てサバドの体にその鋭い爪を食い込ませてやらんばかりに攻撃を仕掛けていた。

 サバドは徐々に劣勢に陥っていき、光刃で悪路王あくろおうの爪を防ぐのが精一杯だ。


「はぁっ!」


 気合一閃。

 雷奈らいな悪路王あくろおうの攻撃はそのままに、自分自身が一気に距離を詰め、サッと体勢を低くすると下段回し蹴りでサバドの足を払った。


「うおっ!」


 虚を突かれて転倒するサバドを眼前にして、雷奈らいな悪路王あくろおうを一気に本来の大きさまで肥大ひだいさせる。


「これがメリハリってやつよ!」


 巨岩のような悪路王あくろおうの拳が白い毛並みの敵を叩き潰すべく、振り下ろされようとしている。

 だが、突然自分の頭上をおおう暗い影に気付いて顔を上げた雷奈らいなの目が驚愕きょうがくに見開かれた。

 白い車体の軽トラックが宙を舞って、今まさに雷奈らいなを押しつぶそうとしていた。


「くっ!」


 雷奈らいなは慌てて悪路王あくろおうの拳を方向転換させ、降ってくる軽トラックをなぎ払った。

 ガシャンと耳をふさぎたくなるようなけたたましい音を響かせ、軽トラックは地面に激突して大破する。

 そのすきに素早く後退するサバドを目で追うと、その先には巨大な灰色熊の妖魔・フリッガーがシルバーカラーのワゴン車を両手で頭上に持ち上げている姿があった。

 フリッガーはその自慢の腕力で、ワゴン車を雷奈らいな目掛けて力いっぱい投げつけた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます