TWIN TREE

作者 琴野 音

22

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

tree tree(嘉田まりこ)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882112248

TREE TREE(琴野音)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882099772

twin tree(嘉田まりこ)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882188508

TWIN TREE(琴野音)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054882147113←今ここ

二人の作者さまが女性視点、男性視点と交互に執筆され本作が最終話の第四弾です。

これまでの集大成といえる面白さは当然ですが、見所はそれだけではありません。

男性視点ならではの緊張感。そして、抜け具合。
不器用ながらにして、その愛を表現しようとする彼の姿に感動しちゃいました。

是非、上記の順番で読んで頂ければ幸い。

どれも短編で読みやすい作品ですよ♪

★★★ Excellent!!!

背の高い雪舟&琴里カップルのドキドキのクリスマスデート編(雪舟side)です♬

初々しい二人がとにかく可愛い♡
攻め女(セメジョ)の琴里に半ば押されて(?)付き合い出した雪舟くんですが、もうちゃんと琴里ちゃんのことは大切に思っていて。
不器用ながらもちゃんと琴里ちゃんと向き合おうとしている姿に好感が持てます。

自分の好きな子が自分のために頑張ってオシャレして、頑張って手を繋いできて、頑張って真っ直ぐな気持ちを伝えようとしてきている。
それを受け止めて、直接の言葉にはできなくても自分の気持ちを伝えようとしている雪舟くんの姿に、がんばれー!とエールを送りながら読みました( *´꒳`* )

雪舟くん目線での可愛い琴里ちゃんの様子に、彼と一緒にキュンキュンしてください♪

そして、琴里ちゃんsideの視点で同じデートを描いたMARIKOさんの『twin tree』の方もぜひ楽しんでださいね!

★★★ Excellent!!!

クリスマス作品『TREE TREE』の続編。
私も待っていた一人です。

琴里ちゃんと雪舟くんのデート編。
こちらは雪舟くんサイド。

雪舟くんの性格が文章からすごく良く伝わってくる。飾りっ気のないところが素敵です。

装飾を施した言葉より行動の方が伝わることがある。手を握って、握り返す。ただこれだけで伝わる気持ちがあるのです。

そして、その節々で琴里ちゃんを思う気持ちが伝わってきてとても幸せな気持ちになりました(*´꒳`*)