【連作ミステリー】東大正高校新聞部シリーズ

作者 場違い

67

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 ミステリー小説には主に殺人事件を取り扱ったサスペンス系のものと日常に潜む不思議な謎を解き明かす日常系のものの2つが有名ですが、この作品は後者のジャンルです。

 それも王道をいっている非常に読みやすい作品です。

 また、キャラクター一人ひとりに魅力があり、キャラクター小説として読んでも楽しめることでしょう。

ストーリーも、キャラクターのコメディ要素を含むやり取りも、読んでいて非常に面白いです。

 謎に関しても、筋の通ったトリックとアンサーが用意されているので、本格的なミステリーが読みたい人にもオススメです。

★★★ Excellent!!!

論理的プロセスを踏まえた言葉の運びが素晴らしい!
5W2Hでしたっけ、その実 形式ばった定型化でありながら、
それを親しみやすい語り口として、軽妙な会話劇に昇華するテクニックに惚れ惚れします!
その題も青少年らしいモノを意識されているのが微笑ましくてサイコー!
どんな些細な事に興味を抱いてバカをした当時の感受性を、青春を、もう一度謳歌したい人は是非!
ミステリーの方も「あっ」と驚く展開の数々が待ってますよ!まさに一粒で二度美味しいです!

★★★ Excellent!!!

違和感なく敷かれた、細かい伏線が回収されていくのが気持ちいいですね。
一番初め、制服のあれには驚きました。
登場人物も広がり過ぎず狭過ぎず、覚えやすいので読みやすいですよ!
読んでて、誰が誰だかわからない!というのが無いのは凄いと思います。文章自体に無駄や冗長としたところがなく、読みやすいからでしょうか?
ミステリ要素は勿論ですが、青春のキラキラとした雰囲気がきちんと出されているのも嬉しいです。
個人的には、プリンの謎を曲がるお話が読みやすく、明るくでお気に入りです。
もっと評価されていいと思うんですけど…。
小池名探偵の恋がどうなるのかも含めて、続きを楽しみにしています!