第45話「減速不能!」

 一隻の巨大な宇宙船が飛んでいた。

 傘を閉じたような形だ。

 傘布は100パーセントに近い効率で光を反射する、真珠色の完全鏡面。

 中軸の部分は、ひとつの都市ほどの大きさがある。

 贅を尽くしたスイートルームが並び、レストラン、劇場、スポーツジム……快適な旅をおくるための、あらゆる施設が、余裕たっぷりに配置されていた。

 豪華客船「クイーン・シャーロット2世号」。

 100年かけて5つの星をめぐり、いま、地球への帰途にある。

 外では100年が過ぎたが、光速の99.9パーセントで飛ぶので、船内では5年しか経っていない。

 5年でも長い旅だが、豪華設備のおかげで、乗客たちは退屈知らずの満ち足りた毎日を過ごしていた。


 だが、とんでもない事態が持ち上がっていた。


 ☆


 客たちが、怒りの形相で船長室に雪崩れ込んできた。

 

「どういうことだ! なぜ地球に行けない! 停船できないってどういうことだ!」


 客の一人が、詰襟の制服を着た船長の胸倉をつかんでいる。

 船長は白髪頭で顔にもシワがあるが、客たちは全員、若い美男美女だ。

 客たちは肉体改造によって不老不死を得ているのだ。


「そうだ! そうだ! きちんと説明しろ!」

「お客様、おちついてください。地球に停止できないのは、仕方ない事情があってのことなんです。

 この船は、レーザー帆船です。大きな帆を持ち、いろいろな星からレーザーを照射してもらって、加速・減速します。

 この船を運営するキャベンディシュ・スター・ラインが経営破綻したのです。

 会社のレーザー基地は差し押さえられ、廃棄処分になってしまいました。

 我々も交渉したんです。でも廃棄処分を止められなかったんですよ」


 このままでは、シャーロット2世号は減速できず、地球を通り過ぎる。

 いちおうロケットエンジンも積んであるのだが、軌道修正用の小型のもので、核融合燃料のタンクも小さい。光速の99,9パーセントというすさまじいスピードを止めるにはまるで足りない。


「キャベンディシュ以外にもレーザー帆船やってる会社はあるはずだ! パンギャラクシーとか、オリオンとか……そこに頼んで照射してもらえばいい! 金がないのか? 俺が出す!」

「我々もそれは検討しました。しかし不可能でした。どこも照射スケジュールがいっぱいで、うちにレーザーを向けている余裕がないんだそうです」

「金を倍出して、向こうのスケジュールをキャンセルさせろ。俺がどれだけ金を持ってると思ってる。グローム重工の前期総帥だぞ!」

「お金をたくさん出せばよい、というわけではないんです。照射スケジュールを無理に変更すれば、他の船が漂流することになります。できるはずがありません」

「ならばいったいどうするんだ!」


 船長は客の手を振りほどき、ため息をついて言った。


「乗船時にマニュアルをお渡ししたはずです。そちらにも書かれていますが……

 まず、こうした場合、乗客のみなさんは『データ転送』で下船することになります。

 脳を正確にスキャンして、記憶や人格をデータ化し、それを地球に送ります。

 クローンの脳にデータを焼き付ければ、みなさんの心が移動したのと同じことに……」

「そんなことができるか!! データはデータであって、人間の心そのものではない! たとえ俺と同じ記憶をもつクローンが生まれたとしても、それは俺ではない! ここにいる俺は死ぬんだから意味はない! 

 みんなもそう思うだろう?」


 振り向いて叫ぶ。ほかの客たちは、


「そうだ! その通りだ!」「精神のデータ化はまやかしだ!」「魂が失われる!」


 船長は、またため息をついた。


 人類の科学技術は、「不老不死」を実現した。富裕層だけで、庶民には縁のない話だが。

 不老不死の方法は大きく分けて二つある。

「バイオテクノロジーやナノマシンなどで、肉体を改造する」。

「肉体を丸ごと捨てて精神だけの存在となり、コンピュータの中に住む」。

 この二つは相容れず、宗教のように激しく対立していた。

 この船の客たちは、全員が強硬な「肉体改造派」なのだ。

 「肉体改造派」は、人間には「魂」が宿っていると信じている。

 どれほど脳を分析しても、魂まではわからない。だから、脳をデータ化しても、必ず魂が欠落する。人間の偽物に過ぎない。そう考えるのだ。


「うーん、肉体をもったままとなりますと、もう一つの方法を使うことになります。

 宇宙空間には、『星間物質』という、非常に希薄な水素ガスがあります。

 この船の帆を広げて、その星間物質の抵抗でブレーキをかけるのです。

 私たち船員は、データ化できる階級ではないので、この方法で降りることに決まっています」

「『非常に希薄なガス』なのだろう? ちゃんと止まれるのかね?」

「はい、時間がかかります。試算では、2、30年程度かかるかと。地球を通り過ぎてしまうので、他の星に行くことになります。お客様はそこで、別の船に乗り換えていただいて地球に向かいます」

「それも駄目だ!」

「しかし、お客様は不死でいらっしゃるので、20年程度の遅れは……」

「船長! お前は何もわかっとらんなあ! 金持ちに『たくさんお金を持っているなら、少し分けてくれ』と言って、分けてもらえると思うかね?

 時間も同じことだ。俺たちは優れた人間だから不死を得た。永遠の時間は、自分の力で手に入れた特権だ。

 なぜ、お前たち短命な奴らのミスで、時間を使ってやらねばならんのだ?」

 

 客はひどく下卑た笑みを浮かべた。船長たち短命のものを、心から見下していることが明らかだった。


「わかりました。データ化も駄目、到着が遅れるのも駄目だと」

「そうだ。断るなら、覚悟することだ。一生、この業界で仕事ができないようにしてやるぞ?」


 船長の顔から迷いと苦悩が消えた。胸を張って、


「わかりました。とっておきの方法があります」


 ☆


 それからしばらくして、客たちは大劇場に集められた。

 古代ギリシャ風の装飾に満ち溢れた荘厳な空間だ。

 しかし、ステージの上には、船長がただ一人。


「おい、どうしてこんなところに? 減速の件はどうなった? 地球には行けるのか?」

「みなさんに集まっていただいたのは、安全上の問題のためです。みなさんの船室はたくさんあり、あまりに範囲が広すぎて防御できない。この劇場だけなら、なんとか守れることが計算上わかりましたので、みなさんにはここで生活してもらいます」

「安全上? 防御? 何の話をしてるんだ?」

「当船は軌道修正を行い、地球への衝突コースに乗りました。迎撃が予想されます」

「な、なんだってそんなことを!?」

「レーザーを撃ってもらい、減速するためです。この船の帆は、何千兆キロワットという強烈な減速用レーザーを受け止めることができる。兵器用レーザーだって受け止められるのではないでしょうか?」

「ミサイルは! レールガンは! レーザー以外の兵器で攻撃されたらどうするんだよ!」

「ミサイルの類は、レーザーを反射して蒸発させ、そのガスの抵抗を減速に利用します。撃ち漏らした破片などがこの船に命中するでしょうが……

 そこは我々の腕の見せ所、なんとか地球までたどり着いて見せましょう」


 客たちはパニックを起こした。


「死ぬ! 死ぬ! やめろーっ!!」

「すべて、お客様のご要望にお応えするためです。ご理解願います」


 ☆


 結論から言うと、成功した。

 真珠色に美しく輝いていた帆は穴だらけになり、居住区も半分が吹き飛んだが、船は光速の1割まで減速した。

 核融合ロケットで追いつける程度の速度になったので、軍艦が接舷して、特殊部隊が突入し、船長たちは逮捕された。


 船長はテロリストの嫌疑をかけられた。裁判では「何が何でも船を止めろと脅迫されたので、仕方なく」と主張したが、認められず、有罪となった。

 船長は刑務所に入ることになった。懲役50年。永遠の命を持っていない彼は、生きて刑務所を出られないはずだった。

 それなのに、護送されて行く彼の表情は明るく、やるへきことをやり遂げた、という達成感に満ちていた。

 

 なお、シャーロット2世号の乗客は、その半数が「肉体放棄派」に宗旨替えしたという。

 もう生身の宇宙旅行なんて御免だ! と。


 ☆


 「船長」は、虹色の空間にとつぜん出現した。

 自分の体を見下ろす。若返っている。青年の全裸の肉体だ。

 精神を集中し、服をイメージするだけで、体が服に覆われた。

 地面がないのは不安だ、と思ったら、足元に草原が出現した。

 ここはコンピュータ内の仮想世界だ。

 自分の体を触ってみる。息を吸ってみる。足元の草をいじってみる。

 じつにリアルな感触、草と土の匂い。ゲームなどで仮想現実世界に入ったことはあるが、比べ物にならない臨場感だ。


 とつぜん、美しい天使が目の前に舞い降りた。

 微笑みを浮かべ、暖かい声で呼びかけてきた。


「ようこそ、地球第1サーバ『プレーローマ』へ! ここはもっとも歴史の古い仮想世界だ」


 船長は天使に頭を下げた。


「ありがとうございます。成功したんですね。私は刑務所に入ったのに、どうやって……」

「簡単さ、医官を買収して君の脳をデータ化させたんだ。我々『肉体放棄派』は約束を守る。乗客を改宗させてくれたからには、不死を与える」


 船長は、「肉体放棄派」の有力者と、こっそり取引していたのだ。

 船に乗っている「肉体改造派」たちを、なんとかして改宗させろと。

 船長は、会社の倒産を利用し、「死の恐怖を与える」ことでそれに応えた。


「あとは、『信仰告白』すればよい。さあ、言いたまえ」

 

 船長は、背筋をピンと伸ばし、あらかじめ教えられていた言葉を高らかに暗唱した。


「我は、不浄なる肉体を捨て去り、純粋知生体へと進化せり。

 真なる神が創りし真なる世界へと至りき。

 情報こそ人間存在の本質にして、聖なるものと信ず」


 物質や肉体は不浄。精神だけの存在になってコンピュータに入ることは「純粋知生体への霊的進化」。それが「肉体放棄派」の教義だ。

 ここにいる「船長」は、もとの船長の脳を読み取ってコンピュータに入力したコピーに過ぎない。もとの船長はそのまま刑務所で年老い、死んでいく。

 それに対し、「何の問題もない。コピーのほうが本物だ。肉体のほうは抜け殻に過ぎないから死んでもよい」と考えるのが、「肉体放棄派」なのだ。


「確かに聞き届けた。おめでとう! これで君は『肉体放棄派』の一員だ。それにしても……会社の倒産がなかったら、いったいどうしていたのだね?」

「他にも10種類の作戦を考えていました」

「なんとしても不死が欲しいという執念、見事だ。我々の世界には君のような、新しい活力が必要だ。期待している」

「……ありがとうございます」


 そう答えて、「船長」は思いにふける。


 ……なんとしても不死が欲しいという執念、か。

 私が不死になりたかったのは、「宇宙をもっと旅したかった」からだ。

 宇宙の広大さと比べて、人の一生はあまりに短すぎる。

 光の速さに近づくことで旅行時間を短縮できるが、それでも100年かかる旅が5年になる程度。

 自由自在に宇宙旅行をするためには、どうしても永遠の命が欲しかったのだ。

 宇宙船のコンピュータに精神を転送してもらって、旅に出たい。


 だが、自分にそれができるのだろうか。


 虹色の空を仰いだ。

 宝石のように美しく輝く、たくさんの惑星が浮かんでいた。天文学的にありえないほど密集している。

 これらの惑星は、ひとつひとつが別の世界、ゲームワールドになっている。

 ある星は、夢と冒険のファンタジー世界。ある星は、永遠の青春と恋愛を体験できる学園。

 「宇宙」を題材にしたワールドもあり、宇宙海賊プレイや艦隊司令官プレイが楽しめる。

 自分は信仰告白して、「物質は不浄で、情報こそ尊い」と認めてしまったのだ。

 ならば、現実世界に出ていく理由などない。

 これからも、そういう信仰を持つ人々に囲まれ続ける。

 本物の宇宙に行きたいという想いを、持ち続けられるだろうか?

 現実の星空よりもずっと美しい空を見て、「船長」は早くも、心が不安に揺らぐのを感じていた。

  


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます