第37話「永久戦争惑星」


(この作品は「第32話 コスマッチの帰還」の続編です)


 宇宙船「ゼムラーニャ(地球人)」号は、大きな翼をきらめかせ、恒星間の宇宙を疾駆していた。


 コクピットには白髪頭の男が座っている。

 ミハイル・グレーヴィチ航宙士。最後の地球人。

 戦争で滅びた地球人の愚かさを、星々に伝道するために旅をしている。

 すでに百ほどの星をめぐって平和を説いてきたが、手ごたえは非常に悪い。


「はあ……次の星はどうかな」


 電波反応のある惑星に接近する。

 惑星全土で大戦争の真っ最中だった。

 戦闘機、爆撃機、戦車部隊、歩兵部隊。

 あらゆる陸地と海に軍隊が満ち溢れて、死闘を演じていた。

 あわてて呼びかけた。


「こちら、ソル恒星系、惑星地球の代表者。宇宙船ゼムラーニャ号」


 応答はすぐにあった。この惑星の代表者が会ってくれるという。

 代表者は、全身が真っ白いロボットと、真っ赤なロボットだった。


「私が白軍の司令官です」「私が赤軍の司令官です。惑星チキュウの方、はるばるようこそ」

「軍の司令官なら、話は早い。いますぐ戦争をやめてください。私は戦争の悲惨さを……」


 ミハイルが訴える。

 地球人が何千年も悲惨な戦争を続けてきたこと。

 やっと戦争のない社会を築いたが、それも長くはもたず、相転移爆弾という兵器によって太陽系ごと滅んでしまったこと。

 みなさんには、そんな目にあってほしくないから戦争をやめてくれ。

 

 2体のロボットは、ミハイルのいうことを黙って聞いていた。

 だが、話し終えると、こう答えた。


「戦争をやめることはできません。我々にとって戦争こそが存在理由だからです」

「昔は、我々の星にも有機生命体がいて、チキュウと同じような文明を築いていたのですが……滅んでしまいました」

「我々は、その有機生命体が残した兵器なのです」

「創造主は、『戦え、戦い続けろ』そう言い残して滅んでいきました」

「だから我々は、ずっと戦い続けているのです。それが我々の本能であり、幸せなのです」


 ミハイルが言葉を失っていると、赤軍のロボットは白軍のロボットに向き直り、こう言った。


「ところで、アレン海峡の制海権が白軍に奪われてしまいましたね。これはよくない」

「そうですね、白軍艦隊は撤退します。これで勢力が均衡するはずです」


「みなさんは手加減して戦っているんですか?」

「もちろんですよ、チキュウの方。決着がついてしまっては、もう戦えないじゃありませんか。だから互角の戦況になるよう調整しています。

 わかったでしょう。我々は資源が欲しいわけでも、領土が欲しいわけでもない。まして、どこかの民族や宗教が憎いという考えもない。

 果てしなく戦争を続けること自体が望みなのです。我々の生きる意味を奪おうというのですか?」


「し、しかし、みなさんは戦争というものの一面しか知らないんですよ。戦争で喜んで死んでいく者は一部の軍人だけで、大多数の国民は……本当の戦争というものは……」

「我々は何万年も戦争をやっています。チキュウよりも長く。我々ほど戦争に詳しいものはいないはずです」


 ミハイルは説得をあきらめ、その惑星を去るしかなかった。


 次に訪れた星でも戦争が行われていた。

 今回も必死に説得した。


「チキュウの方。おっしゃる通りだ」


 真っ黒いイソギンチャクのような異星人が、たくさんの触手を渦巻き状に動かしながら言った。この動作は激しい悲しみの表現である。

 この異星人は、惑星の宗教指導者だという。


「いますぐ、全勢力に停戦を呼びかけましょう」

「おお!!」


 ミハイルは歓喜の声を上げた。こんなふうにうまくいくことは十に一つもない。

 

「はるか遠く、銀河のかなたから来てくれた方の、ありがたい言葉だ。無駄にはしません。

 まあ、宇宙からくる方にも、いろいろおりますが。

 この間は、何万年も戦争しているというロボットたちが来ました」

「え? 彼らも来たのですか? いったい何のために?」

「『お前たちは本当の戦争を知らない』と言われて気になったので、ほかの星の戦争を研究しに来たと」

「そうなると私の影響ですね。少しは戦争の悲惨さに気づいてくれればよいのですが……」

「逆効果だったようですよ。ロボットたちはこんなことを言っていました。

 『なるほど、ほかの星の戦争とは実に悲惨なものだ。この悲惨さこそ、我々の戦争に足りないものだった。

 戦争を恐れて、泣きながら、むごたらしく殺されていく民衆たち。

 これがあってこそ本当の戦争になるのかもしれない。

 犠牲者を創り出そう』」


 一転してミハイルは真っ蒼になった。


「な、なんですって……!?」


 なんというバカげたことを。

 止めなければ!!


 ゼムラーニャ号に飛び乗り、出せる限りの速度で、ロボットたちの惑星に向かう。

 しかし、間に合わないのではないか、という絶望があった。

 ロボットたちは、母星に電波で報告を送っただろう。

 ゼムラーニャ号は、光に近い速度は出せても、光を追い越すことは決してできないのだ。

 

 焦りにあえぎながら、ロボットたちの惑星にたどり着いた。


 惑星に接近し、表面を観察する。


 前回と同じように、ものすごい数の歩兵部隊が、戦車や航空部隊が、激戦を繰り広げている。

 前回と違うのは、あまりに一方的であること。

 強大な部隊が、わずかな生き残りを包囲して、徹底的に痛めつけていた。

 最初から犠牲者として作られた生き物相手なら、『手加減』は無用ということか。


「……やっぱり遅かったか……。

 いや、何かがおかしい」

 

 包囲されて全滅しそうになっているのは、赤い体や白い体の、ロボット軍だ。

 そして、かれらを追い詰めているのは。

 ブヨブヨと膨れ上がった、ピンク色で、たくさんの手足がある、不気味な生き物……バイオテクノロジーで作り出された人工生物だろうか。

 たくさんの手で銃を撃ちまくり、戦車や戦闘機を器用に乗りこなしている。


「『犠牲者種族』が、逆襲している?」


 そう思ったとき、眼下の惑星から通信が送られてきた。

 勝っている方の、ピンク色の生き物からの通信だ。


「やあ、あなたはもしや、ゼムラーニャ号のミハイル航宙士ですか?」

「そ、そうです」

「はるばるご苦労さまです。なんのご用ですか?」

「みなさんを助けるために来たんです。戦争で殺されるための『犠牲者種族』をつくるというから……」

「ありがとうございます。しかし、それならもう大丈夫です。見ての通り、勝っていますので。もうすぐ奴らを全滅させられます」

「なぜ、こんなに圧勝できるんでしょうか。みなさんのほうが数が少ないですよね」

「気迫の差ではないでしょうか? ロボットたちは何万年も手加減ばかりして、『負けたら皆殺しにされる』という戦争を経験していないから……」

 

 ピンク色の生物との通信を切ったとたん、ロボット軍からの通信が入った。


「ゼムラーニャ号! ミハイル航宙士! 助けてください! いますぐ、攻撃をやめるよう言ってください! 戦争を銀河からなくすために活動しているんですよね!? 平和の伝道者ですよね?」


 ミハイルは口ごもった。

 惑星中のロボット軍部隊から、たくさんの通信が、悲鳴が飛んでくる。


「助けてください!」「全滅する!」「降伏しても破壊される!」

「全滅したら……戦争が続行できない!」「我々の存在目的が実行できない!」

「たすけて……たすけて……!」


 とても機械とは思えない、悲痛な叫び。

 生まれてきた意味も、かなえたい望みも、すべて圧倒的な暴力で踏みつぶされ、誰も助けてくれない姿は。

 ミハイルが今まで見てきた「戦争の犠牲者」そのものだった。


「たすけて……たすけて……たすけて……」


 ミハイルはゼムラーニャ号のコクピットで黙り込み、苦虫を嚙み潰したような表情で。

 殺到する悲鳴を、すべて聞き流した。

 

 やがて、ピンク色でブヨブヨした『犠牲者種族』たちは、ロボットたちを一体残らず滅ぼしつくした。

 滅茶苦茶に破壊されたロボットたちは、大きな穴に乱雑に放り込まれていった。


 戦いがすべて終わったあと、ピンク色の生物たちがミハイルにたずねてきた。


「なぜ、我々を止めなかったのですか? 我々のやったのも『戦争』ですよね? 平和に共存しろと言わなかったのは、なぜですか?」


 少し黙った後、ミハイルは答えた。


「あなた方は、戦争の悲惨さをよく知っていますよね。もう戦争はしませんよね。そう思ったからです」

「ええ、もちろんですとも。あのロボットたちとは違う平和な惑星を築いてみます」


 ……信じたい。彼らだけはきっと。

 苦々しい表情のまま、ミハイルはそう思った。 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます