第32話「コスマッチの帰還」

 人類初の恒星間宇宙船「コスマッチ」号が、一万年の長旅を終え、太陽系に帰還しつつあった。

 純白の船体は流線型で、長年の準光速(光にきわめて近い速度)航行のおかげで傷だらけだった。

 ふつうの宇宙船には必ずある燃料タンク(推進剤タンク)が、見当たらない。

 かわりに、航空機を思わる巨大な翼を広げていた。

 この翼こそ、空間そのものからエネルギーを取り出す「相転移エンジン」だ。

 この新発明によってコスマッチ号は、燃料の心配から解放され、ただ相対性理論にのみ制限される。つまり、かぎりなく光に近い速度まで加速できるのだ。

 

 ミハイル・グリェーヴィチは、コスマッチ号のたったひとりの乗組員だ。

 ミハイルは一万光年の旅をしてきた。数え切れないほどの星を巡り、異星人と交流してきた。外の世界では一万年たったが、光に近い速度で飛んできたから、船内の時間はほとんど経過していない。少し白髪がでてきたくらいだ。


 一万年の成果を引っさげて、意気揚々と還ってきたのに。

 

 ミハイルは、コスマッチ号の操縦席にすわり、焦りと恐怖の声で、呼びかけ続けていた。


「太陽系、応答せよ。」

「地球、応答せよ。」

「火星、応答せよ。」

「セレス、パラス、応答せよ。

 ガニメデ、カリスト、トリトン、応答せよ……

 こちら、USSR宇宙局、深宇宙探査船コスマッチ号!」


 USSRとはもちろん、太陽系共和国連邦(ユニオン・オブ・ソーラーシステム・リパブリック)の略である。

 人類が幾多の戦争と差別を乗り越えて、ついに築き上げた、世界統一国家。理想社会。それがUSSRだ。

 

「応答せよ……応答……」

 

 ふるえる声は途中で途切れた。

 本当はわかっているのだ。こんな無線など、いくら呼びかけても無駄だと。

 現実を認めたくなかっただけだ。


 なぜなら、コスマッチ号の外部モニターには、黄色い太陽と、それを取り囲む、何億という膨大な小惑星だけが表示されていたから。

 かつての太陽系にも小惑星帯があったが、あんな薄いものとは比較にならない。

 無限にも思える岩塊が、肉眼でもはっきり見えるほど濃密な雲になっている。

 それだけが、いまの太陽系の姿。


「どういうことだ……なにがあった……?」


 人類はようやく戦争と決別して統一国家をつくり、相転移エンジンという理想の動力も手に入れた。

 これから黄金時代がやってくる。そう思っていたのに。

 一万年間で、どれだけ素晴らしい文明を築くだろうかと、思っていたのに。

 

 ミハイルは、巨大小惑星帯のなかに、コスマッチ号を突入させた。

 電波はないか。宇宙船らしきものは。少しでも文明の兆候は……?

 何日調べても、まったく見つからない……


 絶望した、そのとき。

 巨大小惑星帯の外側、だいたい1000億キロの距離から、弱々しい電波信号が飛んできた。


「コスマッチ号ですね。こちらソーニャ・エフレーモフ。……天文学者です。軌道○○○○○○にお越しください。コスマッチ号の帰還を歓迎します、長旅お疲れ様でした」


「おお!」


 感動の声を上げ、指示された軌道に向かう。


 電波の源は、原始的な核融合エンジンと燃料タンクを乱雑につなぎ合わせた、素人の日曜大工にしか見えない宇宙船だった。

 船には武装らしきものは一切ない。望遠鏡やパラボラアンテナなどの観測機器があるだけだ。

 接舷し、船内に入ってみた。

 狭苦しい操縦席に、小柄な誰かが、宇宙服を着て座っている。

 醜いミイラだった。あまりにもボロボロで、男か女かもわからない。

 

「ムッ……」


 長旅でいろいろなものを見てきた。だから悲鳴はあげないが、哀れな姿に眉をひそめた。

 メッセージを送ってきたのは人工知能かと思い、操縦席をざっと調べた。

 どうやら違うようだ。この船はエンジンだけでなくコンピュータも旧式で、人工知能などと呼べるものは搭載されていない。相転移エンジンの反応をキャッチすると、あらかじめ記録してあったメッセージを送る、その程度の機能なのだろう。

 ただ、コンピュータの中に動画ファイルがあった。

 それを再生する。

 モニターに、金髪で小柄な、賢そうな顔立ちの娘が現れた。

 美人だとは思うが、ひどく疲れ、憂いている表情だ。

 すっと背筋を伸ばし、精一杯の笑顔を作って、喋り始めた。


「はじめまして。『コスマッチ』号のミハイル・グリェーヴィチ航宙士。

 わたしはソーニャ・エフレーモフ。

 最後の、天文学者です。

 あなたのことはよく知っています。

 父や祖父から、あなたの話を聞いて……ずっと小さな子供の頃から、憧れていましたから。

 世界初の恒星間宇宙船、コスマッチ号のパイロット!

 全人類の代表として銀河を駆ける男!

 歳を取ることもなく。光の速さで。

 きっと、数えきれないほどの神秘を、冒険を、味わって、駆け抜けているのだろうと……

 『コスマッチ』という名前も素晴らしいです。

 宇宙の人、という意味ですよね。

 宇宙飛行士の古い呼び方なんですよね。

 銀河を駆ける船に、これほどふさわしい名前はないと思います。

 太陽系開拓時代初期、宇宙飛行士たちが歌っていた『コスマッチの歌』も、わたしは歌えます。


 『われらが兄弟 コスマッチは 光線のように空間をゆく

 凍りついた天球の間を はてしない静寂の中を』……」


 笑顔だったソーニャは、そこでまた暗い顔に戻り、


「あ、すいません、興奮してしまって。

 きっとグリェーヴィチさんは不思議に思っているはずです。

 太陽系は、地球はどうなってしまったのだろうって。

 わたしは、グリェーヴィチさんより、たった100年後の人間です。

 グリェーヴィチさんが旅立ったあと、相転移エンジンには宇宙船の動力源だけじゃない、爆弾としての使い道もあることが分かったんです。

 時空間そのものを破壊して、核兵器以上のエネルギーを取り出す、惑星をも壊す爆弾……

 そのとたん、USSRを構成する15の共和国が、ギスギスして、こっそり軍備を蓄えて、対立をはじめたんです……

 相転移爆弾以外も、あらゆる兵器が揃えられ、そして戦争がはじまりました。

 最初は通常兵器で戦われましたけど、すぐにエスカレートして相転移爆弾が使われました。

 海王星のトリトンが跡形もなく吹き飛ばされて、10億人が亡くなりました。

 共和国がひとつ、一瞬で全滅したんです。

 もう、誰も戦争を止められませんでした。

 戦争に反対する者もいましたが、人民の敵だ、反動分子だって言われて、殺されました。

 わたしも反対したかったけれど、父さんも、母さんも、友達も、みんな殺されて……怖くて……

 だからわたしは逃げたんです。

 こんな醜い争いの中から。

 美しい星々だけを見たくて。

 ガラクタをかき集めて、宇宙船を作って、行けるだけ太陽系から離れたんです。

 相転移エンジンさえあれば、グリェーヴィチさんを追いかけていくこともできたのに。

 高性能なエンジンもコンピュータも、軍需物資として統制されているから、こんな船しか作れなくて。

 太陽系の外だけど、他の星まではとても届かない、ほんのすこし、はみ出しただけの場所で。

 毎日、星だけを見ていました……

 気が付くと、太陽系の惑星も衛星も、ひとつも残っていませんでした。

 ねえ、グリェーヴィチさん。

 あなたは、人類のために大冒険をしてきたけれど、でも、人類はそれに応えられませんでした。

 あなたが持ち帰ってきた情報なんて、受け取る資格なかったんです。

 せっかく相転移エンジンという無限の翼を手に入れたのに、こんな使い方しかできない人類。

 人類のことなんか忘れてください。

 たくさんの神秘と、驚異と、わたしなんかには想像もできない、美しい物があふれている銀河に、再び飛び去ってください。

 でも、これだけは伝えたいです。

 あなたが旅立って、たったの100年で人類は、太陽系は滅んでしまったけれど。

 でも、あなたは一万年、醜い殺し合いに関わらず、旅を続けていた。

 これからも旅を続ける。

 高貴に。清らかに。孤高に。

 それだけで。たったひとりでも、例外がいるというだけで。

 わたしの心は救われるんです。

 だから、ありがとう、グリェーヴィチ航宙士。

 偉大な、コスマッチ」


 動画はそこで終わっていた。

 ミハイルはしばらく凍りつき、やがて、操縦席に腰掛けるミイラの前に、しゃがみこんだ。

 ひからびてヒビだらけの、褐色に変化した皮膚。眼球が欠落し、洞窟のように落ちくぼんだ目。

 だけど、この女の子を醜いと思ったことを、心から恥じた。


「……なにが、偉大なコスマッチだ。

 きみが、こんな女の子が、太陽系全部の殺戮の狂気の中で。

 それに呑み込まれず、溺れず……

 きみのほうが偉大じゃないか。

 それなのに俺は、太陽系がどうなっているかなんて気づきもせず、誰も助けられず……

 きみが、こんなに苦しんで悲しんでいるのに……」


 太陽系が木っ端微塵になり、全人類が滅亡した後、彼女はこの船で、どう過ごしたのか。

 動画を撮影して、そのあとは……

 死ぬまで、星を眺めていたのか。

 決して手の届かぬ星を。

 コスマッチの歌を口ずさみながら。


 ミハイルは立ち上がった。

 拳を握りしめていた。

 為すべきことは定まっていた。

 

 「コスマッチ」号の操縦席に座るミハイルは、決意の表情でモニターを見つめている。

 もう、他の星の情報を持ち帰る意味は無い。

 だから、伝えに行こう。

 あまねく宇宙に。

 人類のことを。

 星に恋い焦がれ、やがて星の世界に飛び出し、そこを住処とし。

 もっと遠くの星へと羽ばたく力を手に入れたが、使い方を誤って滅びた。

 その悲しい歴史のすべてを。

 他の星の人々……異星人に、こんな歴史を歩んでほしくないから、伝えに行こう。

 ただひとりの生き残りとして、寿命が尽きるまで。

 ほんとうはソーニャの遺体も船に乗せるつもりだったが、一万年間の間にボロボロに損傷していて、動かしただけでも崩れ落ちてしまいそうなので、断念した。

 彼女の想いを連れて行く、それで良い。

 

「コスマッチ号……いいや、『ゼムラーニャ』号、相転移エンジン再始動、加速開始。

 第一目標、竜座シグマ星」


 コスマッチ号の名前は変えることにした。

 「ゼムラーニャ(地球人)」号。

 地球人の純粋な願いと、醜い愚行を、すべて背負っていくために、この名前しかないと思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます