第121話

 ――ユリカ、このまま黙って帰るつもり?でもなんて言えばいい?きっと、わたしは倉田くんを好きなんだ。・・・須永さんに対する憧れとはまた違うけれども、倉田くんと一緒にいることはとっても楽しい。今までこんなにわたしを笑わせてくれる人はいなかった。それでいて、実は優しい人だ。なぜそれに気づかなかったんだろう。彼はいつもわたしを助けてくれて、元気づけてくれた。大事な時、必ず倉田くんの言葉に励まされた。ああ、もっと早く気づいていればよかった。もっと前から彼に気持ちを伝えるような言葉を言って、行動を起こせばよかった。せっかくこんなに近くで一緒に歩いているのに、ものすごく遠く感じるのはなぜ?田中さんは「なんにもわかってないのね」って言っていた。でも、ひょっとして、それこそ倉田くんがわたしのことなんか、なんとも思っていなかったら?田中さんの冗談だったら?「また会える?」なんて言えない。断られた時、わたしはまた泣いてしまうかもしれない。もうあんな思いは嫌だ。ラインでやりとり?ううん、そんなところで気持ちを伝えることなんか決してできない。何より、記録に残ってしまう。そんなのは耐えられない。どうしよう・・・どうしたらいい・・・。


 パルテノン多摩の階段を一歩ずつ踏みしめながらユリカは必死に考えた。別れの時が近づいてくる。相変わらず倉田も無言だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!