第119話

 ユリカはニコニコして倉田の方を見た。すると、彼もこちらを見ながら笑っている。彼は完璧に「バッテリー」の歌詞を暗記し、あまつさえ、語尾を上げるジェームスヘットフィールド独特の歌唱法さえも表現していた。ユリカはふと、いつか川野が言っていた言葉を思い出した。


 ――好きな人ができるとさ、その人の好きなものまで好きになるんだよね。


 ユリカは、まさかね・・・と思いながら、カラオケに合わせてソロを弾き始める。しかしもし、そのつもりで倉田がメタリカを聴いてくれていたのなら、自分はとても幸せ者ではないか。今まで自分のことをそういう風に想ってくれた人はいなかった。

 曲は最後のツー・バスの連打の部分に突入し、ユリカと倉田はそろってヘッドバンギングを披露した。みんなはあまりの迫力に拳を突き上げたり、大笑いをしたり、真似をして頭を振ったりと、大いに盛り上がった。

 ダダッダッダッダダン!

 と曲が終わるやいなや歓声と拍手と口笛が一斉に部屋に鳴り響いた。

「スゴイや、ユリカちゃん!倉田くんもスゴイよ。2人ともいいコンビだね!あーあ、店長も来ればよかったのにねえ。」

 田中さんは心の底から嬉しそうである。

 倉田は調子に乗りすぎたのか、首を抑えて座り込んでしまった。それがまたみんなの笑いを誘った。

  ――倉田くん、ありがとう。今までで一番楽しく「バッテリー」が弾けたよ。

 ユリカも笑いながらそう感じていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!