第95話

 5時20分。開演10分前。緞帳の向こう側はユリカには見えないが、かなり多くの人間が集まっている雰囲気が感じられる。様子を見に行った手伝いの生徒は

「信じられないくらい人がいます!これ絶対1000人以上いますよ。ものすごい熱気です!」

 と息せき切って報告してきた。

 そうなれば、ほぼ目的は達成されたも同然だ。あとは、その客たちの期待に応えるライヴを披露するだけだ。

「じゃあ、そろそろSE流そう。」

 マヤの指示で照明が落とされると同時に「エクスタシー・オブ・ゴールド」のイントロが講堂に響いた。

 観客たちはどよめいた。そうして早くも曲に合わせて手を叩き始めた。

 去年、ユリカが初めてデスピノのライヴを見た時と同じように、観客たちは手を叩きながらオ~ア~アーア~と歌い始めた。

 そしてそのメロディーの流れる中、デスピノの4人はステージ中央で肩を組み、円陣を作っていた。

「みんな、いよいよだよ。アタシたちは、ついにやった。このカーテンの向こうにはたくさんの客がいて、アタシたちを待っている。負けらんないね。最高の演奏を見せよう。オーケー?」

 マヤがそう言うとソメノ、キイチ、ユリカはすかさず

「オーケー!」と返した。

「よし、じゃあ、気合入れよう。デスピノ最強!」

「最強!」

「デスピノ最強!」

「最強!」

「デスピノ最強!」

「最強!」

 3回繰り返して4人は円陣を解いた。そしてそれぞれの定位置に向かった。

 手拍子はやがてコールとなっていた。

「デスピノ!デスピノ!デスピノ!」

 ユリカはカーテンの向こう側から聞こえるそのコールを、目をつぶって受け止めている。今までのどのライヴよりも緊張していた。胸の鼓動は経験したことのない速さで脈をうち、過呼吸でどうにかなってしまうのではないか、という心配さえ生まれた。ユリカは気持ちを落ち着かせるためにボリュームを0にしたギターでひたすらソロを弾いた。それでようやく少し平静を取り戻した。

 SEがいよいよ終盤に近づき、客たちは声を限りに叫んでいる。

 そして曲がおわる寸前に、緞帳がゆっくりと上がり始めた。

 うわああっと一段と大きな歓声があがる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料