第5話 薬草の庭

 お祖父様じぃじからは魔女の香りがする。

 あれは草の香りだな。



「じぃじーだっこぉー」

 昼食を摂りに薬局から戻ってこられたお祖父様に私は飛びついた。薬草のいい匂いがする。


「おおおほ、うははは。ちょっと待って瑞くん。白衣脱ぐから待っててー」

 両手を差し上げ、背伸びして抱っこをせがむ私を待たせて、お祖父様はさっさと白衣を脱いでしまわれた。あの、白衣のパリッ効いた糊の匂いと薬草の香りがいいのに。


「あはは、瑞くん。じぃじ薬臭いだろ? 好きなの? 生薬しょうやくの匂い。そんな匂う?」

 じぃじの胸の辺りに顔を擦り付けて、わずかに残る薬草の香りを愉しむ。

「じぃじ、せんきゅう!」


「プハッ」

 ちょうどお昼に戻ってきて、OS-1というお水を口に含んでいた母上が、お水を吹き出した。

「瑞くん、サンキューって、プププ。しかもセンキューって、発音! 良い! ククク」

「ん? おかあさん、せんきゅうよ?」

「えええ???」



 お祖父様がゴホンと咳払いをされた。

「いや、これは驚いた。確かに川芎せんきゅうの香りだよ。さっきまで、平田さんに頼まれた四物湯しもつとうの調合で川芎を刻んでたから」

「おにわのせんきゅう、いいにおいだーねー」

「おおっ、そうそう、わかるのか? うちの薬草苑の川芎だがな、確かに」

「じぃじ、まえに、ほしてたでしょ、せんきゅうだよって、いってたでしょ」

「ああ……あの時覚えたのか。でも干す前とは匂いが違うだろ?」

「ほしたらいいにおいー。よくなった!」

「わかんのか!?」


 本当のところは匂いだけでなく、魔力の色を観ている。植物にはそれぞれ特徴的な魔力の色があるからな。特に薬効を持つものはそれが顕著だ。




「やだ、お父さん。せんきゅうって生薬の川芎のこと?」

「そうだなあ。裏の薬草苑で栽培して干し上がったのをな、今日から調薬に入れたんだ。いい出来で香りも高くてな」


「せろりのにおいの、もっと、いいにおい」

「おおっ、瑞樹! わかるか! 流石だー!」

「瑞くん、へえぇぇ、いい鼻ねぇー」

薬師くすしの子孫だしな。そりゃぁ伊達じゃぁない」



 わが秋山家は、先祖代々の薬種問屋、薬師くすしの家柄だ。お酒を召されたお祖父様がそんな風によく口にされている。


 家業の薬局でも、一般的な調剤は母上が担当なさっていて、お祖父様はもっぱら漢方を処方されているそうだ。


 お祖父様は、漢方薬の調合や処方をするために診察もなさるので、そのためにお医者の免許も持っておられる。

 お祖父様のお薬を求めて、ずいぶんと遠くからも、お客さんがやって来られるらしい。


 いわゆる名人というやつだ。

 素晴らしい! すごいな、お祖父様すごい。

 この世界の薬草は私の知らない物ばかりだ。

 本当に、興味は尽きぬ。



「じぃじ、はたけいきたい。ちょーやくみたい」

「えぇえ? 調薬?! 見たいの? 瑞くん」


「ちょっと、お父さん……」

「えっ? ああ、そうだな。いやはや。瑞くん、調薬は見せらんないなぁ。んーとな? ちゃーんと勉強して免許を貰った人じゃないと、触っちゃいけないんだ。薬は大事なもんだからな、ん? わかるか?」


 さもあらん…

「ん。おくすり、だいじ。わかるよ」

「わかるかー。そうか、わかるかー」

「じぃじ、はたけは? はたけはいい?」


「瑞樹、畠もダメよ。お薬の材料が植わってるんだからね。瑞樹、何でもお口に入れるでしょ」

「おかあさん……ぼく、そんなことしない」



「ははは、瑞樹。今はまだダメだな」

 あ、やはり、無理か。まあそうだろうな……

 お祖父様は、肩を落とした私の頭をぐりぐり撫でてくださる。


「来年三月のお誕生日が来たら瑞樹は四歳になるだろう? そしたら四月には幼稚園だ。瑞樹が幼稚園に入ったら、薬草苑に入ることを許そう」


「えええっ、お父さんってば!」

「いやいや、真弓さん、一人で入るのは許さんから、絶対、そこは守ります!

 瑞樹、いいかい? お母さんも心配してくださってるだろ? 薬草苑にはお薬が植わってるが、キチンと使わないとお薬も毒になるんだよ。だから、いいかい? じぃじと一緒の時にだけ、薬草苑に入る許可を出そう」


「ほんと?!」

 私は、そっと母上を見上げる。裁量権は母上にあるようだ。


「もう。ふうう……絶対よ。瑞樹、お父さん。二人ともいいですか。必ず、おじいちゃんと一緒でなければ、瑞樹は薬草苑に入ってはいけません。ちゃんとお約束できますか」

「ハイッ!」

「おうっ!」


 母上が丁寧に『ですます』でお話しされる時には絶対に逆らってはいけないと、兄上にぃにから教わった。今がそうだな。


「もし、お約束をやぶったら、二度と、畠に入ることは許しません。いいですか!」

「ハイッ!」

「いいでしょう。お父さんも、いいですか」

「もーちろんですよ! 真弓さん」




大先生おおせんせい、真弓先生、お昼できましたよー。今日は親子丼ですよー」

「やったー、ぼくおやこどん、だぁいすきー」

 私は、薬草の匂いも好きだが、おやこどんの匂いのよしこさんも大好きなのだ。


 お祖父様をはね退け、よしこさんにつきまとって、ぴょんぴょん飛び跳ねる私には、決して罪はないと思う。母上も、それからエプロンを外したお祖母様もとっくにテーブルについておられるのだもの。


「じぃじ、はやくおててあらってきてください」

 私は優しくお声をかけて差し上げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る